上海旅行の観光情報ポータル

上海旅行の観光情報ポータル

HowTravelは中国上海の観光スポット情報を無料でお届け!上海の情報をまとめて解説!旅程の計画準備から当日のガイドまで、旅行のことならHowTravelにお任せ!

City Summary

中国古来の建造物と20世紀初頭の西洋建築、近未来的な超高層ビルと、全く違った魅力を持つ建物が共存する中国最大の都市、上海。 450年以上の歴史を誇る名園「豫園」などの観光名所を巡って中国の歴史を感じ、人気のレトロモダンなおしゃれスポット「新天地」や、ノスタルジックな街並みにアートショップが並ぶ「田子坊」ではオールド上海の情緒に浸る。 展望台の高さ世界一の「上海環球金融中心」や上海のシンボル「東方明珠電視塔」が立ち並び、リニアモーターカーが走る浦東開発地区から対岸の街並みを眺めてみると、まるで対岸は別の時代であるかのよう。 少し足を延ばして上海のヴェニスとも呼ばれる「朱家角」を訪れ、運河沿いに広がる昔ながらの街並みを散策するのもおすすめ。

特集

マイルを貯めて飛行機に乗る

【貯めなきゃ損】マイルを貯めてタダで旅行に行く方法を徹底解説

アメリカやヨーロッパへの一度の往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事では、マイルのお得な貯め方と使い方を徹底解説する。

Shanghai food

上海で食べられる中国の名物料理10選!お勧めグルメ旅

国際都市とも呼ばれている上海。世界中から人が集まる場所でもある上海は、上海グルメでもよく知られている場所である。上海グルメの特徴は、「甘辛で濃いめの味付け」だ。周辺地域をで作られる米を原料のとした酒、醤油、酢が使用されている。料理の種類としては上海蟹を始めとしたカニやエビ、川魚が人気である。上海料理は周辺の中華の影響だけでなく、西洋料理の影響も受けている独特な中華料理ともいえる。上海のグルメを堪能しよう。

海外での防犯対策グッズ

海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集

安全な日本とは違い、海外では盗難や強盗のリスクが付きまとう。事件に巻き込まれてしまっては、せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまう。用心しすぎるくらいが丁度良いだろう。そこで、日々数々の国を旅するHowTravel編集部が、究極の防犯グッズをご紹介する。

観光

97件

yuan

1

豫園

幾度もの荒廃を乗りこえてきた名園

豫園は、黄浦区安仁街に位置する江南様式庭園の名園。元や明、清の時代から民国初年まで長く上海の政治や文化の中心地であった、上海の一大観光地だ。これまでに幾度もの荒廃を乗りこえ、1982年に全国重点文物保護単位(国家級の文化遺産に対してつけられる名称)に指定された。面積は約2万平方メートルで、園内は、三穂堂、万花楼、点春堂、会景楼、玉華堂、内園の6つの景区に分かれている。なお、豫園の「豫」とは、安泰、平安等を意味している。 また、豫園周辺には一大ショッピングエリアである豫園商城が広がり、九曲橋近くには日本にも支店を持つ小籠包の老舗「南翔饅頭店」が営業中。上海の伝統的な建築群はもちろん、ショッピングやグルメも楽しめるスポットだ。

Zhujiajiao

2

朱家角

伝統と今が息づく水辺の町

朱家角は上海市中心部から48キロメートルのところにある水郷古鎮。水郷とは水辺の水路が発達した町の事で、古鎮とは「古くからの町」という意味である。 町の中心を流れる漕港河には36もの石橋が架けられ、中でも放生橋は上海地区最大の橋として知られている。町中には白壁に黒瓦が葺かれた江南地方伝統の家々が並び、上海中心部とは全く違った趣の風景が広がる。 伝統的な町並みが楽しめる一方で、お洒落なカフェやバー、雑貨屋等も増えている朱家角。ゲストハウスが並び、ストリートライブ等イベントも多数行われている為、国内外から訪れる若者に人気のスポットだ。 名物は、扣肉(笹で包んだ豚の角煮)、粽、白水魚の蒸し物、漬物、隣接する淀山湖でとれる上海蟹等。お酒が好きなら、朱家角ブランドのビールも試してみたい。

Shanghai Museum

3

上海博物館

長い歴史の中で生まれた芸術品の宝庫

中国4000年の歴史を文物により総合的に展示する博物館。総延べ床面積は39600平方メートルで、北京の故宮博物館、南京博物館とともに中国三大博物館のひとつと言われている。青銅器、陶磁器、書、絵画、彫刻、玉器、家具、貨幣、少数民族の工芸品等コレクションの数は膨大で、11もの展示室がある。なかでも青銅器コレクションは世界的に有名だ。 館内は広く、展示物のボリュームはかなりのもの。また、青灰色の煉瓦でできた床や清時代様式の透かし彫りが施された木製の窓、明時代様式のテーブルやいす等、所々に中国の古典的な建築様式を見る事ができるのもポイントだ。日本語パンフレット、音声ガイド(40元)ので活用するのもお勧め。 展示物を見るのに疲れたら、2階にあるティールームで中国茶や軽食を楽しみつつ休憩してみるのも良いだろう。

SWFC

4

上海環球金融中心

世界一の展望台を持つ上海のランドマーク

「上海環球金融中心」の日本での通称は「上海ヒルズ」。情報と金融の2つの側面での総合発信基地として、上海ひいては中国をリードするシンボル的存在である。観光客にとっての魅力は、なんといっても展望台としては世界第一位の高さを誇る上海市内全域を見渡せる壮大な展望だ。栓抜きの形をした地上101階建て、高さ492メートルを誇るこの超高層ビルの展望スペースは、まさに空中散歩をしているような気分を味わえる。

