カーサ・マニラ博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

カーサ・マニラ博物館
Casa Manila

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Casa Blanca Bldg, Cabildo St, Intramuros

LRT1号線 セントラルターミナル(Central Terminal)駅下車徒歩20分以上(タクシー利用をおすすめ)

料金

PHP75
学生はPHP50

営業時間

9:00-18:00

休業日

月曜

HP

-

Casa Manila
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

植民地時代のスペイン人の豪奢な生活に触れる

Casa Manila

スペイン植民地時代当時のスペイン人の邸宅を復元した建物。
3フロアにわたる広々とした部屋に豪華な調度品が美しくしつらえられたインテリアに女性のみならず男性の観光客も引き込まれる。

マニラの特徴として、ヨーロピアン家具ばかりではなく、中国やインドネシアなどの精緻なオリエンタル家具の数々にも注目したい。
最上階から順にリビングダイニング、寝室、オフィス・店舗スペースになっている。
よく観光客の間で話題に上るのは二人掛けのトイレで、並んでおしゃべりができるようになっている。
また、スペインらしく噴水が据えられたパティオ(中庭)の美しさも見事だ。
建物の中はミュージアムスペースとは別に、アンティークショップや土産物店、レストランもある。

見どころ

スペイン貴族のライフスタイルを垣間見る

スペイン植民地時代19 世紀中ごろに建設されたスペイン貴族の邸宅を復元したこの建物には、スペインらしくいわゆる「パティオ」中庭が作られている。
数多く残るフィリピンのコロニアル建築の中でもロマンティックで優美なスタイルの中庭で、特に女性に人気のスポットになっている。
当時のスペイン貴族の優雅なライフスタイルが想像できるよう、当時のスペイン人の風俗を模したコスチュームの係員の姿も楽しく、より一層雰囲気を盛り上げてくれる。
中庭からの2階への階段がカーサマニラ博物館の入り口になっている。
また、この博物館の休館日は月曜だが、休館日でも中庭には入ることができる。

編集部一押しの観光プラン

マニラ市内と避暑地タガイタイを効率的に巡るなら

  • マニラのお勧めツアー

    マニラで1日あったらコレ!タガイタイ&マニラ市内観光ツアー

    フィリピンを代表するマニラの避暑地タガイタイと、マニラ市内を日本語ガイドの案内で効率的に巡るプラン。世界最小の活火山や瑞々しいフルーツを堪能できるフルーツスタンドなど見どころ満載。1日でマニラを満喫できると評判が高い。

    ➡ 詳細はこちら

  • マニラ旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    カーサ・マニラ博物館へのアクセス

    Casa Blanca Bldg, Cabildo St, Intramuros

    LRT1号線 セントラルターミナル(Central Terminal)駅下車徒歩20分以上(タクシー利用をおすすめ)

    プラン相談

    どんなマニラ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内でマニラ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    マニラのホテルの夜景
    海外での防犯対策グッズ