香港のアクセス・交通情報

特集

マイルを貯めて飛行機に乗る

【貯めなきゃ損】マイルを貯めてタダで旅行に行く方法を徹底解説

アメリカやヨーロッパへの一度の往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事では、マイルのお得な貯め方と使い方を徹底解説する。

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選

「到着した日は疲れて眠たいのは当たり前」、「飛行機の中では2-3時間寝られれば良い方」というような、機内で安眠できない旅行者のために、一年の内かなりの日数を飛行機内で過ごすHowTravel編集部が、最強睡眠グッズをご紹介する。せっかくお金を出して、限られた休暇の中で旅行に行くのだから初日から最終日まで目一杯旅行を満喫しよう。

HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スーツケース お勧め人気ブランドランキング

スーツケースの人気ブランドのランキング!数あるスーツケースのブランドから、特にオススメ出来るブランドを厳選してランキング形式で紹介する。

アクセス・交通

9件

Hong Kong International Airport

1

香港国際空港と市内へのアクセス

香港国際空港は、香港ランタオ島沖のチェクラップコク島付近を埋め立ててつくった空港島にある国際空港。過去に使われていた啓徳空港(啟德機場/Kai Tak Airport)と区別するために、チェクラップコク空港(赤鱲角機場/Chek Lap Kok Airport)とも呼ばれている。 1980年代後半までにすでにキャパシティも限界に達していた旧・啓徳空港に換えて、空港ー市内間の高速鉄道の新設も含め5年という短期間で、香港返還前の新空港完成とオープンをめざすという壮大な計画のもと建てられたのが現在の香港国際空港。当初は1997年7月1日の香港返還前のオープンをめざしてイギリスの建設会社が中心となって建設していたが、工事の遅れのため翌年7月6日のオープンに至った。 100を超える航空会社が世界各地180を超える目的地と香港をつないでいる。2014年には年間総旅客数6330万人を記録し、世界でも10番目に忙しい空港であった。羽田空港や成田空港、関西国際空港をはじめ、日本各地の空港との直行便も就航している。

hong kong taxi

2

香港のタクシー

香港でタクシーは「的士」という。車体の色はタクシーの営業区域によって分けられる。 香港中心部(香港島と九龍)は赤、新界は緑、そしてランタオ島(数は少ない)は水色である。空港では行き先によって乗る色のタクシーを間違えないようにしたい。 香港のタクシーはメーター制である。料金体系は香港中心部(香港島と九龍)、新界、そして空港やディズニーランドのあるランタオ島と、地域別に3体系がある。香港特別行政府運輸署のサイトに示されているタクシー料金表は次のとおりである。

hong kong metro

3

香港のメトロ(地下鉄)

香港のメトロは「MTR」と呼ばれ、観光客でも安全で利用しやすい交通手段の一つである。メトロは香港鉄路有限公司が運営しており、香港市内から旧市街地までを網羅。現在、10路線と新界の元朗・屯門エリアを走行する軽鉄からなっている。運賃が安価で路線数も多く、早朝から深夜まで運行しており、渋滞もない為、多くの地元の人々や観光客に役立っている。プリペイド式の交通ICカード「オクトパスカード」を使用すればいちいち運賃を支払う必要もなく便利だ。

スポンサーリンク

hong kong tramway

4

香港のトラム

香港のトラムは、2階建ての路面電車である事が特徴だ。料金が安く地上から気軽に乗車する事ができ、繁華街をくまなく走っている為、地元の人々だけでなく、観光客にとっても便利な交通手段の一つである。 北岸を東西に走る路線と中央部を走る路線の2路線があり、東西を走行する路線は、東側の筲箕湾(サウゲイワン)と西側の堅尼地城(ケネディタウン)を結んでいる。もうひとつは、中央の跑馬地(ハッピーバレー)に向かう路線である。 トラムの料金は一律HK$2.3とお手頃で、日本のSuicaやICCAと同様のICカード「オクトパスカード」もある。オクトパスカードはカードに料金をチャージをして使用できるのでその都度乗車券を購入する必要がなく便利だ。

hong kong bus

香港のバス

香港のバスは2階建てになっている事で有名である。メトロや電車が走行していない場所も走行しており、観光客はもちろん地元の人達も重宝している。メトロより料金も安い為、利用しやすい。 香港のバスは香港島-九龍半島の市街地を走る路線や、海底トンネルを通りって香港島-九龍半島、新界を走るトンネルバスがある。また深夜も運行しているナイトバスもある。

china-railway

中国の鉄道

中国において鉄道は、人々の移動手段として、また物資の輸送において最もよく利用されている交通機関である。中国全土を網羅する鉄道は、中国鉄路総公司によって運営されている。鉄道路線は、国内中を縦横に張り巡らせて、すべての省や特別行政区にまで広がる。これらの鉄道網は2010年に高速鉄道開通ラッシュを迎え、現在も発展を遂げつつ新たに建設されており、距離だけを見れば世界第1位となっている。 中国の鉄道はすべ1-9999の番号で表され、快速以上の速さの列車は、英文字から始まる。座席には自由席はなく、全席指定席となる。指定席は購入順に決められるため、場所の指定は一切できないので要注意だ。 なお、中国の鉄道の乗車券は現在購入が困難となっており、途中までの乗車券が手に入っても乗換え先の乗車券が手に入らないというのはよくある事。乗車券の多くが駅窓口での購入となり、自動券売機はほとんどない。最近ではオンラインによる購入も進んでいるが、一番確実なのが対面販売での窓口である。

AQUALUNA CRUISE

アクアルナ

ノスタルジックな帆船クルーズ

ビクトリアハーバーを行き交う多くの船の中で、ひときわ目を引く、赤い帆が特徴のアクアルナ。 中国語では、張保仔と言い、かつては数多く運行されていたジャンクボートも時代とともに消え、現在ではこのアクアルナ一隻のみ。 その一隻をクルーズ船として運行している。

スポンサーリンク

Open-Top Bus Tour

オープントップバスツアー

香港名物、オープントップバスツアー

香港に来たなら、ぜひ参加したいオープントップバスツアー。 開放的なダブルデッカーバスで、香港の名所をめぐる大人気のツアーだ。 道路にせり出したネオン看板に手を伸ばせば届きそうな高さのバスの2階部分からの眺めを楽しめる。 通りを駆け抜け、風を感じながら見る香港の夜景は格別だ。

Kai Tak Cruise Terminal

カイタック・クルーズターミナル

香港を360度見渡せるクルーズターミナル

九龍島のビクトリアハーバーを望む香港啓徳(カイタック)空港跡地に2013年にオープンしたクルーズターミナル。 九龍の中心部、尖沙咀(チムサーチョイ)までは約20分だ。 かつては滑走路として使用されていた場所が大型客船のターミナルとして生まれ変わった。