湾仔

特集

香港のホテル

【香港のホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地である香港だが、一つエリアが変わると危険地域などもあるため注意が必要だ。また、観光エリアから離れたホテルを予約してしまうと、帰り時間を気にして香港の夜を楽しむことができなくなってしまう場合もある。せっかくの香港旅行、ホテル選びに失敗して台無しなんてことはないようにしたい。この記事では、ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

hongkong food

香港の名物料理を食べよう!お勧めグルメ旅

中国の特別行政区として国際的な都市・香港。食の街としても世界で知られる香港には、点心、飲茶、広東料理、絶品海鮮料理などのグルメが目白押し。世界でも夜景が美しいとして有名で、世界中から多くの旅行者が訪れる街でもある。国際都市であるため、各国の料理が楽しめるのも香港ならではの魅力だ。最近では文化が混ざった、独特のグルメも見かけるようになった香港。移り変わる歴史の中で、地元で愛されている名物料理を楽しんでいただきたい。

Victoria-Peak

香港のお勧め定番観光スポット10選

初めて香港に訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

Hongkong plan

香港旅行6泊7日の予算とモデルプラン

香港旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。香港で観光をするなら、やはり夜景は鉄板スポットである。ヴィクトリアピークの夜景や、光と音楽のレーザーショーを楽しめるシンフォニーオブライツなどが人気だ。家族で訪れるなら、香港ディズニーランドもおすすめである。また、香港の雰囲気を堪能するなら、ネイザンロードだろう。多くのお店が軒を並べる繁華街は、ショッピングやグルメを楽しむならぜひ訪れたい。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

湾仔

11件

Symphony of Lights

1

シンフォニー・オブ・ライツ

光と音楽の幻想的なショー

毎夜20:00からビクトリアハーバーの両岸、香港島と九龍(カオルーン)島の40棟以上の高層ビルに設置されたレーザーライトの光とイルミネーション、音楽が一緒になって繰り広げられている約13分間のショー。 ショーは香港島、九龍島の両側から見ることができ、色とりどりのレーザーライトが夜空を照らすと幻想的な景色が広がる。 100万ドルの夜景と言われる香港の夜景がさらにきらびやかになる13分間だ。

Seaside Promenade

2

シーサイド・プロムナード

新・夜景スポット

香港島の中心部、湾仔(ワンチャイ)エリアに位置し、ビクトリアハーバーにせり出す形で埋立地に作られた、香港會議展覧中心(コンベンション&エキシビションセンター)の周りにあるのが、シーサイド・プロムナード、別名を、エキスポ・プロムナードだ。 このコンベンションセンターは、香港が英国から返還された際の式典が行われた場所で、その際に中国から送られた金色のバウヒニア(紫荊花)のモニュメントがここシーサイド・プロムナードにある。

Queen's Road East

3

クイーンズロードイースト

古きよき香港の街並みが残る通り

英国のビクトリア女王に因んで名付けられた皇后大道(クイーンズロード)。 現在は、上環(ションワン)の皇后大道西(クイーンズロードウエスト)、中環(セントラル)の皇后大道中(クイーンズロードセントラル)、金鐘(アドミラルティ)の金鐘道(クイーンズウェイ)と、皇后大道東(クイーンズロードイースト)の四つのセクションに分けられている。

スポンサーリンク

Hong Kong House of Stories

4

香港故事館

住民の手で作られた博物館

高層ビルと昔ながらの懐かしい建物が混在する湾仔(ワンチャイ)エリアに、2012年に開設された香港故事館。 細い路地を進むと、1920年代に建てられた藍屋(ブルーハウス)と呼ばれる青い建物が当時のまま残る。 コンクリートと木を使い、東洋と西洋の建築の構造を混ぜて造られた、嶺南(リンナン)スタイルのベランダ付建造物は、現在ではほとんど残っていないため大変貴重となっている。

Hong Kong Arts Centre

香港芸術中心

香港芸術活動の拠点

香港藝術中心(ホンコンアートセンター)は現代アートの促進のために設立された非営利団体で、香港の現代アーティストを支援し、世界に発信できる場を提供している。 湾仔(ワンチャイ)エリアの中心に位置する16階建ての建物には、ギャラリーの他、劇場、映画館、カフェ、オフィス、アートスクールが併設されており、香港の芸術活動の拠点として知られる。

