イントラムス

特集

マニラのホテルの夜景

【マニラのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地であるマニラだが、一つエリアが変わるとスラム街などもあるため注意が必要だ。また、観光エリアから離れたホテルを予約してしまうと、帰り時間を気にしてマニラの夜を楽しむことができなくなってしまう場合もある。せっかくのマニラ旅行、ホテル選びに失敗して台無しなんてことはないようにしたい。この記事では、ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

manila food

マニラで食べられるフィリピンの名物料理10選!お勧めグルメ旅

日本の南、太平洋に浮かぶ島国フィリピン。その首都がマニラだ。アジアの独特の雰囲気を存分に楽しめるこの都市は、旅行者にいろいろな表情の食べ物を提供する。日本から近く時差も少ないことから、今とても人気のあるこの街のローカルフードをぜひ楽しみたい。旅の醍醐味の一つは、やはりグルメだ。食べ物を通して、私たちのまだ知らないマニラの真の姿を垣間見れるだろう。そしてマニラのソウルフードから、元気と笑顔をもらってこよう。

manila

【フィリピン】マニラのお勧め定番観光スポット10選

初めてマニラに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

コルディリェーラの棚田群

フィリピンの世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。フィリピンには全部で6つの世界遺産が登録されている。 フィリピンの観光スポットといえば、どうしてもマニラやセブを連想してしまいがちだが、それ以外の場所にも世界遺産登録された、古都や教会、美しい海があるのだ。 時間があれば、是非ともフィリピンの世界遺産にも足を運んでみたいところだ。

manila

マニラの一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

フィリピンの首都、マニラ。 このマニラは、一般的には「メトロ・マニラ」の事を指しており、「マニラ首都圏」という意味だ。 メトロ・マニラは17の市や行政地域から構成されており、マニラ市はマニラシティと呼ばれている。 この大都市マニラ首都圏には、ビジネスで賑わう近代化された街並みのマカティシティや、フィリピンの歴史を振り返るマニラシティなど、現代と過去が交錯している。 整備されたショッピングエリアや幹線道路から車で30分も行けば、手付かずの大自然や歴史的な遺跡や建物残る。 観光やショッピングだけではなく、大自然で味わえるゴルフやダイビングに魅了され、永住する日本人も多いフィリピン・マニラ。 旅行すれば、発展途上の真っ只中で、経済成長の活気が溢れ、また同時にフィリピンの人の優しさに触れることが出来るだろう。

souvenir

フィリピン・マニラのお土産 おすすめショップや購入のコツ!

旅の醍醐味の1つとも言えるお土産。 お土産選びは楽しい半面、どこで買えば良いのか、買う時に注意するべき点、どんなものが人気なのかなど、色々と考える事もあるかと思います。 そこで、本記事ではフィリピンへ旅行する人向けに、オススメのお土産、最適なショップや、注意すべき点、お得な情報などをまとめてみました! お土産選び際には是非参考にしてみて下さい。

makati

フィリピン旅行の費用、予算とモデルプラン

旅行をする際に気になるのは費用ですよね。 物価が比較的安い東南アジアの国にいけば、プチ贅沢もできます。 フィリピン旅行をするのなら、だいたいどのくらいのお金があればよいでしょうか? 今回はフィリピン旅行にかかる費用やそのサービスレベル、気をつけておきたいことなどをまとめてご紹介します!