もっと見る

エンタメ

49件

shanghai zoo

1

上海動物園

上海の動物園

中国国内でも有数の規模を誇る動物園。 かつてはゴルフ場であったが、廃業後の1954年に公園化。 西郊公園と呼ばれていた。 1959年より動物を飼育し始め、1980年に現在の名称となる。

Shanghai Ocean Aquarium

2

上海海洋水族館

アジア最大級の水族館

2002年2月に東方明珠電視塔横にオープンした、アジア最大級ともいわれる水族館。 地上3階、地下2階建で、総面積は20,538平方メートル。 絶滅の危機に瀕している生物を含め、300種類以上、10,000匹以上の生物を飼育している。 観光客だけでなく上海っ子にも人気のスポットである。

Shanghai Wild Animal Park

3

上海野生動物園

動物と触れ合うことのできる動物園

上海市中心部より35キロメートルの位置、浦東空港近くにある動物園。 上海に2つある動物園のうちのひとつで、正式にオープンしたのは1995年。 園内には世界各地の代表的な動物、200種類余り1万頭が飼育されている。 敷地面積は153ヘクタール。

Shanghai Circus World

4

上海馬戯城

伝統の技と最新技術が一体となった雑技の劇場

2005年に新しくなったサーカス専用劇場。 ちなみに上海馬戯城の「馬戯」とは中国語でサーカスという意味。 照明や音響などに最新の舞台装置を取り入れており、光と音が作り出す幻想的な雰囲気の中で中国伝統の雑技を鑑賞することができる。

もっと見る

ショッピング

421件

Xintiandi

1

新天地

今なお進化する上海トレンド発信基地

新天地は、今なお進化する上海のトレンド発信基地だ。レンガ造りの建物が並んでいるのは租界時代そのままの風景だが、建物の中はリノベーションされており、中国とは思えない最先端のトレンドを取り入れたショップやバー、レストランが集まっている。 現在は北里と南里の2エリアで構成されているが、現在第3のエリアも開発中。今後新天地がどのように変化していくのかこれからも目が離せない。ただし、開発中という事もあってショップ移転が頻繁に行われており、訪れるたびに通りの店ががらりと一新していることも多い。旅行前には事前の下調べが重要だ。

tianzifang

2

田子坊 (泰康路)

アーティストの集う街「田子坊 (泰康路)」

オールド上海情緒溢れる街並みに魅かれたアーティスト達が集まり、一大芸術村となっている通称田子坊 (泰康路)は、新天地と並ぶ上海きっての高感度エリアだ。迷路のような曲がりくねった路地のそこかしこに、若手デザイナー達のアトリエ兼ショップ、レストラン、バーが見つかる。 古い時代の街並の路地裏散歩を楽しみながらアート観賞、ショッピング、グルメが楽しめるとあって、上海の若者たちや外国人観光客からの人気を集めている。

Sinan Gongguan

3

思南公館

美しい洋館が立ち並ぶ上海屈指のお洒落スポット

旧フランス租界で高級住宅街だったエリアを再開発した一画。 思南路、復興中路、重慶南路に囲まれた7.9万平方メートルのエリアを指す。 7.9万平方メートルのうち3万平方メートルが歴史的建造物で占められており、残り2.2万平方メートルは地下エリア、2.7万平方メートルは新しく建てられた建築物で占められている。 保存建築は49棟、そのうち上海市の優秀建築物に指定されているのは39棟。

Yuyuan Tourist Mart

4

豫園商城

上海名物の宝石箱、豫園商城

上海黄浦区にある豫園の西側に広がる商店街。 もともとは老城隍廟の門前町として発展した。 元、明、清時代から中華人民共和国が建国された頃までの700年余り、上海の政治、経済、文化の中心地であった。

もっと見る

グルメ

868件

Yong Yi Ting

1

雍頤庭

ラグジュアリーな江南料理をいただく

ヤン・イ・ティンは5つ星ホテル「マンダリンオリエンタル」内にある、江南料理専門レストランだ。店内には無数のライトが設置され、地下とは思えないほどに明るく開放的。 名のあるシェフが季節の最高級食材だけを使用し、常に新鮮な上海の地元の味、江南料理を味わえる。ランチタイムには点心も楽しめる。

Mercato

2

メルカート

カジュアルな本格イタリアン

Mercadoはショッピングモール「外灘三号(THREE ON THE BUND)」の6階に軒を連ねるイタリアンレストランだ。 ニューヨークの3つ星フレンチレストラン「Jean Georges」がプロデュースしたとあって話題を集めている。

The Cathay Room

3

華懋閣

エレガントな空間で食事と夜景を楽しむ

80年以上の歴史を持つ5つ星ホテル「フェアモント・ピース・ホテル」にあるこのレストランは、上海の社交場として長年愛され続けている。 料理はイタリアンとフレンチが混じったコンテンポラリー西洋料理で、特にシーフードに力を入れている。

JIN XUAN

4

金軒

ミシュラン2つ星に輝いた独創的な広東料理レストラン

5つ星ホテル「リッツ・カールトン」の53階に位置する金轩では、ラグジュアリーな空間でコンテンポラリー広東料理をいただける。 豪華な内装は香港の有名なデザイナーが手がけたという。 大きな窓と高い天井が開放感を与えてくれる。

もっと見る