スポンサーリンク

Country

中国

Population

7,234,800

Language

中国語(広東語)、英語

Exchange

HKD 1 = JPY 14.7
JPY 100 = HKD 6.8
※ 2016/12/3 2:05 更新

香港観光スポット・旅行の無料データガイドブック

香港の観光スポットガイド

HowTravelは中国香港の観光スポット情報を無料でお届け!香港の情報をまとめて解説!旅程の計画準備から当日のガイドまで、旅行のことならHowTravelにお任せ!

City Summary

世界三大夜景に選ばれた100万ドルの夜景を誇る中国の特別行政区、香港。 願いが叶うと言われる道教寺院「黄大仙」や香港最古の道教寺院「文武廟」などの観光名所で歴史を感じ、カラフルな看板やネオンが輝く「ネイザンロード」や、多くの露店がひしめく香港の下町「女人街」で活気あふれる香港らしい光景を楽しみつつ、マーケットやローカルレストランで香港グルメを満喫したい。 絶景スポット「ビクトリア・ピーク」からきらめく夜景を一望すれば、きっと香港旅行のハイライトになるはず。ビクトリアハーバーの両岸から鑑賞できる幻想的な光と音楽のショー「シンフォニーオブライツ」も見逃せない。 ここにしかないアトラクションが楽しめる「香港ディズニーランド」も要チェック♪

特集

エンタメ

97

香港の基本情報


  • 晴れ、曇りなどの天気アイコン

    "気候

    1年を通して温暖な香港。1月の平均気温も、東京が5度前後に対して香港は16度前後と、おおよそ日本の秋口くらいの涼しさで快適に過ごせる。

    夏場は台風の影響で激しい雨に見舞われることがあるので注意が必要。また、常夏というわけではないので、季節に応じて服装を変えよう。

    >>詳細を知る

  • 時計アイコン

    "時差・サマータイム

    香港と日本の時差は-1時間。つまり、日本が12:00(正午)の時は香港では11:00となる。サマータイムは導入していない。


    >>詳細を知る

  • 飛行機のアイコン

    "フライト時間

    直行便で5時間20分ほど

  • 通貨のアイコン

    "通貨

    香港の通貨は香港ドル(HK$)で、補助単位はセント(¢)。HK$1=¢100である。

    紙幣は「HK$1000」、「HK$500」、「HK$100」、「HK$50」、「HK$20」、「HK$10」の6種類。コインは「HK$10」、「HK$5」、「HK$2」、「$1HK」、「¢50」、「¢20」、「¢10」の7種類。


    >>詳細を知る

  • 税金(TAX)のアイコン

    "税金

    消費税の制度をとっていない

    >>詳細を知る

  • コインのアイコン

    "チップ

    ・料理を運んでくれたウエイターや荷物を運んでくれたホテルのベルボーイ、ベッドメイキング等のサービスにはそれぞれHK$10
    ・トイレの清掃員(手を洗った後にペーパータオルを渡してくれる事がある)にはHK$3-HK$5
    ・その他のサービスに関しては代金の10パーセント


    >>詳細を知る

  • 手錠のアイコン

    "治安

    香港全土で治安が良い。日本と同じように過ごせる。人混みではスリがいるので注意したい。

    警察、消防、救急車両は999

    >>詳細を知る

  • ルール、規則のアイコン

    "規則

    ・ゴミのポイ捨ては罰金刑
    ・喫煙所以外での喫煙は罰金刑
    ・公共の場所で淡、つばを吐くのは罰金刑
    ・地下鉄への駆け込み乗車は罰金刑
    ・ビーチの砂の持ち出しは犯罪

  • 祝祭日のアイコン

    "祝祭日(2017)

    1/1-1/2 , 1/28-1/31
    4/4 , 4/14-4/17
    5/1 , 5/3 , 5/30
    7/1
    10/1-10/2 , 10/5 , 10/28
    12/25 , 12/26

