世界を広げる
旅をする

HowTravel は、日本最大級の海外旅行無料データガイド

どこの国に行きたい?

デトロイトではシャトーブリアンが比較的安価な料金で食べることができる

デトロイトの名物料理5選!お勧めグルメ旅

デトロイトはアメリカ中西部にあるミシガン州の都市で全米第9位の規模である。失業率、貧困率が高くて犯罪都市として有名。主な産業は自動車産業である。気候は亜寒帯湿潤気候だが夏は40度に達することもある。治安が悪いとされているが日本人が多い場所は比較的安全に生活、旅行することができる。レストランはカジノなどが隣接している超高級レストランが多い反面、気軽に行けるファストフード店も多数揃っているのでセレブに過ごしたい人も安価に済ませたい人も料理を楽しむことができる。

グリーンマッスルはニュージーランド特有のムール貝

オークランドの名物料理5選!お勧めグルメ旅

オークランドはニュージーランド北島北部に位置し、ニュージーランド最大の都市である。ポリネシア地域最大の都市でありながら豊かな自然環境を持っている。イギリスの影響が強いためイギリスの定番メニューであるフィッシュ&チップスはよく目にすることができる。その他ニュージーランドは日本同様四方を海で囲まれているためオークランドでは魚介料理が多い。あた世界一の輸出量を誇るラム肉や世界の半数以上がニュージーランドで飼育されているシカは豊富である。

サーモンはカナダで人気の食品

ケベックの名物料理5選!お勧めグルメ旅

ケベックはカナダも唯一フランス語を公用語としている地域で、日本列島の約4倍にもあたる面積をほこっている。ケベックの州都はケベックシティだが、中心はモントリオールである。白人が圧倒的に多く、特にフランス人が30%を占めるなど、フランスの影響が強い。そのためケベックにあるレストランの多くがフランス料理である。メープルシロップの生産が盛んで世界のメープルシロップ生産の75%はこの地域が占めている。その他酪農、果実、野菜、フォアグラの生産が盛んである。

パースで人気の牡蠣

パースの名物料理5選!お勧めグルメ旅

パースは美しい都市として有名で「世界一美しい都市」と言われている。一年を通して温暖で1月、2月の平均気温は30度を超える。オーストラリアの料理と言ったらオージービーフなどの肉料理が多いイメージがあるが、西海岸の都市パースは魚介類が豊富にとれるためシーフードがよく出される。シーフードチャウダーやスナッパーのグリルなどは日本ではあまり見ることのない料理のためパースに行った際には一度は食べておきたい料理である。また、肉料理ももちろん豊富でシーフードが苦手と言う人でも十分満足できるラインナップが揃っている。

ホットドックは、ブルックリンのソウルフード

ブルックリンの名物料理5選!お勧めグルメ旅

ブルックリンはニューヨーク市の5つのうちの1つの区でイースト川、ニューヨーク港、大西洋に囲まれている。ブルックリン区の人口はロサンゼルス市、シカゴ市に次いでアメリカで3番目に多い。元々はオランダ人入植者が小さな町を作り母国の地名を付けた。また世界中から移民が集まるため、様々な文化、料理が取り入れられる。更にその文化、料理などを独自にアレンジすることによってニューヨークチーズケーキなど新しいものが生まれる事も少なくない。

セビチェは中南米の料理で、ペルーやメキシコで有名な料理

サンノゼの名物料理5選!お勧めグルメ旅

サンノゼはカリフォルニアにあるシリコンバレーの中心都市である。世界中から技術者や学生が集まり、2009年には人口100万人を突破した。様々な国の料理が食べられる都市だが、サンノゼといったらやはりメキシコ料理である。アメリカ開拓初期に移民してきたラテン系のメキシコ出身者によって持ち込まれ、今では深く根付いている。小規模のメキシコ料理のレストランが多く家族経営をしているという店が少なくない。果物や野菜が豊富で乾燥フルーツ、果物缶詰加工工業も栄えている。

