イスタンブール旅行の観光情報ポータル

HowTravelはイスタンブールの観光情報を無料でお届け!旅程の計画準備から当日のガイドまで、旅行のことならHowTravelにお任せ!

特集

マイルを貯めて飛行機に乗る

【貯めなきゃ損】マイルを貯めてタダで旅行に行く方法を徹底解説

アメリカやヨーロッパへの一度の往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経…

海外での防犯対策グッズ

海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集

安全な日本とは違い、海外では盗難や強盗のリスクが付きまとう。事件に巻き込まれてしまっては、せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまう。用心しすぎるくらいが丁度良いだろう。そこで、日々数々の国…

海外旅行に必要なパスポートとお金

【本当に必要?】海外旅行保険選びのポイントをご紹介

「海外旅行保険はお金がかかるけど、とりあえず不安だから入っておこう」という人のために、保険会社が教えてくれない保険選びのポイントを徹底解説する。無駄を省いて旅先のホテルや食事をワンランクアッ…

観光

7件

アヤソフィアの外観

1

アヤソフィア(アヤソフィア博物館)

トルコの歴史を象徴するビザンツ建築の傑作

イスタンブールを代表する観光地であるアヤソフィア。現在は博物館として使用されているが、トルコの長い歴史の中、時の権力者達によって教会にモスクにとその姿を変えてきた。さまざまな文化や宗教を内包する荘厳な佇まいは見る者全てを圧倒するだろう。またビザンツ建築の最高傑作としても名高く、1985年には世界遺産に登録されている。日本語では「ハギア・ソフィア(大聖堂)」とも呼ばれている。所要時間は2時間程度。

スルタンアフメット・ジャーミィの外観

2

ブルーモスク (スルタンアフメット・ジャーミィ)

パステルブルーの美しいイス…

ブルーモスクはイスタンブールを代表する歴史あるモスク。正式名称は「スルタンアフメット・ジャーミィ」で、イスタンブールの歴史的建築物群のひとつとして世界遺産に登録されている。 モスクは淡いブル…

トプカプ宮殿

3

トプカプ宮殿

栄華を極めたオスマン朝の中…

トプカプ宮殿は、15世紀-19世紀まで400年に渡りオスマン帝国の最盛期を支えた宮殿。オスマン帝国の君主(スルタン)の生活の拠点であったが、現在は博物館として一般に公開されている。 敷地内の…

ドルマバフチェ宮殿の外観

4

ドルマバフチェ宮殿

水辺に佇む白亜の宮殿

ボスポラス海峡に面し、バロック様式とオスマン様式が融合された絢爛豪華な白亜の宮殿、ドルマバフチェ宮殿。「埋め立てられた庭」との意味を持ち、水辺に位置することから「水の宮殿」と呼ばれることもあ…

もっと見る

エンタメ

4件

かつてF1が行われてたイスタンブール パークのコース

1

イスタンブール パーク

F1グランプリで使用される最新鋭のサーキット

イスタンブール市街地から約50キロメートルの郊外に位置するイスタンブールパークは、F1トルコグランプリで使用されたサーキットだ。多くのF1サーキットを手がけることで知られるヘルマン・ティルケによる設計で、2005年に完成した最新鋭のサーキットとして注目を集めている。

クルーズで廻ることができるボスポラス海峡

2

ボスポラス海峡クルーズ

ヨーロッパとアジアの融合を…

ヨーロッパとアジアを隔てることで知られるボスポラス海峡。トルコの帝国時代の歴史が色濃く残り、東西文化が融合したイスタンブールの人気観光スポットを海上から望むことができるボスポラス海峡クルーズ…

ガラタサライのホームスタジアムであるトルコ テレコム アリーナ

3

トルコ テレコム アリーナ

サッカーチーム、ガラタサラ…

イスタンブール新市街に位置し、2011年に完成した多目的スタジアム、トルコテレコムアリーナ。約5万2千人を収容でき、トルコプロサッカーリーグのスュペルリグに所属するチーム、ガラタサライのホー…

イスタンブール水族館のエイが泳ぐ姿

4

イスタンブール水族館

世界最大級の水族館

アタチュルク国際空港近くのフロリヤエリアに位置する、イスタンブール水族館。入場エリアには、海をイメージしたとされる神秘的なトンネルがあり、訪れる人々を海洋世界へと誘う。世界最大規模の水族館で…

もっと見る