【アムステルダムのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル

ドゥルーロップ アムステルダムの概案

2017/11/27 更新

世界有数の観光地であるアムステルダムだが、一つエリアが変わると治安の悪い地区などもあるため注意が必要だ。また、観光エリアから離れたホテルを予約してしまうと、帰り時間を気にしてアムステルダムの夜を楽しむことができなくなってしまう場合もある。せっかくのアムステルダム旅行、ホテル選びに失敗して台無しなんてことはないようにしたい。この記事では、ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

適当に人気のホテルを予約するでは危険!

①後悔しないホテルの選び方

これまで70カ国以上を旅した経験を持つHowTravel編集部がお勧めする、ホテル選びにおける要チェックポイントは、「立地」「口コミ」「料金」の三つだ。

まず第一に検討すべきはホテルの立地だ。ホテル自体の評価が悪くない場合でも周辺の治安や観光地へのアクセスが良いとは限らない。特定の観光地の近くでも良いし、この記事で紹介しているような街歩きが楽しいエリアでも良いが、どのあたりに宿泊したいのかを決めよう。

次にチェックすべきなのは口コミと価格だ。観光の拠点に最適なエリアで、自分の予算に合った口コミ高評価ホテルを見つけられれば、最高のアムステルダム旅行は半分約束されたようなものだ。

この記事では、これらステップに従って、危険エリアと観光拠点に最適なエリアの紹介、そして口コミ高評価のお勧めホテルを料金別に紹介する。

なお、数あるホテル予約サイトの中でも、エリアにこだわるのであればBooking.comが圧倒的に探しやすい。地図上からホテルを探すことができるため、是非活用して欲しい。Booking.comは世界最大のホテル予約サイトでもあるので、取扱件数・口コミ・信頼性どれもこれ以上はない。

➡Booking.comの公式ページはこちら
※PCの場合はリンク先ページ中ほど左の地図をクリック。スマホであれば「検索」ボタンをタップしてから「地図」ボタンをタップ

②できれば避けたいアムステルダムの危険エリア

  • アムステルダム中央駅周辺

    全域でスリが多いアムステルダムだが、中でもターミナル駅であるアムステルダム中央駅周辺での被害が多く報告されている。特に、駅構内や駅を出てすぐの場所での被害が多い利用する場合は注意して欲しい。

    アムステルダム中央駅周辺の宿泊は大変便利で実際ホテルの数も多いが、宿泊する場合は身の回りに気を付けて、あまり夜遅くまで出歩かないようにしたい。

  • 飾り窓地区

    オランダでは売春とマリファナが合法であり、それを象徴するのがこの飾り窓地区だ。赤いライトで照らされた窓越しに下着姿の女性が誘っている様子には、日本人なら驚きが隠せない。世界的にも有名なこの飾り窓地区は、観光客含め人通りが多いため、意外と日中の治安は悪くない。

    ただし、夜以降はガラッと街の雰囲気が変わるため、出歩かないようにしたい。また、そもそもカップルや家族連れの場合はこの地区にホテルを予約すること自体避けた方が良い。

  • ➡地図を見ながらホテルを探す
    ※PCの場合はリンク先ページ中ほど左の地図をクリック。スマホであれば「検索」ボタンをタップしてから「地図」ボタンをタップ

    ③観光の拠点にするのに最適なエリア

  • ダム広場南側

    アムステルダムはいわゆる繁華街というのがはっきりと区別されていない。だが、あえて挙げるならばダム広場から南方向に続く市街地は飲食店やショッピングできる店が集まっており、夜遅くまでアムステルダムを楽しむことができるエリアだ。また、王宮やシンゲルの花市も徒歩圏内で、観光拠点にもお勧めだ。中央駅から徒歩10分程度でアクセスも便利。

    ➡ ダム広場周辺のホテル一覧はこちら

  • ダム広場南側のお勧め格安ホテル①: ホテル ノヴァ
    ノバ ホテルの外観

    アムステルダムのホテルは他のヨーロッパ都市に比べるとやや高めで、安めのホテルでも中心部であれば一泊2万円程度と考えておいた方が良い。特にアムステルダムの中心地であるダム広場周辺のホテル価格は高いなか、ノヴァは一泊2万円前後でありながらも口コミ絶賛のコスパ最高ホテルだ。




    ノヴァは清潔感があり、設備も整っておりホテルとして文句なしだが、最大のウリはなんといってもその立地だ。ダム広場から南に5分程度の場所に位置しており、道路2本を挟んでアムステルダムの目抜き通りであるカルフェル通りに出ることができる。食事にも買い物にも困らない。また、トラムの駅もすぐ近くなので、美術館などにアクセスする場合でも拠点として便利だ。


    ■価格帯: 2万円前後
    ■ホテルランク: 三つ星
    ■アクセス: トラムのダム広場駅から徒歩3分

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: Expediaで予約するBooking.comで予約する

    ダム広場南側のお勧め高級ホテル①: ドゥルーロップ・アムステルダム
    ドゥルーロップ アムステルダムの概案

    ドゥルーロップはアムステルダム有数の老舗五つ星ホテルで、立地、雰囲気、サービスのどれをとってもアムステルダム最高ホテルの一つに数えられる名ホテルだ。けっして安いホテルではないが、口コミには「コスパ抜群」や「絶対に再訪したい」というような絶賛の声が並ぶ。



    写真のように運河に面しており、一階のレストランからは優雅に運河を眺めながら食事やコーヒーを楽しむことができる。また、部屋タイプがリバービューとなっているものは窓から運河を眺めることができる。一生忘れられない想い出になること間違いなしだ。ただ、大変人気のホテルなので直前の予約はお勧めできない。早めに部屋をおさえておこう。


