バンコクのARL(エアポートリンク)の料金、乗り方 、路線図、注意点

バンコクのARL(エアポートリンク)

2017/05/05 更新

bangkok-arl
データガイド
プラン相談

データガイド

路線説明

バンコクのエアポートリンク(ARL)は、バンコク市内とスワンナプーム国際空港を結ぶ高速鉄道である。タクシーで40分-1時間かかるところを、ARLだと最短15分で到着する事が可能だ。地元の人々だけでなく、観光客にとっても大変便利な交通機関である。

ARLは約15分間隔で運行しており、各駅停車のシティラインと快速のエクスプレスの2路線が走行している。エクスプレスは、マッカサン駅-スワンナプーン国際空港間を最高速度160キロメートルでノンストップ走行している。また、ARLはパヤタイ駅でBTSに、ペッチャブリー駅でMRTに乗換えが可能である。ARLの乗車券はICチップになっており、エクスプレスとシティラインで色分けをしている為、違いが分かりやすい。

エアポートリンクホームページ
http://www.srtet.co.th/index.php/en/

乗車券の種類

乗車券の種類と料金

■1回乗車券
片道切符。トークンと呼ばれるプラスチックのICチップ。
・シティライン:赤色のICチップ。料金は距離によって異なる。฿15-฿45。
・エクスプレス:฿90。

乗車券の購入場所

■駅の窓口
■自動発券機

乗り方

bangkok-arl

①改札を通る
乗車券を購入したら、改札を通る。改札は自動改札となっている為、トークンをタッチすると改札は開く。改札が開いたらホームへと向かう。

エクスプレスの場合、専用の改札口があるが自動ゲートはなく、エスカレーター入口に立っている係員に乗車券を見せるだけで良い。

②ホームで待つ
エスカレーターでプラットホームへと向かう。電車のドアはホームドアとなっており、安全である。

③乗車する
電車が到着したら、自動でドアが開くので乗車する。

降り方

目的地の駅で電車を降りたら、乗車時と同様に改札を通る。シティラインの場合は、トークンを改札の挿入口に入れると回収される。なお、エクスプレスからシティラインに乗換える場合は、到着ホームが異なる為、3階から4階へ上がらなければならない。4階へ上がるとシティラインに乗換える為の入場改札口がある。

その他注意点

■荷物が多い場合エクスプレスに
シティラインには荷物を置くスペースがない為、スーツケースやボストンバッグ等の大きな荷物がある場合は荷物置場があるエクスプレスの利用がお勧めだ。シティラインは通勤通学時間帯になると混雑する為、この時間帯を利用するならなおさらである。荷物を少なくするか、エクスプレスに乗車しよう。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産散策に象乗り体験!バンコク大満喫の鉄板プラン

  • バンコクのお勧めツアー

    世界遺産アユタヤ遺跡+水上マーケット+象乗り体験ツアー

    世界遺産のアユタヤ遺跡を始め、雑貨や食品を販売する小舟が運河を行き交う水上マーケットも見学。象乗りを体験できるオプションもある、タイの魅力を1日にふんだんに詰め込んだ大評判のプランだ。丁寧な日本語ガイド同行もうれしい。
    ➡ 詳細はこちら
  • バンコク旅行者の必読記事

    (Photo by Wiki05 Sergey)

    プラン相談

    どんなバンコク旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内でバンコク旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    バンコクのホテル
    海外での防犯対策グッズ