マリエン広場周辺

特集

ドイツの世界遺産

ドイツの世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。ドイツには40箇所の世界遺産が登録されている。 多くの世界遺産があるドイツ。仕事などで定期的に訪れている人を除いて、滅多にこれない国なので、なるべくたくさんの世界遺産に訪れたいものだ。

munich

【ドイツ】ミュンヘンの定番観光スポット10選。絶対外せないお勧め観光地を厳選!

初めてミュンヘンを訪れるなら外せない定番観光スポットを厳選してお届けする。どれもミュンヘンを代表する観光名所なので見逃さないようにしたいところ。 ミュンヘンはドイツで3番目に規模の大きい都市だが、メトロなどの交通機関が発達しているので楽に観光できる。 また、ミュンヘン郊外にも定番の観光スポットがあり、アクセスするのに少し時間がかかるため、旅の計画を事前に立てることが重要だ。まずはここで紹介する定番観光スポットを抑え、旅程を組み立てると良い。 各観光スポットを巡る際には美しい街並みにも注目だ。

フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室

【ミュンヘンのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地であるミュンヘンだが、一つエリアが変わると危険地区などもあるため注意が必要だ。また、観光エリアから離れたホテルを予約してしまうと、帰り時間を気にしてミュンヘンの夜を楽しむことができなくなってしまう場合もある。せっかくのミュンヘン旅行、ホテル選びに失敗して台無しなんてことはないようにしたい。この記事では、ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

munich food

ミュンヘンで食べられるドイツの名物料理10選!お勧めグルメ旅

ミュンヘンはバイエルン州の州都で、ビールの醸造所が多くあるビールの街。年に一度のビールの祭典、オクトーバーフェストが開かれることでも有名。そのためミュンヘンにはビールに合う料理がたくさん。レストランでゆっくり味わうのもいいし、屋台でスナックとビールを買い、店先で食べるのも楽しい。有名なソーセージのほか、ドイツパン、チーズ、ハムなどビールとともにバイエルン州ミュンヘンの魅力を存分に味わってはいかがだろう。

ミュンヘンのおすすめホテル

ミュンヘンのおすすめホテル15選【ドイツ】

ドイツの一大観光都市であるミュンヘンには素晴らしいホテルが沢山ある。土地柄、ホテルの敷地自体はこじんまりとしていることが多いが、街に溶け込んでいるような感じがしてそれも楽しみたいところ。立地に依って値段が大きく異なるが、立地と価格、サービスの面からおすすめできるホテルを厳選して紹介する。

ミュンヘン旅行の予算

ミュンヘン旅行の費用、予算とモデルプラン

旅行をする際に気になるのは費用ですよね。 ミュンヘン旅行をするのなら、だいたいどのくらいのお金があればよいでしょうか? 今回はミュンヘン旅行にかかる費用やそのサービスレベル、気をつけておきたいことなどをまとめてご紹介します!

ミュンヘンの旅

ミュンヘンの一人旅を満喫するお勧めスポットと危険注意事項

人気サッカーチーム、バイエルン・ミュンヘンの本拠地であり、見どころの観光スポットも多く存在するミュンヘン。 また、ドイツ国内でも特に治安が良く、観光のしやすさから、国内・海外を問わず訪れる人が多い。 この記事では、ミュンヘンを1人旅(女性の1人旅を含む)する時のオススメポイント、現地の人と交流できるスポット、その他危険情報や問題の対処方法などをまとめてご紹介したい。

ミュンヘン近郊の世界遺産

ミュンヘンから行ける世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。ミュンヘンから行ける世界遺産は全部で7つ。 ミュンヘンに来たら是非足を伸ばしてみたいところだ。

ミュンヘン

ミュンヘンのお土産 おすすめショップや購入のコツ!