  • オープン

    "営業時間

    ・銀行
    月曜-金曜は9:00-16:30
    土曜は9:00-12:30
    日曜、祝日は休業

    ・ショップ
    10:00-22:00

    ・レストラン
    11:00-23:00

  • ビザ・パスポートのアイコン

    "パスポート

    1ヶ月以内の滞在であれば、入国時に1ヶ月+滞在日数以上の有効期間があれば問題ない。1ヶ月以上の滞在のときは、3ヶ月以上の有効期間が必要。

    観光で香港を訪れる日本人は滞在期間が90日以内であればビザは不要。


    >>詳細を知る

  • 電話のアイコン

    "電話

    ・香港に日本から電話する場合
    国際電話の香港の国番号は852。001(国際電話識別番号) + 852 + XX + XXX + XXXX (市外局番の最初の0を除く)

    ・日本に香港から電話する場合
    日本の国番号は81。001(国際電話識別番号) + 81 + XX + XXX + XXXX (市外局番の最初の0を除く)
    ※東京の場合(0081-3-XXXX-XXXX)


    >>詳細を知る

  • 電圧のアイコン

    "電圧・プラグ

    香港の電圧は220Vで周波数は50Hzとなっており、日本の100Vの電化製品を使うためには変圧器が必要。

    電源プラグは3つに分かれたBFタイプが主流。


    >>詳細を知る

  • 水道水のアイコン

    "飲料水

    衛生上、飲まないほうが良い。市販のミネラルウォーターを購入すること。

  • 様々な交通機関のアイコン

    "交通機関

    メトロとトラムが観光の足として便利。またタクシーも流れており、治安面も問題ないので利用するとよい。

    >>詳細を知る

  • 見逃せない!香港の代表的な観光スポット!

    1. 香港ディズニーランド

  • 香港ディズニーランドでパレードするミッキーマウス
    香港ディズニーランドは東京に次いでアジア2番目にできたディズニーランドだ。東京ディズニーランドにはないアトラクションやショーがあるので、ディズニー好きにはたまらない。東京ディズニーランドよりも敷地は狭いので、手軽に遊ぶことができるだろう。セントラル駅からMRTで簡単にアクセスできるので興味があれば行ってみよう。

    香港ディズニーランドだけの為に作られたテーマランド「ミスティック・ポイント」は必見。また、アメリカ西部を模した「グリズリー・ガルチ」など、ユニークなアトラクションが目白押しだ。

    キャラクターと会える機会が多いのも香港ディズニーランドの特徴だ。特に、2016年に公開された映画「ズートピア」の主人公ニックと会えるのはアジアでは香港だけだ。

    >>詳細を知る

  • 2. ビクトリア・ピーク

  • ヴィクトリアパークから見える夜景
    ビクトリア・ピークは、香港で一番高い山の山頂にある、香港随一の絶景ポイントだ。特に注目は夜景。香港の高層ビル群のまばゆい光で溢れる夜景は、「100万ドルの夜景」と言われることがあるほど圧倒的で美しい。もちろん、日中に行っても香港を一望する素晴らしい景観を楽しむことができるだろう。

    ビクトリア・ピークにはピークトラムというトロッコのような乗り物に乗っていくことができる。標高が上がるにつれ段々と視界が開けていく様子はアトラクションのようで楽しいのでお勧めだ。

    >>詳細を知る

  • 3. 女人街

  • 人であふれる女人街の様子
    1キロメートルほどの長さの通りを、100軒以上の露店が軒を連ねている。常に人でにぎわう活気あるマーケットで、数ある露店街の中でも随一だ。

    女人街では、女性向けのファッションアイテムやアクセサリー等の販売が有名だが、近年はそれにとどまらず、お土産に適した雑貨や電化製品やおもちゃなどが売られている。誰が訪れても楽しめるマーケットだ。

    マーケット内で何かを購入する際は、値切りに挑戦してみよう。デパートなどでは失われてしまった文化ではあるが、女人街ではまだまだ健在。店主との駆け引きを楽しんでみては?

