ジム・トンプソンの家の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ジム・トンプソンの家
บ้านจิม ทอมป์สัน (ジム・トンプソンズ・ハウス)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

1 Khwaeng Wang Mai, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon

BTS National Stadium(ナショナル・スタジアム)駅

料金

฿150
学生は฿100

営業時間

9:00-18:00

休業日

年中無休

HP

Jim Thompson House

概要

アメリカ人コレクターの私物博物館

ジム・トンプソンの家は、バンコクでもトップクラスの人気を誇る観光スポットだ。ジム・トンプソンというのは「シルク王」の異名をもっていたアメリカ人実業家で、東南アジアの芸術品のコレクターでもあった。タイ各地はもちろんのこと、カンボジアやラオス、ビルマまで足を伸ばして仏教芸術品を収集していたという。

そんなトンプソンが、謎の失踪を遂げる直前まで住んでいたのがこの家だった。つまり晩年を過ごした家という事であり、この家には彼の多くのコレクションが保管されている。現在では家そのものが博物館として公開されており、タイ国内でも有数の仏教芸術博物館となっている。

カフェが併設されていたり日本語での案内もあったりなど、日本人観光客にとって親切なスポットでもある。

見どころ

有名なコレクターの家が、家主の死後そのまま博物館になっているというケースは世界中にも非常に多い。そして多くの場合、家そのものも見応えたっぷりの建築物であるということもよくある。

このジム・トンプソンの家も同様で、タイ国内のさまざまな建築様式がミックスされた家となっているのが特徴だ。また、それらの様式は時代を超えて混合されているため、タイらしい建築でありながらタイのどこでもないという、どこか現実離れした不思議な佇まいになっている。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産散策に象乗り体験!バンコク大満喫の鉄板プラン

  • バンコクのお勧めツアー

    世界遺産アユタヤ遺跡+水上マーケット+象乗り体験ツアー

    世界遺産のアユタヤ遺跡を始め、雑貨や食品を販売する小舟が運河を行き交う水上マーケットも見学。象乗りを体験できるオプションもある、タイの魅力を1日にふんだんに詰め込んだ大評判のプランだ。丁寧な日本語ガイド同行もうれしい。
    ➡ 詳細はこちら
  • バンコク旅行者の必読記事

    バンコクの危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!
    海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!
    マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!
    海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!

    人気記事

    バンコクのホテル
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク