マニラの観光スポット人気ランキング

特集

manila

【フィリピン】マニラのお勧め定番観光スポット10選

初めてマニラに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

コルディリェーラの棚田群

フィリピンの世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。フィリピンには全部で6つの世界遺産が登録されている。 フィリピンの観光スポットといえば、どうしてもマニラやセブを連想してしまいがちだが、それ以外の場所にも世界遺産登録された、古都や教会、美しい海があるのだ。 時間があれば、是非ともフィリピンの世界遺産にも足を運んでみたいところだ。

観光

144件

Muntinlupa

1

モンテンルパ

日本人が眠る土地

モンテンルパ市は、マニラから約30キロの距離にある日本人捕虜施設があった都市である。 第二次世界大戦に敗戦した後、フィリピンにいた17名の戦犯(諸説ある)が、ニュービリビット刑務所に収容されていたのは有名な話である。

Fort Santiago

2

サンチャゴ要塞

かつての大軍事要塞

スペインの植民地だった時代に150年もの歳月をかけて建てられた壮麗なサンチャゴ要塞だが、現在ではフィリピンの国民的英雄ホセ・リサール記念館等がある一大公園となっている。罪人や捕虜の地下牢や刑務所として使用された悲しい歴史を持つ場所でもあるが、マニラ湾の景色を一望できる一大パノラマは必見で、マニラでもっとも重要な軍事拠点であった事もうなずける。 また、ホセ・リサールゆかりの品々が展示されている記念館もぜひチェックしておきたい場所だ。ホセ・リサールはスペインから独立を勝ち取る為に戦った英雄。処刑されるまでの2ヶ月余りを記念館の場所にあった独房に投獄されて、この場所から徒歩で処刑の地 (現在のリサール公園)に向かったといわれている。記念館にはリサールの身の回りの品や、ガラス壺に収められた打ち込まれた弾丸が残されている。

Malacanang Palace

3

マラカニアン宮殿

移り変わるフィリピンの歴史を刻んできた宮殿

マラカニアン宮殿は、マニラにある大統領官邸である。 起源は1750年にさかのぼる。 当時スペインがまだフィリピンを占領していた頃、スペイン人貴族の夏の別荘地として建設された。

スポンサーリンク

Manila Cathedral

4

マニラ大聖堂

フィリピンキリスト教徒の信仰の象徴

1981年にローマ法王ヨハネ パウロ 2 世が訪れた由緒ある大教会。 さかのぼれば1581年に最初の教会の建物が建てられたが、建築完成後20年を待たず1600 年に最初の教会が崩壊、その後倒壊を繰り返した。 1958年に再建されたのが現在の姿だ。

Quiapo Church

キアポ教会

奇跡のキリスト像「ブラックナザレ」が守る教会

1582年にスペイン人宣教師たちの命によって建てられたキアポ教会は、奇跡の黒い木製のキリスト像「ブラックナザレで有名で、ダウンタウンのキアポ地区のシンボル的存在だ。 先の大戦時の火災にも焼けなかったといわれるブラックナザレに触れると奇跡が起こると信じられており、毎年1月9日にはブラックナザレのお祭りが行われ、フィリピン全土から人が集まる。

Rizal Park

リサール公園

アジア最大級の広大な公園

58 ヘクタールの敷地を持つ都市部の公園としてはアジア最大級の広大な公園で、蘭などの熱帯の花々が咲き乱れる美しい日本庭園、中国庭園や噴水、裸足で歩くと足つぼを刺激する石が埋め込まれた小道や子供が遊べる遊具などがあり、マニラ市民の憩いの場となっている。

San Sebastian Church

サン・セバスチャン教会

世界でも珍しい鉄骨作りバロック様式の教会

世界でも珍しい鉄骨で作られた教会だが、アーチで描かれた曲線が美しい典型的なバロック様式の教会内部の荘厳な雰囲気は他の大教会に引けを取らない。 地震の多いフィリピンでは教会の倒壊も珍しいことではなく、本教会も度重なる地震の被害から鉄骨建築のアイデアが出たとのことだ。

スポンサーリンク

Malate Church

マラテ教会

マニラの母親たたちを見守る聖母マリア

1762年のイギリスとスペインのマニラを巡る攻防では、イギリス軍の本拠地となった教会。 スペインに受け継がれるイスラム様式とバロック建築の影響を受け設計された教会のファサード(表玄関)は、実に荘厳で、マニラの敬虔なキリスト教徒たちの信仰の対象になっている。

San Agustin Church

サン・オウガスチン教会

世界遺産に選ばれたフィリピン最古の教会

16世紀後半イエズス会の宣教師の指揮によってマニラの植民地化がすすめられた際に、多くの教会と共にこのサン・オウガスティン教会も建てられた。 その後第二次世界大戦で同時期に建てられた教会が壊滅した中で、このサン・オウガスチン教会のみが唯一建設当時の姿を残しており(現在の建物は17世紀前半に建てられた)、マニラにある唯一の世界遺産になっている。

Coconuts Palace

ココナッツ・パレス

ヤシの木で建てられたゴージャスな迎賓館

1981年にローマ法王のマニラ訪問に合わせて建てられた豪華な迎賓館。 建物の建材に7割のヤシの木が使わているためこの名前で呼ばれている。