キューバを代表するメイン料理の一つプエルコアサードは豚の炭火焼のこと

マイアミの名物料理5選!お勧めグルメ旅

マイアミと言ったら温暖な気候でアメリカを代表する避寒地である。リゾートとして知られ多くの著名人が訪れる楽園と言っても過言ではない。マイアミにはセレブが行くような超高級店もあれば庶民向けのレストランも多数存在する。マイアミでは郷土料理と言うのは特になくキューバからの移民が多いため料理もキューバ料理が多数存在する。辛みはあまりなく、肉、魚、野菜、豆が豊富であるため日本人の味覚にも合う。同じアメリカの南部でもメキシコ色が強いカリフォルニアとは違った料理を楽しむことができる。

メキシコシティのファストフードであるケサディーヤ

メキシコシティで食べられるメキシコの名物料理5選!お勧めグルメ旅

トルティーヤはメキシコの主食である。トウモロコシをすり潰し、薄く伸ばし焼いたものをトルティーヤと呼ぶが、トウモロコシの代わりに小麦粉が使われることも少なくない。トルティーヤに他の食材を包み食べるという事が多く、屋台やレストランで簡単に食べる事ができる。日本でいうおにぎりみたいなものだが、メキシコシティでは日本のおにぎりより手軽に食べる事ができる。メキシコシティに言ったら毎日でも食べる食品であるがクセがなく飽きることはない。

ロクロクは日本で言うところのしゃぶしゃぶ

ペナン島の名物料理5選!お勧めグルメ旅

東洋の真珠とも言われることのあるペナン島は、2008年にジョージタウンの街並みが世界遺産に登録された。ペナン島は中国系である華人が多くを占めているがマレー系やインド系も多く加わって共存しているため料理も中華、マレー、インドの食文化が至る所で見ることができる。スパイシーな料理が多いが、もちろんそう言った料理が苦手だという人でも十分楽しめるほど食材は豊かである。そのため各地を旅行している食通でもペナン島が一番という人が多いほど高評価を得ている。

マラッカの屋台メシの定番、フライドオイスター

マラッカの名物料理5選!お勧めグルメ旅

マレーシアの古都マラッカは世界遺産に登録されている歴史の街である。インドネシアのスマトラ島から渡来したパメスワラ王子が初代国王で、1396年に建国された。その後マラッカは16世紀以降ポルトガル、オランダ、イギリス、日本と数多くの国から占領された過去を持っている。そのため様々な文化が入り乱れており、料理にも同じようなことが見受けられる。例えば麺料理の場合、他の地域と同じ料理だが麺の種類が違うということが多い。中華要素も多く取り入れられていて、日本人の味覚に、も合う料理が多数存在する。

オーストラリアでよく目にするアンガス牛料理

ケアンズの名物料理5選!お勧めグルメ旅

ケアンズはオーストラリア北東部に位置し、ヨーク岬の付け根付近の港町である。珊瑚で有名でグレートバリアリーフ、クイーンズランドの温潤熱帯地域と言った海陸両方で世界遺産を備えている。肉も魚も豊富にとることができ幅広い料理を取り扱っている。年中暖かく、アウトドアで開放的な食事をすると言ったスタイルがケアンズでは好まれている。レストランに至ってもカジュアル志向が強くドレスコードがあるところが珍しい。

ブリスベンのロブスターは日本の伊勢海老のよう

ブリスベンの名物料理5選!お勧めグルメ旅

ブリスベンはアジアの文化を多く取り入れている。そのため食事でもアジア気質の高いものも多数見受けられる。オーストラリア特有の料理も少なくなく、ブリズベンは食の宝庫と言える。肉料理、魚料理はもちろん、最近ではメイン料理に備えられる野菜のバリエーションと量が増えた。オーストラリアといえば豪快な料理のイメージがあるが、日本人でも納得できるような繊細さも持っている。特にスイーツは数多くの名物スイーツがあり、甘いもの好きにはたまらなと言える。

サーモングリルは、バンクーバーの代表的料理の一つ

バンクーバーで食べられるカナダの名物料理5選!お勧めグルメ旅

バンクーバーは北米随一の美食の都市と言われている。繊細でクオリティの高いレストランが数多く存在する。新鮮なシーフードはもちろん野菜、果物も新鮮で質の高いものが取り揃えられる。その中でも一番の食材と言ったらやはりサーモンである。サーモンの味がいいのは言うまでもないが、種類も豊富でバンクーバーの伝統食材としてまず挙げられる。また、サーモンでだけではなくワインやスイーツも充実している。

フランセジーニャは、ポルトの郷土料理

ポルトの名物料理5選!お勧めグルメ旅!