旅の醍醐味の1つとも言えるお土産。 お土産選びは楽しい半面、どこで買えば良いのか、買う時に注意するべき点、どんなものが人気なのかなど、色々と考える事もあるかと思います。 そこで、本記事ではミュンヘンへ旅行する人向けに、オススメのお土産、最適なショップや、注意すべき点、お得な情報などをまとめてみました! お土産選び際には是非参考にしてみて下さい。

Munich plan

ミュンヘン旅行5泊7日の予算とモデルプラン

ここでは5泊7日のミュンヘン旅行の予算の目安を、費用重視の「最低予算」と、時間や利便性重視の「平均的予算」の2タイプに分けてご紹介。同じ5泊7日でも、GWや年末年始など混み合う時期かオフシーズンかで、飛行機代やホテル代が大きく変わってくる。 滞在期間がイースター休暇やクリスマスなどドイツ/バイエルン州の祝祭日に重なる場合は、ショップやレストラン、観光地などの休業情報や、交通機関の運行状況も確認しておこう。もちろん、訪れる時期ならではのイベントや期間限定スポットなどのチェックも忘れずに。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

classic

ミュンヘンでクラシック、オペラ、バレエを楽しもう!

本場ヨーロッパでクラシック、オペラ、バレエなどを楽しもう。 今回紹介する劇場での公演日程をチェックして、事前に簡単予約しよう。予約はすべて日本語で、予約チケットを印刷して持っていけばよいだけ! ミュンヘンレジデンツやニンフェンブルク城での贅沢な公演などもあります。要チェックです。

Frauenkirche

ミュンヘン観光情報【まとめ】

ミュンヘン観光にかかわる全情報、全知識を紹介します。ミュンヘンの魅力を知りたい方や旅行を考えている人は必見です。 ミュンヘンはドイツの中でも特に旅行先として人気が高く、年中観光客で賑わっています。魅力的な観光スポットと、安心して観光ができる治安の良さが人気の秘密。また、ミュンヘンはビールの街としても有名で毎年世界最大のオクトーバーフェストが開催されています。友達と、家族で、夫婦でと、シーンを選ばずどんな方にとっても有力な旅先候補であるミュンヘンの魅力を紹介します。

munich_couple

【ミュンヘン】カップルでの旅行や新婚旅行にお勧め!ロマンチックな観光スポット

カップルやハネムーンでのミュンヘン旅行にお勧めの観光スポットをまとめてお届け!海外は普段と勝手が異なり、どうしていいか悩んでいるカップルも多いのでは?ロマンチックな観光スポットからレストランまで、大切な方とミュンヘンで楽しく過ごせるスポットを厳選しました。

family_munich

【ミュンヘン】家族旅行にお勧め!子連れで楽しい観光スポットまとめ【シーン別お勧め】

お子さんと一緒に楽しめるミュンヘンの観光スポットを紹介します。子供を連れた海外旅行は何かと気を遣うもの。慣れない土地で不機嫌になってしまったり、迷子になったりしたら大変なので気を抜けないですよね。また、子供が楽しんでくれる観光スポットって実は大人とは異なるもの。 ミュンヘン観光において子供でも楽しめる観光スポットを厳選したので、ミュンヘンで家族旅行を計画する際の参考にしてみて下さい。

マリエン広場周辺

28件

Marienplatz

1

マリエン広場

ミュンヘンの心臓

マリエン広場に面して建つのがミュンヘン観光最大の見どころ、新市庁舎だ。新市庁舎に向かって立つと、左手にはフラウエン教会、カールス門、その先に中央駅を望む事ができる。右手に広がるのは旧市庁舎から始まるる旧市街だ。奥には王宮(レジデンツ)、オペラハウス、そして名門ミュンヘン大学が存在し、後方には市民の台所であるヴィクトアーリエン市場がある。まさしくミュンヘンの観光、政治、経済、文化の中心である事が分かるだろう。 広場にはカフェやレストランのテラス席がせり出し、ミュンヘン市民や観光客が思い思いの時を過ごしている。お土産屋さんも多く並んでいる。広場を散策していると、ミュンヘンが世界に誇るサッカークラブ、バイエルン・ミュンヘンのサポーターの歓喜の群れに出くわす事も珍しくない。夏にはビアガーデン、冬にはクリスマスマーケットが盛大に開かれる。 お昼頃に訪れるのがお勧めで、11:00と12:00(3月-10月は17:00も)に動き出す新市庁舎の仕掛け時計は見物だ。

