タイのビザとパスポート

タイのビザとパスポート

2017/05/05 更新

データガイド
プラン相談

データガイド

チェック

タイの観光ビザ

日本人が観光でバンコクを訪れる場合には、以下の条件が揃っていればビザなしで入国が可能だ。これは、タイと国境を接する近隣諸国の管理検問所からタイに入国する場合でも同様である。

①滞在期間が30日以内である。

②有効期限が6ヶ月以上あるパスポートを所持している。

③入国時に台湾出国用の航空券(日本-台湾間の往復航空券や、第3国への航空券)を所持している。

このような条件から、タイへ観光に訪れる人の多くはビザを取得する必要はない。ちなみに、留学や就労目的での渡航の場合にはビザ申請が必要になる。

ビザラン

観光目的であればビザなしで30日間の入国が許可されているタイだが、30日を超える前に国外へ移動し、またすぐタイに戻るという「ビザラン」という行為を繰り返す人が増加。その為タイでは2014年頃から徐々にビザランの取り締まりを強化している。タイに複数回の渡航歴がある日本人が滞在目的について説明を求められたり、実際に入国を拒否されたケースもあるとの事。長期滞在を予定している人は専用の観光ビザを取得しよう。

パスポート

入国時に6ヶ月以上の有効期間が必要。6ヶ月分+滞在予定日数分の有効期限があれば安心だ。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産散策に象乗り体験!バンコク大満喫の鉄板プラン

バンコク旅行者の必読記事

プラン相談

どんなバンコク旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「4万円以内でバンコク旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

バンコクのホテル
海外での防犯対策グッズ