ポルトとは、リスボンに次いで、2番目に大きいポルトガルの都市である。ポルトガル北部に位置し、大西洋に面していることから、昔より港町として栄えてきた。また、歴史的建築物が多く残るため、1996年にはユネスコの世界遺産にも認定されている。そんなポルトの街は、ポルトガル料理はもちろん、ポルト特有の郷土料理も多く、それを目当てに訪れる観光客も少なくない。ポートワインのポートも、港町である「ポルト」から名付けられ、名産品としても有名である。そんなポルトでしか食べられない郷土料理を紹介する。

ポルトガルの名物スイーツと言えば、エッグタルト

リスボンで食べられるポルトガルの名物料理5選!お勧めグルメ旅

リスボンは、大西洋湾に面し、ポルトガルの首都で最大の都市である。その歴史も古く、西ヨーロッパを代表するロンドンやパリ、ローマよりも歴史が古く、世界的に見ても、長い歴史を持つ都市である。そんなリスボンの町並みは数百年前に建てられた石造りの建物が現存し、そこに現在も人が住み、生活をしている。リスボンの街を歩いていると、ロマネスク建築、ゴシック建築などさまざまな建築様式を見ることができる。また、食文化も長い歴史を今に受けついだものが多い。シーフードをはじめ、様々なスイーツなど、リスボンの伝統的な食を紹介する。

スモーブローとは、デンマークの伝統的なオープンサンドイッチ

コペンハーゲンで食べられるデンマークの名物料理5選!お勧めグルメ旅

コペンハーゲンは、デンマークの首都だ。海に面した立地で、昔より漁業の街として栄え、ニシン漁が今でも盛んに行われている。「商人の港」という意味も持ち、「北欧のパリ」と呼ばれるほど、美しい街である。更に、デンマークの人々は、様々な種類の新しいライフスタイルに対してとても寛容であり、男女同権の意識も高く、女性はコペンハーゲンでは差別に会うことがないと言われている。そんな先進的で、高い意識をもつコペンハーゲンの人々は、何を食べているのだろうか。日常食から、特別な日に食べるものまで、コペンハーゲンの食をのぞいてみよう。

スウェーデンの国民的春のスイーツ

ストックホルムで食べられるスウェーデンの名物料理5選!お勧めグルメ旅

日本でもおなじみの家具店「IKEA」はストックホルムを首都とする北欧の国、スウェーデンが発祥である。他にもムーミンやファストファッション「H&M」もスウェーデンが発祥だ。シンプルで洗練されたプロダクトが多く作られることから、デザインの王国とも言われるスウェーデン。その首都であるストックホルムには、伝統的な料理が多く、今でも人々の生活に根付いている。日本人を魅了するスウェーデンのデザインのアイデア・発想の元は、大昔から繋がる伝統料理にあるのかもしれない。そんなストックホルムで食べられる伝統料理を紹介する。

ロシア料理の代表的存在のビーフストロガノフ

サンクトペテルブルグの名物料理5選!お勧めグルメ旅

ロシアでモスクワに次いで大きな都市、バルト海東部のフィンランド湾最東端に面したサンクトペテルブルグは、港湾都市として、また、ロシア最大の文化都市としても有名で、ウクライナ出身の作家、ニコライ・ゴーゴリや『罪と罰』の作者フョードル・ドストエフスキーもこの街で活躍していた。また、マリインスキー劇場は、現在のロシアで最も評価の高いオペラハウスで、オペラ・バレエなどが盛んである。芸術の街、サンクトペテルブルグでは、高級店から、気軽に入れるカフェ、近隣国の料理までさまざまな料理を楽しめる。そんなサンクトペテルブルグでぜひ食べておきたい料理を紹介する。