    また、女人街では絶品B級グルメが楽しめる。おいしい匂いを嗅ぎつけたら勇気をもって味見をしてみるとよいだろう。

    >>詳細を知る

  • 4. シンフォニーオブライツ

  • シンフォニーオブライツは光と音のショー
    毎晩20:00から行われる光と音のショー。香港の40以上の高層ビルから光が発せられ、香港の夜景が一層きらびやかになる。ショーは13分ほどだが、迫力があり見応え十分だ。2003年から行われており、世界で最も長い期間続けいている光のショーとしてギネスブックに登録されている。

    九龍(カオルーン)島側から鑑賞すると、ビル群全体を見ることができるのでお勧め。また、赤い帆が特徴的なクルーズ船「アクア・ルナ」に乗船して鑑賞することもできる。こちらは予約必須なので注意しよう。

    >>詳細を知る

  • 5. ネイザンロード

  • 観光客が必ず訪れるネイザンロードの夜の様子
    ネイザンロードは九龍島一番の繁華街尖沙咀(チムサーチョイ)から太子(プリンスエドワード)まで南北に走る通りで、香港のメインストリートといってよい。ネイザンロード沿いには、女人街や玉器市場、男人街などの見所が点在している。

    ネイザンロードを歩いていくと、道沿いには高級ショップや露店、レストランなど、様々な表情を見せてくれる。夜になってもネオンで明るく、賑わいのあるストリートだ。様々な看板が突出している雑多な雰囲気で溢れており、日本人のイメージする香港を体感できるスポットといえる。

    >>詳細を知る

  • 6. 黄大仙

  • 黄大仙を階段下から見上げた様子
    香港でも最も古い道教寺院の一つで、風水的に最もエネルギーが溜まる場所に建てられていることもあり、パワースポットとして地元の方や観光客に人気のスポットだ。

    境内の奥には占いブースがあり、一回HK$30-50ほどで占いを受けることができる。この占いがよく当たると評判で人の足が絶えることがない。日本語で話せる占い師もいて、「日本語でどうぞ」の掛け軸がかかっているので、興味があれば訪れてみてはいかがだろう。

    >>詳細を知る

  • 7. 星光大道

  • アヴェニューオブスターにあるスターの手形プレート
    香港映画のスターたちの手形や、銅像を見ることができる通りだ。アメリカのハリウッドにも同様に手形を敷き詰めた通りがあるが、それを真似て2004年に作られた。

    ジャッキーチェンやジェットリーなど、100名を超える香港映画のスーパースター達の手形やサインプレーとに触れることができる。また、ブルースリーの銅像は絶好の記念撮影スポットとして人気が高い、

    夜は淡い光で浮かび上がる美しい遊歩道になる。音と光のショーである「シンフォニーオブライツ」の鑑賞ポイントとしても有名だ。

    >>詳細を知る

  • 8. レパルスベイ

  • ヨーロッパのような雰囲気が味わえるレパルスベイの様子
    香港で最も美しいと言われているビーチ。ヨーロッパから輸入した白い砂浜に加え、海岸線には西洋風の高級住宅が並び、まるでヨーロッパのような雰囲気がある。風水的にも絶好の立地にあり、パワースポットとも言われている。

    オープンテラスのレストラン、「ザ・ベランダ・レストラン」は、開放的な雰囲気の中、美しいビーチを眺めながら食事を楽しむことができる一押しスポットだ。

    >>詳細を知る

  • 9. 香港海洋公園(オーシャンパーク)

  • 香港海洋公園(オーシャンパーク)の広い敷地
    香港海洋公園(オーシャンパーク)は、動物園、水族館、遊園地が一体となった巨大なアミューズメント施設だ。敷地は87万平方キロメートルもあり、一日ではすべて回れないほど広い。園内にはケーブルカーや鉄道が走っているので、移動はそこまで大変ではない。

    ジャイアントパンダ、レッサーパンダといった人気の動物たちに会えるほか、イルカのショーを見たり、亜熱帯の植物の間を流れる川でリバークルーズを体験できたりと、充実した時間を過ごすことができる。

    >>詳細を知る

  • 10. 廟街(男人街)

  • ナッツフォード・テラスの賑やかな夜の様子
    廟街のマーケットは「男人街」と呼ばれる。女人街と合わせて香港の2大ナイトマーケットと呼ばれることもしばしばだ。