    ■価格帯: 5万円程度-
    ■ホテルランク: 五つ星
    ■アクセス: トラムのスパウ(Spui)駅から徒歩3分

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: JTBで予約するExpediaで予約するBooking.comで予約する

    ➡ その他のダム広場周辺のホテルはこちら




  • 国立博物館エリア

    アムステルダムは世界で最も美術館や博物館が集まっているともいわれる芸術の街だ。特に市街地の南西部には、アムステルダム国立博物館、ゴッホ美術館、市立近代美術館といった目玉観光地が終結している。ゴッホやレンブラントといったオランダを代表する作家の絵が多数集まっており、時間をかけて鑑賞したいところ。また、日によってチケット売り場に長蛇の列ができるということも多々ある。

    じっくり時間をかけてアムステルダムで芸術に浸りたいのであれば、このエリアのホテルに宿泊することをお勧めする。もちろん、トラムの駅も多数あるので、その他のエリアへのアクセスも良い。

    ➡ 国立博物館エリアのホテル一覧はこちら

  • 国立博物館エリアのお勧め格安ホテル①: ホテル アールデス
    ホテルアールデスの外観

    市内中心部からは若干離れているため、安いホテルが集まっているのがこの国立博物館エリア。ただ、あまりに格安のところは清潔感がなかったり、音が響いたりとそれ相応なホテルが多い。アールデスより安いホテルは他にもあるが、クオリティーとのバランスを考えると一番お勧めできるホテルだ。

    ホテルアールデスの部屋
    部屋はいたってシンプルで、日本のビジネスホテルを少し大きくしたくらいの大きさ。スーツケースを広げるスペースは十分にあるので、ホテルは寝るために利用するだけという人には十分すぎる。国立博物館とゴッホ美術館まで徒歩2分と立地は文句なしで、ホテル設備やサービスも軒並み高評価を得ている。トラム駅までも200メートルの距離だ。


    ■価格帯: 1万8000円程度-
    ■ホテルランク: 三つ星
    ■アクセス: トラムの国立博物館(Rijksmuseum)駅から徒歩2分

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: Expediaで予約するBooking.comで予約する

    国立博物館エリアのお勧め高級ホテル②: アムステルダム・マリオット・ホテル



    マリオットといえば言わずと知れた世界中のセレブから愛される高級ホテルだ。アムステルダムらしさという意味では先に紹介したドゥルーロップには劣るが、快適さに関してマリオットに軍配が挙がる。最高歩き回った後、快適な空間でへとへとになった身体をゆっくり休ませたいというような場合は最もお勧めしたいホテルだ。全体的なバランスではアムステルダムの五つ星の中で最高の一つ。


    アムステルダム マリオット ホテルの客室
    清潔なベッド、すぐお湯がでるシャワー、防音性に優れた客室の壁など、快適に過ごすために必要なものが揃っている。ホテル内にはステーキレストランの他、フィットネス センター、サウナもあり、アムステルダムに数日滞在するような場合でも楽しめる。そして何より、国立博物館やゴッホ美術館へのアクセスが最も良い五つ星ホテルというのがポイントが高い。


    ■価格帯: 3万5000円程度-
    ■ホテルランク: 五つ星
    ■アクセス: トラムのStadhouderskade駅から徒歩1分

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: JTBで予約するExpediaで予約するBooking.comで予約する

    ➡ その他の国立博物館エリアのホテルはこちら

    最後に

    この記事内で紹介しているホテルは、口コミ高評価の中から、立地、設備、サービス、価格などを複合的に分析したもので、当然ながら各地区で最も人気があるホテルが多い。数か月も先だとしても予約でいっぱいということもあるので、旅行を予定している日付で空室があればとりあえず予約しておくことをお勧めする。とりあえずキャンセル無料のプランで予約しておき、ゆっくりと他のホテルと比較しながら検討を進めよう。
    必見情報 -ホテル代16%割引-
    Booking.comカード」という超お得なクレジットカードがある。

    普段の買い物で1%、Booking.comのホテル宿泊で5%のポイントが貯まるのに加えて、カード入会先着5万人限定でGenius会員にアップグレードされ、宿泊施設が10%オフになるなどの特典を受けることができる。合計すると驚きの16%割引を受けることができる。既にホテルを予約済みの場合でも、一度キャンセルして予約し直すというのも十分アリな割引率だ。

    年会費無料であるだけでなく、12月末まで5000円のキャッシュバックキャンペーン中だ。

    ➡Booking.comカードの詳細はこちら



    ■関連記事
    【ロンドンのホテル】避けるべき危険地区の解説
    【ローマのホテル】避けるべき危険地区の解説
    【ミュンヘンのホテル】避けるべき危険地区の解説
    【パリのホテル】避けるべき危険地区の解説
    【マニラのホテル】避けるべき危険地区の解説
    【香港のホテル】避けるべき危険地区の解説
    【シドニーのホテル】避けるべき危険地区の解説
    【ウィーンのホテル】避けるべき危険地区の解説
    【シンガポールのホテル】避けるべき危険地区の解説
    【ソウルのホテル】避けるべき危険地区の解説
    【フランクフルトのホテル】避けるべき危険地区の解説
    【ハワイのホテル】避けるべき危険地区の解説
    【グアムのホテル】避けるべき危険地区はある?お勧めホテル紹介
    【台北のホテル】避けるべき危険地区の解説
    【釜山のホテル】避けるべき危険地区の解説
    【ベネチアのホテル】避けるべき危険地区の解説
    【マカオのホテル】避けるべき危険地区の解説
    【上海のホテル】避けるべき危険地区の解説
    【ベルリンのホテル】避けるべき危険地区の解説

    (Photo by 公式Facebook,公式Facebook,公式Facebook,公式Facebook)

    人気記事

    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク