トロント旅行の観光情報ポータル

トロント旅行の観光情報ポータル

HowTravelはトロントの観光情報を無料でお届け!旅程の計画準備から当日のガイドまで、旅行のことならHowTravelにお任せ!

特集

マイルを貯めて飛行機に乗る

【貯めなきゃ損】マイルを貯めてタダで旅行に行く方法を徹底解説

アメリカやヨーロッパへの一度の往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事では、マイルのお得な貯め方と使い方を徹底解説する。

海外での防犯対策グッズ

海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集

安全な日本とは違い、海外では盗難や強盗のリスクが付きまとう。事件に巻き込まれてしまっては、せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまう。用心しすぎるくらいが丁度良いだろう。そこで、日々数々の国を旅するHowTravel編集部が、究極の防犯グッズをご紹介する。

海外旅行に必要なパスポートとお金

【本当に必要?】海外旅行保険選びのポイントをご紹介

「海外旅行保険はお金がかかるけど、とりあえず不安だから入っておこう」という人のために、保険会社が教えてくれない保険選びのポイントを徹底解説する。無駄を省いて旅先のホテルや食事をワンランクアップさせよう。

観光

49件

CNタワー

1

CNタワー

街を一望できるトロントのランドマーク

CNタワーは、カナダのトロントに位置するタワーにして人気の観光スポット。555.33メートルの高さを誇り、開業してから2007年にドバイのブルジュ・ハリファに抜かれるまでの37年間は、自立式建築物として世界一高い塔であった。展望台は4つあり、最上階のスカイポッドからはトロント全体が一望できる。 カフェやレストランも充実しており、ギフトショップが集まったアーケードも営業しているのでお土産を買うにも困らない。

オンタリオ湖の小島

2

オンタリオ湖

季節によって違う景色を楽しめるオンタリオ湖

北米大陸に位置する五大湖の中でもっとも小さな面積の湖であるオンタリオ湖。北はカナダのオンタリオ州、南はアメリカ合衆国のニューヨーク州に接しており、二つの国の境にはナイアガラの滝がある。

ロイヤル オンタリオ博物館のクリスタルデザイン

3

ロイヤル オンタリオ博物館

カナダ随一の規模を持つロイヤルオンタリオ博物館

クイーンズ・パークに位置し、その独創的な建築デザインが目をひくロイヤルオンタリオ博物館。カナダ国内随一、北米で第五の規模を持つ世界的に有名な博物館だ。トロント大学にて生物学や地球科学を学んだという初代館長が建設に協力し、1914年に開館した。

オンタリオ美術館の入り口

4

オンタリオ美術館

豊富なジャンルのアート作品を鑑賞できる歴史ある美術館

1900年に創設された長い歴史を持つオンタリオ美術館。A.C.100年頃から現代までの幅広い芸術品の数々を収蔵しており、その数は約8万点にのぼる。

もっと見る

エンタメ

33件

カナディアンフットボールが行われているロジャース センター

1

ロジャース センター

世界初の可動式屋根付きスタジアム

1989年に完成した世界で初めての可動式屋根のついたスタジアム、ロジャースセンター(旧称スカイドーム)。唯一アメリカ国外に拠点を置くことで知られる、メジャーリーグベースボールチーム「トロント・ブルージェイズ」及び、カナディアンフットボールチーム「トロント・アルゴノーツ」本拠地でもある。

トロント動物園の入り口

2

トロント動物園

カナダ最大級の世界中の動物に会える、トロント動物園

287ヘクタールの広大な敷地面積を持つ、カナダ最大級の動物園、トロント動物園。ダウンタウンから約30分というアクセスの良さもあり、観光客だけでなく多くの市民が訪れる人気の動物園だ。

エア カナダ センターの外観

3

エア カナダ センター

カナダ国内最大級の屋内アリーナ

カナダ国内最大級の屋内競技場、エアカナダセンター。ダウンタウン中心部に位置し、ナショナルホッケーリーグに所属する「トロント メープルリーフス」及び、ナショナルバスケットボールリーグの「トロント ラプターズ」、ナショナルラクロスリーグの「トロント ロック」が本拠地として使用している。

no-image

4

Toronto Knife Throwing

もっと見る

ショッピング

98件

トロント イートン センターの吹き抜け

1

トロント イートン センター

カナダ有数の規模を誇るショッピングセンター

トロント市街地の中心部に位置する超大型複合施設、トロントイートンセンター。およそ300のテナントが入居しているショッピングセンター、3つオフィスビル、ホテル、百貨店「ザ ベイ」、「サックス フィフス アベニュー」、アメリカの高級百貨店「ノードストローム」が入る。

歴史あるセント ローレンス マーケットの外観

2

セント ローレンス マーケット

長い歴史を持つ生鮮食品マーケット

生鮮食料品を扱うマーケットとしては北米で有数の規模を持つセントローレンスマーケット。新鮮な野菜、肉、魚類、チーズやハム、オーガニック食材などをはじめ、豊富な種類の生活必需品取り扱うお店が約120軒入っている。

ケンジントン マーケットの果物屋

3

ケンジントン マーケット

世界が凝縮されたマーケット

移民が多いことで知られるトロント。188年代にユダヤ系移民によってはじまったと言われるコミュニティエリア一帯の通りに数多くのお店が並ぶことから、マーケットと呼ばれるようになった。その後、1900年代にかけ、アフリカ系、南米系、ヨーロッパ系の移民が増えたことにより、世界各国の多様な食材を扱うお店が増え、現在では異なる文化がぎゅっと凝縮されたエリアとなった。

4

カナディアン タイヤ

市民からの支持もあつい、ホームセンター

カナダ国内に展開するホームセンター、カナディアンタイヤ。家庭用品や自動車関連商品などを幅広く取り扱い、カナダ人の生活に欠かせないスーパーマーケットのひとつだ。

もっと見る

グルメ

1105件

1

パステル・クレープ&デザートハウス

スイーツ好きにはたまらない!絶品デザートで夢のような幸せなひと時を

カナダの最大都市であり観光客にもとても人気のあるトロントに店を構える「パステル・クレープ&デザートハウス」は、スイーツ好きには絶対に足を運んで欲しいお店だ。 色とりどりのフルーツとかわいいアイスクームに、特製ソースのかかった、美味しいワッフルとクレープは地元民からも観光客からも大人気。「お客さんを笑顔にしたい」をモットーに甘い物好きにはたまらない絶品スイーツを提供している。他にも、パフェやケーキなどがあり、その美味しさに、気づけば笑顔になっていることだろう。まさにスイーツの楽園なのだ。また、サボリクレープと言う、ツナやハムなどが入った、サンドイッチ感覚のクレープもあるので、お腹が空いている時は是非チャレンジしてみたい。 スイーツに目がない人は迷わず訪れよう。

no-image

2

San Gennaro Fine Foods

no-image

3

Taco Bell

no-image

4

Lao Lee Beef Seafood Restaurant

もっと見る