フェニックスの名物料理5選!お勧めグルメ旅

フェニックスの街並み

2017/10/10 更新

フェニックスはアリゾナ州の州都で砂漠気候である。年間を通して温暖で、夏に至っては40度を超える日が続く。過去には50度を記録したこともある灼熱の都市だ。フェニックスの料理はボリュームがたっぷりということで有名。アメリカ料理だけでなくメキシコ料理もよく食べられる。地中海料理、日本食レストラン等も少なくなく、色々な料理を堪能することができる。フェニックスは乾燥しているのでカフェなどでこまめにな水分補給するようにしよう。また、お酒はは21歳からとなっているので購入の際は注意が必要。

ハンバーガー(Hamberger)

  • 日本人でも馴染み深いアメリカ料理であるハンバーガー
    "日本人でも馴染み深いアメリカ料理であるハンバーガー。フェニックスでも人気の商品であるが、フェニックスではかなりボリュームのあるハンバーガーを食べることができるの。ハンバーガーを売っている店は多いのだが1店舗に置いてあるハンバーガーの種類はあまり多くない。そのためそのハンバーガーに特化することができるため安価でボリュームのある物が提供されることがおおい。バーガーとチーズが2枚ずつのハンバーガーもあり、生オニオンを選択して入れることができる店もある。
    "

  • フレンチフライ(French Fries)

  • フェニックスではフレンチフライがよく食べられる
    "フェニックスではフレンチフライがよく食べられる。日本ではフライドポテトと呼ぶことが多いがフェニックスではフレンチフライ、ポテト、チップスと言ったら伝わる事が多い。店によってはフレンチフライの種類を選ぶことができる。大きく分けてウェッジ、シューストリング、クリンクルの4種類が挙げられる。ウェッジはくし切りにされていて一番ジャガイモの素材を生かしている。シューストリングは細長いポテトでカリッとしている。ストレートはシューストリングより少し太く、外食の定番である。クリンクルは波型にカットされていてケチャップやソースが絡みやすい。どれも手軽に頼めるので食べ比べしても面白い。
    "

  • コールスロー(Coleslaw)

  • コールスローはキャベツを細かく切ったサラダ料理
    キャベツを細かく切ったサラダ料理である。メインはキャベツだがニンジンや赤キャベツ、パイナップルやリンゴが入れられているなど作り手によって入れるものが異なる。昔はサラダ油と酢がよく使われていたが今はマヨネーズが使われることが多い。キャベツの切り方も人それぞれで、みじん切りにする人もいれば千切りにする人もいる。バーベキューやフィッシュ&チップスと一緒に出されることが多いので、フェニックスに行ったら一度は食べるであろうサラダ料理である。コールスローがサンドイッチの具材になることもある。

  • カントリーキャプテン(Country Captain)

  • カントリーキャプテンは炊き上げた白米に鶏肉を添えてさらにカレーで味付けした料理
    カントリーキャプテンは炊き上げた白米に鶏肉を添えてさらにカレーで味付けした料理である。肉は鶏、野菜は玉ねぎ、トマト、ニンニク、ピーマンなどが入れられることが多く、その他アーモンドやゴールデンレーズンが入れられることもある。アメリカ軍のレーション(軍で配給される食糧)の品目に入れられている。南部の料理人は独自のカントリーキャプテンの味を持っていて、フェニックスも同様のことが言える。

  • グラノーラ(Granola)

  • グラノーラはフェニックスの朝食によく出てくる
    "フェニックスでよく見られる朝食である。グラノーラとはシリアルの一種で麦、玄米、トウモロコシなどの穀物加工品に砂糖、蜂蜜を加える。家庭によってはメープルシロップを使うこともある。ヨーグルトや牛乳をかけて食べることが多いがそのままおやつとして食べることも多い。栄養価が高いためフェニックスではそのままキャンプやハイキングに携帯食として持っていくことも多い。
    "

  • (Photo by Alan StarkNaoki Nakashima Martin Jordan AlMare Kinketu Miskatonic)