ラオスの主食、カオニャオ

ビエンチャンで食べられるラオスの名物料理5選!お勧めグルメ旅

ラオスは、正式名称を「ラオス人民民主共和国」と言い、東西をベトナムとタイ、南をカンボジア、北を中国と接し、国土の約70%を高原や山岳地帯が占める、内陸の国だ。その首都がビエンチャンである。周辺の国ほど知名度はないが、その分、素朴で暖かい国民性に触れることができる国である。1893年にフランスの保護国となり仏領インドシナ連邦に組み込まれた。約80年後の1975年に、ラオス人民民主共和国としてフランスより独立し、今日に至る。フランス統治時代に、多くのフランス文化が今でも根付いている。そんなラオスの首都、ビエンチャンで食べられる料理を紹介する。

飲むサラダと言われるマテ茶

サンパウロで食べられるブラジルの名物料理5選!お勧めグルメ旅

サンパウロは、ブラジル最大の都市であり、その人口は首都であるリオデジャネイロを抜いて1,100万人と、ブラジルのみならず、南米でも最大の都市である。そんなサンパウロの発展の歴史は、1830年頃のコーヒーの栽培を発端とし、1960年にはリオデジャネイロの人口を抜いた。1908年には日本からの移民もサンパウロに定着し、日本人街を築いている。コーヒーの栽培で超巨大都市と変貌したサンパウロには、ブラジル料理をはじめとしたさまざまな伝統料理が今も人々の生活に密着し、根付いている。そんなサンパウロの料理を紹介する。

トルコの街並み

イスタンブールで食べられるトルコの名物料理5選!お勧めグルメ旅

トルコの歴史は古く、紀元前18世紀頃にトルコのアナトリア地方に興ったヒッタイト王国まで遡る。トルコの最大都市であるイスタンブールも紀元前660年にはビュザンティオンとして創建されていた。そんな古い歴史を持つトルコの料理はフランス料理、中国料理と並んで「世界三大料理」としても有名だ。西にヨーロッパ、東にアジアと、東西の文化が交わる国であるトルコのイスタンブールで、気軽に楽しめるファーストフードとして、地元にも愛されている定番料理までを紹介する。

クレームシュニッタはふわふわの食感

ザグレブで食べられるクロアチアの名物料理5選!お勧めグルメ旅

ザグレブはクロアチアの内陸部に位置する首都である。イタリア、ハンガリーなどの様々な国に囲まれ、歴史的にも様々な国の影響を受けてきたため、一言でクロアチア料理を説明することは難しい。クロアチア国内でもアドリア海に面している地域では魚介類を使ったイタリア料理に似たものが、またザグレブなどの内陸では肉料理が中心でハンガリーやオーストリアなどの食文化の影響がある。今回はその内陸部に位置するザグレブの名物料理を中心に紹介する。

エストニアの主食、レイブ

タリンの名物料理5選!お勧めグルメ旅

タリンはエストニアの首都であり、石畳の街は世界遺産に指定されている。またIT技術が特に発展しており、例えば、有名サービス「スカイプ」が開発されたのはタリンである。フィンランド、スウェーデン、ラトヴィア、ロシアに囲まれ、またドイツ、ロニアなどの国々に支配されてきたため、様々な国の文化を受けた国である。食文化もその影響が大きくあらわれており、バルト海に面していることから、ニシンやウナギなどの魚がよく獲れ、主要な食材の一つである。また煮込み料理が多く、牛乳やジャガイモはどの料理にも使われるのが特徴である。

蘇州の街並み

蘇州旅行のおすすめ観光スポット5選!

「東洋のベニス」とも称される水の都、蘇州。水との調和が印象的な景観を数多く持っている蘇州は、中国・長江南部に広がる大きな市街を持っている。蘇州は、中国国内でも特に長い歴史を誇る都市のひとつだ。紀元前514年に成立した蘇州は、古くからシルクなどの生産で栄えてきた街であり、現在では大都市上海との地理的な近さを生かした国内市場の中継点として発展を続けている。伝統的な繊維工業から近代的な機械工業まで、様々な産業が交錯している街だ。

桂林の街並み

桂林旅行のおすすめ観光スポット5選!

