サヤーム・プラトゥーナーム周辺

特集

バンコクのホテル

【バンコクのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地であるバンコクだが、一つエリアが変わると危険地域などもあるため注意が必要だ。ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

bangkok food

バンコクで食べられるタイの名物料理10選!お勧めグルメ旅

タイの首都、大都市バンコク。成長を続ける国際都市であり、華麗な王宮のある仏教国でもある。日本でも見かけるようになったタイ料理は、甘辛で食欲をそそるグルメとして知られている。世界のスープとしても知られる「トムヤムクン」は、タイの代表的な料理のひとつ。タイ料理の特徴の一つは新鮮なシーフードでもある。豊富な水源に囲まれたタイは、市場にいつも新鮮な魚介が並べられているのである。エビ、カニ、貝などの新鮮な自然の恵みをふんだんに使用したタイ料理は絶品。モダンな高層ビル、オシャレなショッピングモール、絶品グルメが味わえる大都市なのである。

bangkok

【タイ】バンコクのお勧め定番観光スポット10選

初めてバンコクに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

Bangkok plan

バンコク旅行6泊7日の予算とモデルプラン

バンコク旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。バンコクでは、格式高い寺院や仏像めぐりはタイの歴史や文化にふれることができ、定番のワットポーやワット・プラケオ、ワット・スタットなどは外せない観光スポットだ。またムエタイやタイ舞踊、ニューハーフショーなどエンターテイメントも見どころ満載である。タイシルクやタイの民芸品などのショッピングや、タイ古式マッサージ、スパなども人気で、バンコクを十分満喫できるだろう。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

Myanmar

ミャンマー行くならドコ見るの?おすすめスポット

最近ブームのミャンマー 民政移管になりVISAが取りやすくなり観光客がここ数年で大幅に増えてきている。また、アジア最後のフロンティアと呼ばれ多くの投資家達の視線も熱い。 でもミャンマーは知ってるけどどんなところ?って思ってる人は多いんじゃないでしょうか。そんな未知のミャンマーの魅力を紹介していこうと思います!

Bangkok

タイに家族旅行をする時に気をつけた方が良いこと

お正月の時期に家族でタイに旅行をしました。 お年寄りの方やお子さんを連れて旅行をしても十分楽しめる国ですが、いくつか「ここは行かないほうがいいだろうなー」とか、「気をつけないと危ないな」といったことがあったのでまとめてみました。

サヤーム・プラトゥーナーム周辺

12件

Erawan Shrine

1

エラワン廟

バンコク市街にあるパワースポット

エラワン廟(プラ・プロム、エーラーワンの祠)は、バンコク市街中心部にあるヒンドゥー教の霊廟だ。グランドハイアット・エラワン・ホテルのすぐ前という絶好の立地にあり、ヒンドゥー教の神ブラフマーを祀っている。「願いが叶う神」として口コミで人気が広がり、今やバンコク屈指のパワースポットになっている。願いの成就を求めてやってくる参拝客と、願いが成就した参拝客による歌やダンスを奉納するお礼参りとで、一年中賑わいを見せている。また、11月9日のエラワンホテルの竣工日には盛大な祭りが開催される。

Siam Paragon

2

サイアム・パラゴン

高級デパートは「バンコクのプライド」

サイアム・パラゴンは、サイアム駅のすぐ正面にある大型デパートだ。 2005年末にオープンしたこちらは、当初から「バンコクのプライドをかけて造られた」と言われており、その規模はタイ国内でも最大級を誇る。

Jim Thompson House

3

ジム・トンプソンの家

アメリカ人コレクターの私物博物館

ジム・トンプソンの家は、バンコクでもトップクラスの人気を誇る観光スポットだ。 ジム・トンプソンというのは「シルク王」の異名をもっていたアメリカ人実業家で、東南アジアの芸術品のコレクターでもあった。

スポンサーリンク

Siam Square

4

サイアムスクエア

サイアム地区にある流行発信地

サイアムスクエアは、サイアム地区に広がるバンコク最大の繁華街だ。 レストランやカフェ、ブティック、レコードショップなどが充実しており、若者を中心に賑わうエリアとなっている。 ビジネスやファッション、カルチャーを問わずあらゆるトレンドの発信地ともなっており、「バンコクの原宿」とも呼ばれているほどだ。

Pratunam Market

プラトゥーナム市場

2大衣類市場のひとつ

プラトゥーナム市場は、バンコクの中心街にある市場だ。 現地では2大衣類市場のひとつとして知られており、洋服や衣類関連の店舗が多く軒を連ねているほか、雑貨点なども充実している。

MBK Center

マーブンクロン・センター

1985年開業の巨大ショッピングモール

マーブンクロン・センター(MBKセンター)は、パトゥムワン地区にあるショッピングモールだ。 地上8階からなるその売り場面積は合計89,000平方メートルにものぼり、1985年の開業当時はアジア最大規模を誇っていた。

スアン・パッカード宮殿博物館

キャベツ畑は隠れた名所

スアン・パッカード宮殿は、パヤタイ駅のすぐ近くにある王室関連博物館だ。 あまりメジャーな観光スポットではないものの、アクセスのしやすさから立ち寄る人も多くなっており、近年では少しずつ有名になってきている。

スポンサーリンク

タイ労働者博物館

タイならではの労働者博物館

タイ労働者博物館は、1991年に開館した博物館だ。 東南アジア地域で唯一の労働者をテーマとした博物館で、これまでのタイにおける労働者関連のさまざまな問題やその歴史を詳細な資料とともに紹介している。

Bangkok Art and Culture Centre

バンコク・アート・アンド・カルチャー・センター

2008年完成の大規模現代アートギャラリー

バンコク・アート・アンド・カルチャー・センターは、2008年にオープンした総合現代アートギャラリーだ。 日本語では「バンコク芸術文化センター」とも表記されるほか、「BACC」という公式の略称もある。

no-image

ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム

BTSラーチャテウィ駅からすぐの有名なカオマンガイのお店

店内は混んでいて少し並ぶが回転が良くすぐに順番がくる。衛生面が気になる人は向かないかもしれないが、カオマンガイは間違いなく美味しい。