    女人街との違いは、店の開き始める時間。女人街はお昼過ぎから店が開き始めるのに比べ、男人街は夜から始める店が多い。また、麻雀荘など男性向けのサービスが比較的多い。屋台ではおいしい魚料理が食べられるのでトライしてみては。

    マーケットで売られているものは必ずしも男性向けというわけではなく、性別関係なくショッピングを楽しめるだろう。女人街と合わせて楽しみたい。

    >>詳細を知る

  • 11. 蘭桂坊

  • 欧米系のバーなどが立ち並ぶナイトスポット「蘭桂坊」の様子
    ランカイフォンは、欧米系のバーやレストランが集まる香港屈指のナイトスポットエリアだ。訪れる客も外国人が多く、様々な言語が飛び交う多国籍エリアともいえる。

    クリスマスやハロウィン、ニューイヤーカウントダウンなど様々なイベントが行われており、年中にぎやか。特に7月にはビール祭り(ビアーフェスティバル)が催され、ビール好きににはたまらない期間だ。

    >>詳細を知る

  • 12. 文武廟

  • 文武廟の天井についている渦巻き状の御線香から出る煙
    1847年に建立された、香港で最も古い道教寺院だ。寺院内の彫刻は精巧に作られており必見。また、高台にあるので眺めがよいのも特徴の一つだ。

    寺院内の天井には渦を巻いた線香が付いており、絶えず煙が発生している。大きい線香なので、燃え尽きるまでに3週間-1ヵ月程度かかってしまう。寺院内で線香を購入して備えることもできるので試してみたい。

    神秘的な雰囲気が漂う寺院に足を運んでみてはいかがだろう。

    >>詳細を知る

  • 13. 香港歴史博物館

  • 香港歴史博物館で展示されているリアルな人形たち
    香港の歴史を学べる歴史博物館。展示品は3700点にも及んでおり、4億年前のデポン期から1997年の香港返還までの歴史を詳しく知ることができる。

    当時の家を再現していたり、当時の人々を模した人形が展示されていたりと、非常にわかりやすい内容となっているので、小さな子供でも楽しめる。1階カウンターでは日本語の音声ガイドをレンタルできる。無料なので借りておくとよいだろう。

    >>詳細を知る

  • 14. ハーバーシティ

  • 香港最大のショッピングモール「ハーバーシティ」の外観
    香港最大のショッピングモールだ。

    ショッピングモールと聞いて一般的に思い浮かべるものとは規模が異なり、モールの中に700を超える店舗、5つの映画館、3つのホテル、4つのオフィスビルが入っている巨大すぎるショッピングモールだ。

    >>詳細を知る

  • 15. 天壇大仏

  • 巨大な天壇大仏をしたから見上げる
    標高510mの昂坪(ゴンピン)にある、世界最大級の屋外大仏。体と台座、頭部それぞれに160枚、36枚、6枚、合計で202枚の銅片を使用して作られており、高さは台座を含めて34m、重さは202トンもある。大仏の顔は金が使用されており、太陽の光に当てられてキラキラと光る。台座の中は展示室になっており、中に入って見学することが可能だ。圧倒的な存在感を楽しもう。

    >>詳細を知る

  • 16. 九龍公園

  • 九龍公園ではバードウォッチングも楽しめる
    九龍最大の緑地公園で、ゆったりした時間を過ごすことができる。15ヘクタールにも及ぶ広大な敷地内には、フラミンゴが生息する池や、展望台、野鳥園、プールなど、ただの公園と呼ぶには勿体ないほどのエンターテインメント性を持っている。地元の方々の憩いの場になっており、早朝には太極拳を楽しむ市民を見ることができる。

    香港市内観光の雑踏から少し離れて、落ち着いて散策してみてはいかがだろう。

    >>詳細を知る

  • 17. ビクトリア・パーク

  • ヴィクトリアパークを上から見下ろした様子
    ビクトリア・パークは、香港でも最大級の公園。イギリスのビクトリア女王の銅像が置かれている公園で、広く開けた芝生の広場が特徴的。この広場で様々な催し物が開催されている。