秦の始皇帝時代から重要な都市として発展し続けている桂林は、中国南部の重要な都市のひとつとなっており、国内外から様々な人が流入し続けている都市となっている。天候が安定する4月から10月ごろまでは、緑や水辺が爽やかな光景を作り出し、山々などが織りなす景色は忘れがたいものとなるだろう。自然が豊かな桂林は、中国国内でも有数の素晴らしい景観スポットが数多くあるため、自然の景色が好きな方はぜひとも訪れておきたい。

アメリカ国会議事堂

ワシントンD.C.旅行のおすすめ観光スポット5選!

初めてワシントンD.C.に訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック。 絶対行くべき定番のおすすめスポットを厳選した。ワシントンD.C.は、アメリカの首都であり、ホワイトハウス、国会議事堂、最高裁判所があることで有名な都市である。ワシントンD.C.には、動物のはく製や恐竜の化石が見られる世界最大級の博物館「国立自然史博物館」や、世界最大級の図書館「アメリカ議会図書館」、宇宙や航空に関することが学べる体感型博物館である「スミソニアン航空宇宙博物館」などがある。また、ワシントンD.C.にあるポドマック公園には、日本から寄贈された桜の木々が植えられており、毎年桜祭りが開催されいる。春にワシントンD.C.を訪れるなら、異国の地で桜を楽しむのもおすすめである。

ロッテルダムの街並み

ロッテルダム旅行のおすすめ観光スポット5選!

オランダ第二の都市であるロッテルダムは、古くから港湾都市として発展を続けてきた街である。諸外国から流入する人や物がロッテルダムを発展させており、オランダ国内ではアムステルダムと共に急速な経済発展を果たした都市でもある。経済発展著しいロッテルダム市内には、オランダ国内でも有数の高層ビルなどが数多く立ち並んでおり、人口以上に洗練された都市の雰囲気を持った街となっている。戦後には、世界一を争う貿易額も上げている。

フルヴィエールの丘 に建つ大聖堂

リヨン旅行のおすすめ観光スポット5選!

初めてリヨンに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック。 絶対行くべき定番のおすすめスポットを厳選した。リヨンはパリに次ぐ第2の都市であり、世界遺産に登録されている歴史的地区には、多くの観光名所が集結している。リヨンには、「リヨン美術館」をはじめ、有名な芸術作品を有する美術館やリヨンの歴史を物語っている博物館が点在する。その他、ルネサンス様式の歴史的建造物が多く見られる旧市街地、300年もの年月をかけて建てられた「リヨン サン ジャン大司教教会」、良質な食材の店が立ち並ぶ「リヨン中央市場」など、リヨンには魅力的な観光名所がたくさんある。

リスボンの街並み

【ポルトガル】リスボン旅行のおすすめ観光スポット5選!

ポルトガルの首都、リスボン。イベリア半島に位置するリボンは、ヨーロッパの中でもっとも西にある大都市として知られる。市街地はテージョ川に沿って拓け、古くから海上交易の拠点として栄えた欧州で最大規模の港のひとつ、リズボン港を有する。丘に囲まれた土地であることから「7つの丘」と呼ばれる。ローマ時代以前からの長い歴史を経て、ロマネスク様式、ゴシック様式、バロック様式などヨーロッパを代表する様々な建築物が残る。

モントリオールの街並み

モントリオール旅行のおすすめ観光スポット5選!

初めてモントリオールに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック。 絶対行くべき定番のおすすめスポットを厳選した。モントリオールは、カナダ第2の都市であり、別名「北米のパリ」とも呼ばれるほどフランス色が強い街である。モントリオールは、世界各国から有名アーティストが参加する世界最大のジャズフェスティバル「モントリオール国際ジャズフェスティバル」が毎年開催されたり、カナダで最古の国際映画祭と言われる「モントリオール世界映画祭」が開かれていることでも有名である。モントリオールでの観光は、歴史的美術館である「モントリオール美術館」、ネオゴシック様式で建てられた「モントリオール大聖堂」、モントリオール最大のショッピングモールなど見どころはたくさんある。また、ベーグルでも有名なモントリオールには、おいしいベーグルが食べられる店がたくさんあり、本場の味を堪能するのもおすすめだ。