Cross Street

交加街

今なお残る香港の下町マーケット街

再開発でできた高層ビルと、古くから続く街並みが混在する灣仔(ワンチャイ)エリアの中でも、昔ながらの露店市場や商店が今も残る交加街(クロスストリート)。 ビルとビルの間の狭い路地の両側にはぎっしりと露店が並び、豪快に積み上げられた野菜やドライフルーツ、軒先に肉を吊した肉屋さんをはじめ、日用品、乾物、衣料品等なんでも揃う露店街だ。 買い物の途中に立ち寄れる屋台もあり、見ているだけでも楽しい。

Hong Kong Convention and Exhibition Centre

香港会議展覧中心

湾仔(ワンチャイ)エリアのランドマーク

湾仔(ワンチャイ)エリアのビクトリアハーバーを埋め立てて建設された香港会議展覧中心(ホンコンコンベンションアンドエキシビションセンター)は、会議施設と展示施設を併せ持ち、ホテルとコンドミニアムを併設するアジア最大級の複合施設だ。 対岸の九龍(カオルーン)島からも目をひく建物は、海鳥が羽たこうとする姿がデザインに用いられた。

スポンサーリンク

Comix Homebase

コミック・ホームベース

コミックファンの道標

カラフルで大きな看板が路上にせり出し昔ながらの街並みが残る湾仔(ワンチャイ)エリアに、香港のクリエーターやアーティストたちが、アニメや漫画をテーマとする芸術作品を表現する場として建てられた。 施設内ではアート作品の上映や、コミックサロンが常設されており日本のコミックもある。 期間限定の展覧会も開かれており、世界各国の漫画家やアニメーターの作品がみれるとあって人気を集めている。

紅灯区

かつて歓楽街として栄えたエリア

紅灯区とは、ピンク色のネオンが灯る街、という意味で、いわば歓楽街のことだ。 かつては港町として栄えていた灣仔(ワンチャイ)エリアには、多くの紅灯区があった。 外国から寄港する船乗りたちも足を踏み入れていたと言われており、日本人街も存在していたが、埋め立てや再開発に伴い、一気に廃れ、現在はその面影はない。

ビーフ・アンド・リバティー 香港・湾仔店

湾仔で究極のハンバーガーを体験する

香港に計3店舗展開する大人気ハンバーガーショップの「ビーフ・アンド・リバティー」の湾仔店。 湾仔区(Lan Kwai Fong Wan Chai)は、香港18区内で最も平均所得水準が高く、香港中心部の、商業、住宅、官庁街である。 そんな場所に店を構えるこの「ビーフ・アンド・リバティー」の起源は、18世紀にまで遡る。18世紀の英国では、有力な俳優や芸術家、作家、政治家、知識人達が集い「ビーフ・ステーキ・クラブ」という崇高な会が設立された。当時、最も有名で力のあったこのクラブは「ビーフ(beef)と自由(liberty)を我々の報酬にしよう」というモットーのもと、素晴らしい肉料理とお酒を愛し、自由を愛した。 そんな由緒ある「ビーフ・ステーキ・クラブ」の血を受け継ぎ、モットーから名を借りて、全世界に本当に美味しい牛肉を発信するのがこの「ビーフ・アンド・リバティー」なのである。 ここでは、世界で最も空気が新鮮で綺麗と言われているタスマニアの農家によって大自然の中で育てられたヘレフォード牛とアンガス牛を100%使用している。そんな極上な牛肉を使用して毎日一から挽いて作り上げるハンバーグは、ひと口食べると、口いっぱいにジューシーな肉汁が広がり、とろけてしまいそうになる。 いい具合に焼け跡がついた白いバンズも特長的で、ジューシーなハンバーグと相性は抜群。まさに最高のハンバーガーだ。 また、アルコール類も非常に豊富で、自慢のクラフトビールやバラエティー豊かなオリジナルカクテル、新鮮なリバティーレモネードなど、お酒好きにもたまらない。 香港に落とすれた際は、是非足を運んでみてはいかがだろうか。究極のハンバーガーを体験してみよう。