    ビクトリア・パーク内には、プールやスケートリンク、サッカー場、テニスコートなどもあり、市民に愛されている。香港では敷地の大きさを表すとき、ビクトリア・パーク何個分、という風に表現されるほど、市民にとってなじみの深い場所だ。

    >>詳細を知る

  • 18. ソーホー

  • ソーホーには外国人向けの店が軒を連ねる
    ソーホー(SOHO)はSouth of Hollywoodの略で、その名のとおりハリウッドロードの南側のエリアを指す。ソーホーエリアは欧米系の店が多く、香港らしさは薄いが、これも香港の一面として体感しに行ってみよう。

    ギネスにも載っている世界一長いエスカレーター「ヒルサイドエレベーター」は全長800mにも及び、所要時間20分だ。ヒルサイドエレベーターに乗って街を観察するのも楽しいだろう。

    >>詳細を知る

  • 19. ナッツフォード・テラス

  • ナッツフォード・テラスに並ぶおしゃれなレストランの様子
    ナッツフォー・ テラスは、おしゃれなカフェやバーが集まる九龍島のナイトスポットだ。多国籍な料理がサーブされており、様々な種類のレストラン/バー/カフェが軒を連ねている。客層は外国人が多く、地元の方はあまり見かけないのも特徴だ。

    多くのお店が17:00頃からのオープンなので注意が必要だ。

    >>詳細を知る

  • 20. ハート・スートラ

  • ハート・スートラに立つ木柱
    ハート・スートラは、香港の中でも随一のパワースポットだ。風水的にはランタオ島で最も気の流れがよいとされる場所にある。

    般若心経の一節が書かれた38本の木柱が、「無限」を表す八の字を描いて立っている。

    天壇大仏からのびるハイキングコースでアクセスすることができる。片道20分ほどかかるが、ハイキングコースとしても抜け感があって気持ちが良いのでお勧めだ。

    >>詳細を知る

  • 21. 1881 ヘリテージ

  • 1881ヘリテージに、冬になると現れる巨大なクリスマスツリー
    1881ヘリテージは、高級ブティック、レストラン、ホテルが入る複合施設だ。コロニアル様式の美しい建物は、香港の建築物文化遺産に指定されている。

    例年クリスマスシーズンになると、巨大なクリスマスツリーが現れ、観光客のみならず現地の方も訪れる。タイミングが合えば記念撮影をしに行ってみてはいかがだろう。

    >>詳細を知る

  • 22. マダム・タッソー蝋人形館

  • マダムタッソー香港の入り口
    マダム・タッソー蝋人形館は、本物そっくりの有名人の蝋人形が展示されている。よくみないと人形だとは分からないほど精巧に作られており、人形と一緒に記念撮影をすると面白い。

    香港らしく、ジャッキー・チェンやブルース・リー、孫中山などの有名人物と一緒に写真を撮ってみては如何だろう。

    >>詳細を知る

  • 23. バード ガーデン

  • バードガーデンの周囲にある、鳥屋さんの様子。
    バードガーデンとその周辺は、鳥や鳥の餌などを売る商店が集まっているエリアだ。カラフルな鳥が入れられたカラフルな鳥かごが積み上げられている様は一見の価値あり。バードガーデンには愛鳥家たちが集まっており、鳥の鳴き声を聞きながらゆったりとした時間を過ごすことができる。

    >>詳細を知る

  • 24. 天后廟

  • 天后廟につるされている渦巻き状のお線香
    「天后廟」とは、海の安全を守る天后と土地の神、福徳祠が祀られている廟だ。香港各地に100以上の天后廟が存在する。中でも、油麻地(ヤウマテイ)エリアに位置する天后廟は、九龍(カオルーン)島に存在する天后廟の中で一番の大きさを誇り、おすすめだ。

