ニューヨークで食べられるアメリカの名物料理5選!お勧めグルメ旅!

ニューヨークの街並み

2017/10/10 更新

マンハッタンやブルックリンなどで知られるニューヨークには世界中から人が集まっている。そのため色々な文化が集まり、色々な食文化がしのぎを削る。超高級店から屋台までありとあらゆるグルメが存在している。そのためニューヨークに行く際にはある程度食の目星をつけて、これだけは外せないというメニューをあらかじめ決めておいたほうがいい。ニューヨークの郷土料理も各国の料理も美味しいものが揃っているので頭を悩ます観光客は少なくない。

ニューヨークチーズケーキ(New York Cheese Cake)

  • ニューヨークチーズケーキには、チーズ、サワークリームがたっぷり使われている
    ニューヨークに行ったら欠かせないスイーツがチーズケーキである。特にニューヨークチーズケーキはぜひとも本場で食べておきたいところ。ニューヨークチーズケーキとは、チーズケーキの種類のこと。ふわふわしていて柔らかい食感が特徴的なスフレチーズケーキ、火を通さないためクリーミーなチーズが特徴的なレアチーズケーキ、しっかり焼いていてチーズの濃厚さを感じられるベイクドチーズケーキ、ベイクドチーズケーキよりチーズ、サワークリームがたっぷり使われているニューヨークチーズケーキである。

  • ピザ(Pizza)

  • ニューヨークのピザは、イタリアのピザと比べ、生地がふっくらしていてサイズも大きい
    ピザはイタリア料理として知られているが、イタリアからの移民が多いニューヨークでもよく食べられている。ニューヨークでは一切れ単位からピザを売っているところが多いため、日本より気軽にピザを楽しむことができる。またピザの激戦区で、美味しくないとすぐ店がつぶれてしまうため、残っているピザ屋さんは美味しい店ばかりである。イタリアのピザと比べ、生地がふっくらしていることが多く更にサイズも大きいことが多い。トマトソース、モッツァレラチーズケーキなど、トッピング選びも楽しい。

  • フライドチキン(Fried Chicken)

  • 鶏肉に小麦粉をベースとした衣をまぶし、油で揚げるフライドチキン
    日本でもおなじみのフライドチキンはニューヨークでもとても人気がある。アメリカのフライドチキンは、元々はアメリカ南部の黒人奴隷が食べていた料理である。イギリスでは鶏肉を焼く、もしくは茹でるという食べ方が一般的だったが、アメリカでは揚げるのが一般的だった。その調理法が広がりニューヨークでも揚げて食べるのが親しまれている。鶏肉に小麦粉をベースとした衣をまぶし、油で揚げるといったシンプルな調理方法だが店によって味付けが若干異なる。

  • シーザーサラダ(Caesar Salad)

  • ニューヨークで前菜としてよく出されるシーザーサラダ
    シーザーサラダはイタリア系の移民であるシーザーという名前の料理人が初めて作ったことが起源とされている。1924年にできた料理で、そこまで古い料理ではないが全米中で食べられている。ニューヨークではクルトンと粉チーズがたっぷりトッピングされていて前菜としてよく出される。コース料理ではレタスにアボガドやトマト、豆類などの具材を乗せられているコブサラダもしくはシーザーサラダが出されることが多い。ジュリアス・シーザーが食べていたという説は全くのでたらめである。

  • ミートローフ(Meatloaf)

  • ミートローフはアメリカの家庭料理の一つ
    ミートローフはアメリカの家庭料理の一つで、ニューヨークでも親しまれている料理である。豚のひき肉に玉ねぎを炒め合わせ、卵やパン粉を加えてオーブンで焼く。味付けは塩胡椒、ナツメグなどといった香辛料だ。豚肉の代わりに牛肉やラム肉が使われることがある。店によって調理方法は異なり、表面にマッシュポテトを塗る店があったり、卵をミートローフの内部に入れるという店もある。ニューヨークでは欠かせない一品で観光客からも人気がある。

  • (Photo by KlowNaoki Nakashima « R☼Wεnα » Ed T Tamorlan)

    人気記事

    ニューヨークのホテル
    海外での防犯対策グッズ