Bayerische Staatsoper

2

バイエルン国立歌劇場

世界有数のオペラハウス

ミュンヘンを文化都市として押し上げてきた立役者がこのバイエルン国立歌劇場である。 1653年に創立、以後4世紀にわたって世界最高レベルのオペラを上演し続けてきた。 ミラノのスカラ座、ウィーン歌劇場と並んで、ヨーロッパ3大歌劇場と称される。 席数は2101席。

Frauenkirche

3

フラウエン教会

15世紀から変わらぬミュンヘンのシンボル

フラウエン教会は聖母教会を意味する。 13世紀に建築された古い教会に代わる形で、1468年にジギスムント公爵によって礎石が据えられた。 以前の教会の老朽化という理由だけではなく、ミュンヘンの人口の増加によってより大きなものが必要になったという理由があったようだ。 実際に建築が始められたのはその20年後の1468年、完成にはさらに20年を要した。

スポンサーリンク

Munich Residenz

4

ミュンヘン・レジデンツ

バイエルン王家ヴィッテルスバッハ家の本宮殿

旧バイエルン王国の王家ヴィッテルスバッハの本宮殿として使用されていたのが、「レジデンツ」だ。 ドイツ革命により王国が廃止された後、博物館や劇場として一般公開され、現在に至る。 王家の宮殿は1385年シュテファン3世の命で建設が始まり、その後ヴィッテルスバッハ家により増改築され、400年の歳月をかけて現在の姿になった。 建設に長い時間がかかった影響で、ルネサンス、ロココ、バロック、新古典主義の各様式が混在する建物となっている。

Dallmayr

ダルマイヤー

300年以上もの歴史を持つミュンヘンの高級デリカッセンの店

かつて、バイエルン王室の御用達だった、伝統的な高級デリカッセンの店として名を馳せるダルマイヤーの歴史は300年以上にも及ぶ。 日本でも有名な「ダルマイヤーコーヒー」や、3000種類以上ものバリエーションを誇る「ダルマイヤーティー」以外にもミュンヘンのダルマイヤーでは様々な高級食材を手に入れることができる。

Chiesa di Asam

アザム教会

バロック様式とロココ様式の小さな教会

アザム兄弟によって作られた、ミュンヘンの小さな教会が「アザム教会」だ。 正式名称は聖ヨハン・ネポムク教会だが、建てた二人の兄弟の名を取ったアザム教会で知られている。

Peterskirche

ペーター教会

ミュンヘンで最も古い教会

ミュンヘンで最も古い教会で、老ペーター(Alter Peter)という愛称で親しまれているのが「ペーター教会」だ。 最初に建造されたのは12世紀頃で、バジリカ・ロマネスク様式の教会として建造され、その後13世紀末にはゴシック様式に改装された。 現在の姿になったのは17世紀になってから。 幾度もの改装を経て、現在のさまざまな建築様式が混在しているペーター教会が造り上げられたのである。

スポンサーリンク

Neues Rathaus

新市庁舎

仕掛け時計が人気のネオゴシック様式建造物

仕掛け時計グロッケンシュピールで有名なミュンヘンの「新市庁舎」。 1867年-1909年にかけて建てられた、ネオゴシック様式の同市の市役所で、ミュンヘンの中心マリエン広場の一角に建てられている。 ネオゴシック様式とは、別名ゴシックリヴァイヴァル建築とも呼ばれるもので、18世紀後半から19世紀にかけてのゴシック建築の復興運動のことである。

Viktualienmarkt

ヴィクトアーリエンマルクト

ミュンヘン市民の生活感あふれる市場

マリエン広場南東にある活気あふれる市場が「ヴィクトアーリエンマルクト」だ。 市場というぐらいだから、朝早くから市場内の活動は始まる。 市場は夕方まで賑わっていて、ビアガーデンも開店する賑わいだ。 市場には季節の旬の食材からお土産品、チーズ、オリーブ、花や雑貨など、いろいろなものが広げられている。

Altes Rathaus

旧市庁舎

ミュンヘンを見守ってきた旧市庁舎

マリエン広場でひときわ目を引くのが新市庁舎だが、この広場にはもう一つ市庁舎が立っている。 新市庁舎に向かって右側にある、赤い三角屋根の建物が旧市庁舎だ。このシンプルな外観から、ネオゴシック様式の新市庁舎のほうが古いものと勘違いされやすいが、旧市庁舎の建築が始まったのは1310年。