    天后廟の内部には、天后の像はもちろん、お金の神様や縁結びの神様などが祀られているので注目だ。天井には渦を巻いたお線香がぶら下がっているのも幻想的で面白い。

    >>詳細を知る

  • 25. スカイ100

  • 屋内展望台として最も高いスカイ100から見える美しい夜景
    スカイ100は環球貿易廣場(インターナショナル・コマーシャル・センター、通称ICC)の100階にある展望デッキのこと。室内の展望デッキとしては香港で最も高いとあって、景色は絶景だ。お勧めは夕暮れ時から夜にかけて。太陽が沈み、町がネオンで彩られていく様は大変美しく、時間を忘れて見入ってしまう。

    また、景観のみならず、香港の街のミニチュアや、発展の経過を学べるタイムトラベルトンネルなどの見所がある。日本語のオーディオガイドを借りることができ、香港の街についての解説を聞くことができるのも嬉しいところだ。

    >>詳細を知る

  • 26. 大澳(タイオー)

  • 今も水上の家がある大澳(タイオー)の様子
    大澳(タイオー)は、香港中心部からバスとフェリーを乗り継いでおよそ1時間の距離にある小さな漁村だ。人々は昔ながらの水上家屋に住んでおり、牧歌的でゆっくりとした時間が流れている。「東洋のヴェニス」と呼ばれることもある街の景色を眺めているだけで面白い。街では干物がよく売らており、その場で炙って食べることもできる。

    >>詳細を知る

  • 27. 香港公園

  • 市内jに突如現れる香港公園の様子
    香港市内にあるオアシス。公園内には、茶具文物館(茶器ミュージアム)、飲茶レストラン樂茶軒、オープンテラスが心地よいL16カフェ&バー、約600羽の鳥を放し飼いにしたバード園、熱帯植物が展示されている温室など、見所が複数ある。

    バード園や温室は入場無料なので、気軽に入ってみたい。

    >>詳細を知る

  • 28. 九龍寨城公園

  • 九龍寨城公園にいまだ残る九龍寨城の遺跡
    九龍寨城公園は、有名な「九龍城砦」の跡地だ。九龍城砦は、1989年に取り壊されるまで巨大なスラム街を形成していた。家が無造作に積み重ねられたように見える外観から、「アジアのカオス」と呼ばれるほどインパクトの強いエリアだった。今ではその面影はなく、商店と静かな住宅街に囲まれた公園になっている。

    公園内には、九龍城歴史資料館があり、当時の様子を知ることができる。インパクトが強いので、小さなお子様向けではないので注意したい。

    >>詳細を知る

  • 29. パシフィック・プレイス

  • 大型複合施設パシフィック・プレイスのビル
    ビジネスエリアに突如現れる大型の複合施設だ。160以上のショップにホテル、映画館まで入ってい る。

    おすすめは、高級スーパーマーケットの「グレートフードホール」だ。世界中の様々な一流商品が並んでおり、眺めているだけで楽しいだろう。

    >>詳細を知る

  • 30. IFCモール

  • 高級デパート「IFCモール」の内部の様子
    フォーシーズンズホテルに直結している高級モールだ。シンガポール発祥の紅茶専門店「TWG」や、小籠包を売るお店など、ブランドものに限らず一流の品々が置いてある。

    コンシェルジェデスクでパスポートを見せると、お得なクーポン券をもらえることがあるので寄ってみよう。

    >>詳細を知る

  • 31. 信和中心

  • サブカルチャーの中心地、信和中心のビル
    香港における、サブカルチャーのメッカ。漫画やアニメなどの商品が売られているショッピングセンターだ。日本のアニメや漫画も多く取り扱われているので、知っているキャラクターを探しながら歩くと楽しい。過去には、海賊版のDVDやCDの販売がされているということで不名誉な注目を浴びたこともあるが、現在は取り締まりが厳しくなり改善されている。

    >>詳細を知る

  • 32. キャット・ストリート

  • レトロなグッズが並べられているキャット・ストリートの様子
    キャット・ストリートは、50軒ほどの骨董品店が並ぶ150mほどの通りのこと。昔、骨董品のことを「ねずみの品物」と呼んでいたことから、その品物に集まる人々をキャットと呼び、通りの名前として定着した。アジアンテイストなものから西洋風のものまで雑多なので、眺めていると面白い。掘り出しものを探してみては?

