高雄の名物料理5選!お勧めグルメ旅!

高雄の空港

2017/10/10 更新

高雄は台湾の南部に位置し、台湾で2番目の都市である。年中温暖な気候で旅行者は多く親日派が多い。物価は日本の8割-9割程度なので様々な商品が安く感じられる。料理に至っては屋台が多く出ているため安価に数多くの種類の料理を楽しむことができる。至る所で日本語を使える人がいるので、レストランに行っても日本語が通じるということが少なくない。屋台でも簡単な日本語でオーダーできるところもあり、気楽に食事をすることができる。

ルーロウファン(Lurou Fan)

  • 白飯の上にそぼろ肉を乗せて甘辛タレで味付けした、ルーロウファン
    白飯の上にそぼろ肉を乗せて甘辛タレで味付けしたもの。高雄の家庭料理でよく見られる庶民的な料理である。高菜や卵が乗せられていることがある。ルーロウファン自体で食べることもあるが、麺類とセットでルーロウファンを頼むということも多い。セットの場合は、一人前ではなく半人前程度の小さい茶碗で出されるが、そちらの方が色々な料理を食べられるため旅行者に人気がある。至る所で頼むことができ、屋台でも売っているので、気軽に試してみよう。

  • パイク―ファン(排骨飯)

  • パイクーファンは、醤油などで下味をした豚の骨付あばら肉がご飯に乗っている料理
    パイクーファンは日本のラーメン屋などのセットメニューでもよく見かけられる料理で、醤油などで下味をした豚の骨付あばら肉がご飯に乗っている料理である。骨が除かれている店も多い。肉は薄く衣をつけて揚げられていて、ぱりっとした食感である。肉だけがご飯に乗せられていることもあるが、炒められた野菜が一緒に乗っていることも多い。弁当としても売られていて、高雄の駅弁の定番メニューとなっている。

  • ロウツォン(肉粽)

  • ロウツォンは日本のちまきに似た食べ物
    高雄に言ったら食べておきたい料理の一つがロウツォンである。日本のちまきに似た食べ物である。もち米の中に豚の角煮や人参、椎茸、などを混ぜ合わせ、葉っぱで包んで蒸した料理である。包む葉っぱはハスや竹の皮が使われることが多い。店によっては肉類ではなく海鮮類などを入れるところや両方入れてあるところもある。大体の店のロウツォンが小さいので、何個も食べられたり他の料理と組み合わせて食べることができる。高雄では屋台でも見かけることがあるので、試してみたい。

  • オーアージエン(蚵仔煎)

  • オーアージエンは高雄の屋台やレストランでよく見ることができる、カキのオムレツ
    オーアージエンは高雄の屋台やレストランでよく見ることができる、カキのオムレツである。オーアージエンは小さめのカキ、もしくは小さく刻んだカキにキャベツやニンジン、たまねぎなどの野菜を加えて卵で綴じる。最後にソースをかけるのだが、高雄では色々な味のソースがある。シンプルにケチャップをかけることもあるが、より辛味のあるソースがかけられることが多い。店によって具材や味付けが異なるため食べ比べしても面白い。

  • チョウドウフ(臭豆腐)

  • チョウドウフは豆腐を発酵させた料理
    チョウドウフは豆腐を発酵させた料理でかなり強烈な臭いを放つ料理である。高雄の屋台群には必ずと言っていいほど存在する。あまりにも強い臭いのためそばを通ると、チョウドウフが売っているのが分かるだろう。辛いスープで煮込んでいたり、串焼きにされていたり、蒸されていたりと調理法は店によって様々ある。高雄では大人気の料理で、是非食べておきたい料理である。最初は臭いに圧倒されがちだが、高雄を去る際にはチョウドウフの虜になっているという人も少なくない。

  • (Photo by 龍本Daiju Azuma Richard uemura Opponent Takoradee~commonswiki)