サンフランシスコの名物料理5選!お勧めグルメ旅!

サンフランシスコの街

2017/10/10 更新

サンフランシスコはアメリカのカリフォルニア州北部の都市で世界的に有名な観光スポットである。メキシコの文化も強く残る上、フィッシャーマンズワーフがあったりチャイナタウンが存在したりと食の宝庫でもある。ウォルト・ディズニー家やディズニースタジオの博物館があったりと、ディズニー好きからも高い支持を得ている都市である。また、色々な人種が混ざり合っているため、観光客に対しても寛容である。サンフランシスコを略してフリスコというのが愛称。

ガーリッククラブ(Garlic Club)

  • ガーリッククラブはさんフランシスコで大人気
    ガーリッククラブは、サンフランシスコに行ったら是非食べておきたい料理だ。サンフランシスコはアメリカ的な肉料理やメキシコ料理もメジャーだがシーフードも豊富である。特にカニは人気のある料理である。ガーリッククラブは生きたカニをそのまま茹で、ニンニク、バター、こしょう、オリーブオイルを熱したソースをかけてオーブンにかける。サンフランシスコを代表する絶品料理として知られるている。

  • サンドイッチ(Sandwich)

  • サンドイッチはサンフランシスコのファストフードとして人気のある料理
    サンドイッチはサンフランシスコのファストフードとして人気のある料理である。お昼時は行列のできる店も少なくない。最近ではヘルシー志向が高まっており、野菜がたっぷり入ったサンドイッチが特に人気だ。パンを焼かないタイプのサンドイッチのことをコールドサンドイッチというが、コールドサンドイッチにアボガドやレタス、トマトなどの野菜を自分でチョイスすることができる店が多い。日本のサンドイッチと比べると高価だが、ボリュームが多いため割高感を感じないことが多い。

  • クラムチャウダー(Clam Chowder)

  • サンフランシスコには様々なクラムチャウダーがある
    サンフランシスコには様々なクラムチャウダーがあり、是非一度は食べておきたい。クラムチャウダーは、ハマグリが使われているスープで一般的にはお椀に入っている。パン屋などではパンの中をくりぬいてそこにクラムチャウダーを入れるという店もある。サンフランシスコではパン屋や軽食店でクラムチャウダーを購入することができるので、探せば色々なクラムチャウダーを発見することができる。

  • ブリトー(Burrito)

  • ブリトーとはトルティーヤで米や肉、豆、野菜などを巻いたもの
    ブリトーとはトルティーヤで米や肉、豆、野菜などを巻いたものを指し外でも気軽に食べることのできる料理で人気がある。ブリトーはメキシコ料理と言われているが、実はアメリカで生まれたとも考えられている。いずれにせよメキシコ料理が盛んなカリフォルニアではよく目にすることができる。更に、カリフォルニアの中でもサンフランシスコのブリトーは定評があり、全米一美味しいというのが定説である。メキシコのブリトーに比べ大きいのが特徴である。

  • ローストチキン(Roasted Chicken)

  • 鳥を丸ごと焼いたローストチキンはサンフランシスコで人気の高い料理の一つ
    鳥を丸ごと焼いたローストチキンはサンフランシスコで人気の高い料理の一つである。クリスマスの夕食の定番料理だ。鶏肉の内臓をとり、水気をとって胡椒で下ごしらえをする。ハーブを使うと一層風味を増す。レモンを添え冷蔵庫で寝かせて、オーブンで30分から1時間ほど焼く。見た目の豪快さから手の込んだ料理のように思われているが意外とシンプルで、インパクトほど値は張らずサンフランシスコのスーパーなどでも見かけることができる。

  • (Photo by Chronuskerinin FlickreviewR Ray Bouknight emdot TheCulinaryGeek)