    >>詳細を知る

  • 33. ファッション・ウォーク

  • ファッション・ウォークを闊歩する若者たちの様子
    ファッションウォークは、「銅鑼灣(コーズウェイベイ)」という若者から絶大な支持を集めている、日本でいうと渋谷は原宿のようなエリアにある。ファッションウォークはその中でも、ハイセンスなショップが集まる通りとして評判が高く、常に若い活気で溢れている。

    >>詳細を知る

  • 34. ノーホー

  • NOHO(ノーホー)の昼間の様子
    ノーホー(NOHO)は、North of Hollywoodの略。ハリウッド・ロードの北に広がるエリアのことだ。下町情緒のある雰囲気だが、おしゃれな雑貨屋さんやセンスの良いモダンなカフェが点在しており、若者たちから人気を集めている。ハリウッド・ロードに行ったらついでに訪れてみよう。

    >>詳細を知る

  • 35. シーサイド・プロムナード

  • シーサイド・プロムナードはシンフォニーオブライツの隠れ鑑賞スポット
    シーサイド・プロムナードは、大きな展示会場だ。シンフォニー・オブ・ライツの眺望ポイントとしても注目。九龍(カオルーン)島の尖沙咀(チムサーチョイ)エリア側に比べて人が少なく、落ち着いてみられる穴場スポットだ。

    >>詳細を知る

  • 36. 香港科学館

  • 体験型施設「香港科学館」の内部
    香港科学館は、体験を通じて様々なことが学べる科学館だ。フォークリフトやクレーン車などの操作を実際に体験できたり、反射神経や平衡感覚をテストできるフィットネスチャレンジがあったりと、大人も子供も楽しめるスポットだ。

    >>詳細を知る

  • 37. ピークタワー(SKY TERRACE428)

  • ヴィクトリアピークにある「ピークタワー」の外観
    ピークタワー(SKY TERRACE428)は、香港の絶景ポイントとして有名な「ビクトリア・ピーク」にある展望台のことだ。香港で最も高所から見下ろす町並みは美しく、夜になると「100万ドルの夜景」を堪能することができる。

    ピークタワーには、眺望の良いレストランやお土産店が多数入っているうえ、マダムタッソー人形館もあるので、たっぷり楽しむことができる。時間に余裕を持たして訪れてみよう。

    >>詳細を知る

  • 38. 李鄭屋漢墓博物館

  • 李鄭屋漢墓博物館でみられる本物の遺跡
    香港の貴重な遺跡。中国が後漢の時期(西暦25-220年)に建築されたとされお墓の遺跡だ。歴史を伝える遺跡があまり残っていない香港において大変貴重な遺跡とされている。

    ガラス板に仕切られてはいるが、保存状態のよい遺跡を間近で見ることができるので訪れてみては。エジプトのピラミッドの中に入ったかのような神秘的な雰囲気を味わうことができる。

    >>詳細を知る

  • 39. 鴨寮街(電子用品街)

  • 家電など電化製品が所狭しと売られている鴨寮街(電子用品街)うh鴨寮街(電子用品街)の様子
    電気用品の専門店が多く並ぶ、日本でいう秋葉原のようなエリアだ。様々な種類の電子機器が雑多な露天商や、ネオンが輝く小売店で売られている。地元の人の姿も多く、常に活気にあふれているエリアだ。

    >>詳細を知る

  • 40. 玉器市場

  • 玉器市場で売られているヒスイの商品
    魔除けの効果があると信じられているヒスイの商品を扱う店がひしめくマーケット。ブレスレットやキーホルダー、天然石などお土産にもピッタリの商品が数多く売られている。ウィンドウショッピングをするだけでも楽しいマーケットだ。天然石を買うと、その石を使ってオリジナルのアクセサリーを作ってくれる店もあるので、興味があれば挑戦してみよう。

