バンコク旅行の観光情報ポータル

バンコク旅行の観光情報ポータル

HowTravelはタイバンコクの観光スポット情報を無料でお届け!バンコクの情報をまとめて解説!旅程の計画準備から当日のガイドまで、旅行のことならHowTravelにお任せ!

City Summary

華麗な「王宮」やバンコク三大寺院など、独特の魅力を放つ歴史的建造物が多く残る、仏教国タイの首都バンコク。 白亜の外壁に繊細な彫刻が印象的な「アナンタサマーコム宮殿」や、願いが叶うというヒンドゥー教の霊廟「エラワン廟」、仏教芸術コレクターの家が博物館として公開されている「ジム・トンプソンの家」などの観光スポットも見逃せない。 「バックパッカーの聖地」と呼ばれる「カオサン通り」や「タリンチャン水上マーケット」で、アジアの活気を楽しみつつ屋台料理を満喫してみるのもバンコク旅行の醍醐味。 夕暮れ時から夜にかけてのライトアップされた「ワット・プラケオ」や「ワット・アルン」は、青空に映える昼間とは全く違った幻想的な美しさで見る者を魅了する。

特集

マイルを貯めて飛行機に乗る

【貯めなきゃ損】マイルを貯めてタダで旅行に行く方法を徹底解説

アメリカやヨーロッパへの一度の往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事では、マイルのお得な貯め方と使い方を徹底解説する。

海外での防犯対策グッズ

海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集

安全な日本とは違い、海外では盗難や強盗のリスクが付きまとう。事件に巻き込まれてしまっては、せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまう。用心しすぎるくらいが丁度良いだろう。そこで、日々数々の国を旅するHowTravel編集部が、究極の防犯グッズをご紹介する。

海外旅行に必要なパスポートとお金

【本当に必要?】海外旅行保険選びのポイントをご紹介

「海外旅行保険はお金がかかるけど、とりあえず不安だから入っておこう」という人のために、保険会社が教えてくれない保険選びのポイントを徹底解説する。無駄を省いて旅先のホテルや食事をワンランクアップさせよう。

観光

90件

Royal grand palace

1

王宮

王室の「住居」でありシンボル

タイ王国の首都であるバンコクには、多くの王宮が存在している。 これらはいずれもプラナコーン区に位置しており、タイ国内でも最も格式の高いエリアだとされている。

Erawan Shrine

2

エラワン廟

バンコク市街にあるパワースポット

エラワン廟(プラ・プロム、エーラーワンの祠)は、バンコク市街中心部にあるヒンドゥー教の霊廟だ。グランドハイアット・エラワン・ホテルのすぐ前という絶好の立地にあり、ヒンドゥー教の神ブラフマーを祀っている。「願いが叶う神」として口コミで人気が広がり、今やバンコク屈指のパワースポットになっている。願いの成就を求めてやってくる参拝客と、願いが成就した参拝客による歌やダンスを奉納するお礼参りとで、一年中賑わいを見せている。また、11月9日のエラワンホテルの竣工日には盛大な祭りが開催される。

Khao San Road

3

カオサン通り

バックパッカーの聖地

カオサン通りはバンコクのプラナコーン区にある道路の名前だ。「カオサンロード」と呼ばれることもあり、バックパッカーの聖地として世界中に知られている。 多くのバックパッカーがここに集うため、民族も国籍も違う多くの人たちと仲良くなったり情報交換をしたりする事ができる。バックパッカー以外の観光客にとっても、そういった世界中の自由人たちの空気を感じ取れる楽しいスポットとなっている。

Jim Thompson House

4

ジム・トンプソンの家

アメリカ人コレクターの私物博物館

ジム・トンプソンの家は、バンコクでもトップクラスの人気を誇る観光スポットだ。 ジム・トンプソンというのは「シルク王」の異名をもっていたアメリカ人実業家で、東南アジアの芸術品のコレクターでもあった。

もっと見る

エンタメ

37件

amphawa

1

アムパワー

水上マーケットとホタルの街

アムパワーは、バンコクの西70kmほどの位置にある地域だ。 このエリアは、バンコクほど都会ではなく、しかしマーケットが充実した街だということで、より地元の人々の日常生活に密着することのできるエリアだとして観光人気も高い。

