サン・オウガスチン教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

サン・オウガスチン教会
San Agustin Church

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Gen. Luna St., Cor.Real St., Intramuros

LRT1号線 セントラルターミナル(Central Terminal)駅下車徒歩15分

料金

・教会
無料

・博物館
PHP100

営業時間

9:00-12:00、13:00-17:00

休業日

年中無休

HP

San Agustin Church
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

世界遺産に選ばれたフィリピン最古の教会

16世紀後半イエズス会の宣教師の指揮によってマニラの植民地化がすすめられた際に、多くの教会と共にこのサン・オウガスティン教会も建てられた。
その後第二次世界大戦で同時期に建てられた教会が壊滅した中で、このサン・オウガスチン教会のみが唯一建設当時の姿を残しており(現在の建物は17世紀前半に建てられた)、マニラにある唯一の世界遺産になっている。

教会内はバロック風建築の重厚な雰囲気で、スペイン初代総督レガスピが眠っている。
長い間、鮮やかな黄色に塗られた外観がトレードマークだったが、2013年の改装によりシックなグレーの外観に変わった。

教会に隣接したサン・オウガスチン博物館には、貴重な宗教画や司祭の礼服、各種行事用の道具類が展示されており、こちらも足を運んでおきたい。

見どころ

①優美なレリーフほか教会を彩る装飾の数々

教会内の礼拝堂では、精緻な装飾の祭壇やステンドグラスが、天井が、壁画など様々なバロック風装飾の数々を目にすることができる。
また、外壁やファサード、正門扉のレリーフ装飾にも注目したい。
幾多の災害をも乗り越えた頑丈さを誇る建物だが老朽化による破損はまぬがれないが、現在も学生ボランティアを中心に地道な修復活動が続けられている。

②数々の災害を乗り越えた石造りの要塞

本教会はスペイン統治時代にはマニラ市民の蜂起に備え、有事の際には立てこもることも可能なように要塞の機能も備えていたといわれている。
それが功を奏して先の大戦や、地震、家事などの自然災害にも大きな被害を受けることなく、16世紀建設当時の姿がそのまま残されている歴史的建造物として貴重な存在となっている。

編集部一押しの観光プラン

マニラ市内と避暑地タガイタイを効率的に巡るなら

  • マニラのお勧めツアー

    マニラで1日あったらコレ!タガイタイ&マニラ市内観光ツアー

    フィリピンを代表するマニラの避暑地タガイタイと、マニラ市内を日本語ガイドの案内で効率的に巡るプラン。世界最小の活火山や瑞々しいフルーツを堪能できるフルーツスタンドなど見どころ満載。1日でマニラを満喫できると評判が高い。

    ➡ 詳細はこちら

  • マニラ旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    サン・オウガスチン教会へのアクセス


    サン・オウガスチン教会への行き方としては個人で訪れる場合とツアーで訪れる場合の二通りがある。

    ■個人で訪れる場合
    ・ルート1 LRTセントラルターミナル(Central Terminal)駅からシクロで移動
    ・ルート2 LRTセントラルターミナル(Central Terminal)駅から郵便局前まで徒歩。そこからポートエリアまでのジプニーに乗車、サン・オウガスティン教会前まで移動

    ■ツアーで訪れる場合
    ツアー例(日本語ガイド付き半日プラン)
    ホテル送迎サービス付きでイントラムロスの中のサン・オウガスチン教会他見どころを回った後、マニラ大聖堂、チャイナタウンやスモーキングマウンテン車内から車窓見学とマニラの主要観光スポットを回る。
    ・9:00集合、13:00解散
    ・1名PHP4800など

    プラン相談

    どんなマニラ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内でマニラ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    マニラのホテルの夜景
    海外での防犯対策グッズ