    >>詳細を知る

  • 41. 孫中山紀念館

  • 孫中山紀念館の前に鎮座する、孫文の銅像
    日本では「孫文」の名でよく知られている孫中山にまつわる様々な記録品を展示している記念館。記念館周辺にも孫文にまつわる史跡が点在しているので散策してみると面白い。

    >>詳細を知る

  • 42. 茶具文物館

  • 茶具文物館で展示されている急須
    茶具文物館は、その名の通り茶具を専門に扱う世界で初めての博物館だ。博物館にはギフトショップが併設されており、様々な種類の茶具やお茶に関連するグッズが売られている。お茶について知識を深め、本場の茶具をお土産にいかがだろうか。

    >>詳細を知る

  • 43. 威靈頓街

  • ウェリントンストリートで売られている鳥の丸焼き
    ウェリントンストリートは、中環(セントラル)エリア屈指のグルメ街だ。車一台分ほどの細い道だが、100年以上の歴史を持つ飲茶レストランやローストダックのレストランなど、絶品グルメが軒を連ねている。本場の味を試してみよう。

    >>詳細を知る

  • 44. 海味街

  • 海味街に並ぶ、乾きもの屋の様子
    香港では乾物の文化が発達しており、街を歩いていると様々な乾物屋が目に入る。海味街は海産物の乾物を扱う店が軒を連ねる通り。日本では見かけないような珍しい乾物がたくさん陳列されているので、散策するだけでも楽しいだろう。香港の食文化に欠かせない乾物をじっくり見てみよう。

    >>詳細を知る

  • 45. 貝澳

  • 貝澳(プイオー)に沈む夕日
    貝澳 (プイオー)は、ランタオ島のレジャースポットだ。週末ともなればキャンプやバーベキュー、トレッキング、海水浴などのアウトドアアクティビティーをする人々で賑わう。サンセットが美しいことでも有名なので、ゆったりとした気分で夕日を眺めるのも良いだろう。

    プイオーには4つの村があり、昔ながらの姿を現在も留めているので足を向けてみるのも良いだろう。

    >>詳細を知る

  • 46. 新填地街

  • 新填地街の細い道に人があふれかえっている様子
    昔ながらの庶民の台所。狭い道に、日用品や食材を売る露店が所狭しと並んでいる。歩くのも苦労するほど人で混雑するが、その分活気があり、歩くだけで香港を感じられる。売られている食材には日本ではあまりお目にかからないようなものも売られているので試しに買ってみるのも面白い。

    >>詳細を知る

  • 47. アクア・ルナ

  • 赤い帆が特徴的なアクア・ルナ
    アクア・ルナは赤い帆が特徴的な船だ。ビクトリア・ハーバーのクルーズ船として毎日運航している。特に19:30出発のクルーズが人気。 20:00から始まる音と光のショー「シンフォニー・オブ・ライツ」をアクア・ルナから優雅に眺めることができるのだ。

    >>詳細を知る

  • 48. オープントップバスツアー

    香港の街を歩いていると時々見かけることがあるオープントップのバス。観光のためのバスであり、主要観光スポットを巡回している。観光地を効率よく巡りたい方にお勧めだ。

    オープントップの2階席から見る香港の町は格別。せり出したネオンに触れられそうなくらい近づく特別席だ。香港の街を文字通り風を切って進んでみては。

    49. ハリウッド・ロード

  • 夜のハリウッドロード
    ハリウッド・ロードは、香港島の中環(セントラル)エリアから上環(ションワン)エリアまでを西から東に走る通り。通りには骨とう品店が並んでおり、別名を「骨董品通り」とも呼ぶ。また、ハリウッド・ロード周辺には、SOHO、NOHO、キャットストリート、孫中山紀念館、蘭桂坊(ランカイフォン)などがあり、見所が詰まったエリアと言える。

    >>詳細を知る

  • 50. 香港トラム

  • 2階建てトラムは、香港名物になっている
    香港トラムは香港観光の一つの見所だ。2階建てでカラフルなトラムはどこまで乗っても一律料金。 地元の方の足として活用されている。観光する際にも便利なので、4日乗り放題券などのお得なチケット購入を検討してみたい。

    >>詳細を知る

  • ページトップへ戻る