Snake Farm

2

スネーク・ファーム

世界で2番目に大きなスネーク・ファーム

スネーク・ファームはタイ赤十字社の協力によって創設されたヘビ専門の飼育所・研究所だ。 オープンはなんと1923年。 80年以上昔からバンコクではヘビの研究が続けられてきたわけだ。

3

タイ文化センター

3つの劇場を有する複合文化施設

タイ文化センターは、1987年に開館した国立の複合文化施設だ。 2つの屋内劇場と1つの野外劇場を有しており、コンサートや会議などにもしばしば利用されている。 日本語ではほかに「タイランド・カルチャー・センター」の名でも呼ばれるほか、英語では「TCC」とも省略される。

Siam Niramit

4

サイアム・ニラミット

タイ文化をぎゅっと凝縮したテーマパーク

サイアム・ニラミットは、タイの文化と歴史に焦点を合わせたテーマパークだ。 伝統的なタイの4つのエリアの景観や生活を再現しているほか、手芸や伝統芸能などを堪能することができる。 また、タイのシンボルである象に乗る体験や、タイ式マッサージを受けられるマッサージ場も完備している。

もっと見る

ショッピング

303件

Siam Paragon

1

サイアム・パラゴン

高級デパートは「バンコクのプライド」

サイアム・パラゴンは、サイアム駅のすぐ正面にある大型デパートだ。 2005年末にオープンしたこちらは、当初から「バンコクのプライドをかけて造られた」と言われており、その規模はタイ国内でも最大級を誇る。

Pratunam Market

2

プラトゥーナム市場

2大衣類市場のひとつ

プラトゥーナム市場は、バンコクの中心街にある市場だ。 現地では2大衣類市場のひとつとして知られており、洋服や衣類関連の店舗が多く軒を連ねているほか、雑貨点なども充実している。

3

タリンチャン水上マーケット

土日限定 飲食を楽しむ水上マーケット

海外旅行の醍醐味のひとつには、市場を歩き回ることも挙げられるだろう。 中でもバンコクの場合には、観光地の人気ランキングでも上位に食い込んでくるスポットがある。 それが水上マーケットだ。

MBK Center

4

マーブンクロン・センター

1985年開業の巨大ショッピングモール

マーブンクロン・センター(MBKセンター)は、パトゥムワン地区にあるショッピングモールだ。 地上8階からなるその売り場面積は合計89,000平方メートルにものぼり、1985年の開業当時はアジア最大規模を誇っていた。

もっと見る

グルメ

650件

Ts Cafe by Maison de Baguette

1

ティーズカフェ バイ マイソン デ バゲッテ

隠れ家的イタリアンレストランは、家庭的な温かみ

市街地中心部から少し離れ、バンコクのMRTと幹線道路が走る大きな通りから小路に入り、人通りが少なくなったところに「T's Cafe by Maison de Baguette」はある。 小ぢんまりとした隠れ家的な店ではあるが、高級ホテルの近くに店を構えていることから小奇麗で洒落た印象のあるレストランである。

na aroon

2

ナ・アルン

雰囲気のあるヴィレでタイ料理を楽しむ

ナ・アルン(Na aroon)は、1940年代風に建てられた趣のあるヴィラの中でタイ料理を楽しむことが出来る。ヴィラは中まで作りこまれており、木製の床やアンティークな装飾に囲まれて過去に戻ったような感覚を味わうことが出来る。

The Living Room

3

ザ・リビングルーム

至高の生演奏を聴きながら、優雅なディナーを楽しむ

バンコク市内中心部、昼夜問わず賑わいを見せているこの地区に、ザ・リビングルームは店を構えている。 シェラトン・グランデ・ホテル内部に入っているこの店では、毎日夜に専属バンドの生演奏を聴きながらディナーを楽しむことができる。

Sensi Restaurant

4

センシ・レストラン

南欧と東南アジアのハイブリッドな雰囲気漂う店内でいただく、洗練されたイタリアン

駅前のどこか雑多な雰囲気を抜け、モダンな高級住宅が立ち並ぶ富裕層のエリアに、Sensi Restaurantは店を構えている。 駅からは若干離れており、料理の価格帯もタイ国内ではかなり高い部類に入る店ではあるが、その評判の高さから国内外を問わず食通が押しかけている店として有名だ。

もっと見る