デトロイトの名物料理5選!お勧めグルメ旅

デトロイトの街並み

2017/10/10 更新

デトロイトはアメリカ中西部にあるミシガン州の都市で全米第9位の規模である。失業率、貧困率が高くて犯罪都市として有名。主な産業は自動車産業である。気候は亜寒帯湿潤気候だが夏は40度に達することもある。治安が悪いとされているが日本人が多い場所は比較的安全に生活、旅行することができる。レストランはカジノなどが隣接している超高級レストランが多い反面、気軽に行けるファストフード店も多数揃っているのでセレブに過ごしたい人も安価に済ませたい人も料理を楽しむことができる。

クロケット(Croquette)

  • クロケットは丸い揚げ物料理であり基本的に小さい
    "クロケットは丸い揚げ物料理であり基本的に小さいものである。クロケットとはフランス語ででパリパリ音を立てて食べる」ということを意味している。中の材料はあるものを使うことが多いがよく使われるのはマッシュポテト、ひき肉、野菜魚介類、パン屋などで、卵黄、玉ねぎなど多種である。味付けは香辛料、ハーブ、ワイン、牛乳、ベシャメルソースなどこちらも多岐にわたる。デトロイトではレストランで見ることもできるしファストフードとして売られていることもある。
    "

  • ぺミカン(Pemmican)

  • ペミカンは伝統的な保存食
    "ぺミカンは加熱させて溶解させた動物性脂肪を粉砕した干し肉やドライフルーツなどで混ぜ合わせ固めた保存食である。密封させているため保存食として適していて携帯されていた。カナダやアメリカ先住民の伝統的料理でデトロイトでも見ることができる。ぺミカンの肉はあらゆるものが、比較的脂肪分が少ないとされるアメリカバイソン、シカなどが使われていることが多い。またドライフルーツはクランベリー、チェリー、ブルーベリーなどが使われる。
    "

  • シャトーブリアン(Chateaubriand Steak)

  • デトロイトではシャトーブリアンが比較的安価な料金で食べることができる
    シャトーブリアンは牛のヒレ肉の中でも中央部の最も太い部分を指す。牛一頭からは1キロ-3キロ程度しか取れない希少部位だ。味がいいのは言うまでもないのだが、特徴的なのはその食感。脂肪が少なく肉質が最高品質で食感も定評がある。デトロイトではそのシャトーブリアンが比較的安価な料金で食べることができるので試してみたい。

  • キャセロール(Casserole)

  • デトロイトで人気の家庭料理の一つであるキャセロール
    キャセロールはフランス語で「鍋」を意味するが、料理としてあげるのであれば狩猟で取れた肉や野菜調味料を煮込んだ料理を指す。肉や野菜のほかにパスタ、米、チーズなどをスープと混ぜ合わせ、オーブンにかけて作る。デトロイトでは人気の家庭料理の一つである。ホワイトソースを使うグラタンにも類似していて何を入れるかは家もしくは店次第である。ツナ缶をふんだんにに使うのであればツナキャセロール、タコスの具であるスパイシーなひき肉をキャセロールにしたのであればタコキャセロールなどと呼ぶことがある。

  • ジンジャーブレッド(Gingerbread)

  • ジンジャーブレッドはアメリカでよく食べられるケーキ
    ジンジャーブレッドはアメリカでよく食べられるケーキである。特にクリスマスの時期には消費が多くなる。デトロイトでもよく目にするケーキで、スーパーやパン屋などで売っている。クッキーのタイプもあり、ジンジャークッキーもよく見かける。生姜はジンジャーパウダーが使われることが多いが、生姜の絞り汁を使用することもある。ジンジャーの辛味と甘味が絶妙に混じり合う人気あるケーキである。

  • (Photo by Bill VanderMolenstu_spivack bot motherAWESOME Clotee Allochuku terren in Virginia)