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

イントラムス

13件

Fort Santiago

1

サンチャゴ要塞

かつての大軍事要塞

スペインの植民地だった時代に150年もの歳月をかけて建てられた壮麗なサンチャゴ要塞だが、現在ではフィリピンの国民的英雄ホセ・リサール記念館等がある一大公園となっている。罪人や捕虜の地下牢や刑務所として使用された悲しい歴史を持つ場所でもあるが、マニラ湾の景色を一望できる一大パノラマは必見で、マニラでもっとも重要な軍事拠点であった事もうなずける。 また、ホセ・リサールゆかりの品々が展示されている記念館もぜひチェックしておきたい場所だ。ホセ・リサールはスペインから独立を勝ち取る為に戦った英雄。処刑されるまでの2ヶ月余りを記念館の場所にあった独房に投獄されて、この場所から徒歩で処刑の地 (現在のリサール公園)に向かったといわれている。記念館にはリサールの身の回りの品や、ガラス壺に収められた打ち込まれた弾丸が残されている。

Manila Cathedral

2

マニラ大聖堂

フィリピンキリスト教徒の信仰の象徴

1981年にローマ法王ヨハネ パウロ 2 世が訪れた由緒ある大教会。 さかのぼれば1581年に最初の教会の建物が建てられたが、建築完成後20年を待たず1600 年に最初の教会が崩壊、その後倒壊を繰り返した。 1958年に再建されたのが現在の姿だ。

Manila Ocean Park

3

マニラ・オーシャン・パーク

多彩なアトラクションが魅力

2008年オープンのフィリピン初の水族館を中心とした海洋テーマパークだ。 オープン当初は工事中の施設が多く、アトラクションの数も少なく物足りなかったが、2015年現在では充実した施設を誇る。

スポンサーリンク

Rizal Park

4

リサール公園

アジア最大級の広大な公園

58 ヘクタールの敷地を持つ都市部の公園としてはアジア最大級の広大な公園で、蘭などの熱帯の花々が咲き乱れる美しい日本庭園、中国庭園や噴水、裸足で歩くと足つぼを刺激する石が埋め込まれた小道や子供が遊べる遊具などがあり、マニラ市民の憩いの場となっている。

San Agustin Church

サン・オウガスチン教会

世界遺産に選ばれたフィリピン最古の教会

16世紀後半イエズス会の宣教師の指揮によってマニラの植民地化がすすめられた際に、多くの教会と共にこのサン・オウガスティン教会も建てられた。 その後第二次世界大戦で同時期に建てられた教会が壊滅した中で、このサン・オウガスチン教会のみが唯一建設当時の姿を残しており(現在の建物は17世紀前半に建てられた)、マニラにある唯一の世界遺産になっている。

National Museum of Philippine

フィリピン国立博物館

英雄ホセ・リサールの作品もみられる

リサール公園内にあるフィリピン最大の博物館。 先史以前の考古学的な出土品から、フィリピン固有種を含む動植物などの自然学的展示、古典から現代アートまでの様々な分野の美術品など、フィリピンの文化の歩みを知ることができる。

Casa Manila

カーサ・マニラ博物館

植民地時代のスペイン人の豪奢な生活に触れる

スペイン植民地時代当時のスペイン人の邸宅を復元した建物。 3フロアにわたる広々とした部屋に豪華な調度品が美しくしつらえられたインテリアに女性のみならず男性の観光客も引き込まれる。

スポンサーリンク

Bahay Tsinoy

菲華歴史博物館

フィリピン華僑達の苦難に満ちた歩みを知る

スペイン時代植民地時代よりはるか昔のフィリピンでの中国人達の生活とその歴史を知ることができる博物館だ。 マゼランの大航海時代よりも何世紀も前、9-10世紀頃から中国とフィリピンとは貿易を行っており、中国からは絹や陶磁器、フィリピンからは海亀の甲羅や真珠の母貝などの取引があったといわれている。

Chinese Garden in Rizal Park

中国庭園

リサール公園に中国庭園がある理由

フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールが中国の血をひく人物だということは、日本ではあまり知られていない。 リサールは中華人民共和国福建省にある晋江市の名家の第22世代の子孫であり、 リサールの曽祖父の時代にフィリピンに移住した一族の歴史がある。

Japanese Garden in Rizal Park

日本庭園

リサール公園の中の日本庭園

フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールの名前から取った「リサール公園」の園内には、あまり知られていないが日本庭園がある。