バイエルン国立歌劇場の観光情報(予約・料金・行き方・営業時間)

バイエルン国立歌劇場
Bayerische Staatsoper

2018/03/15 更新

基本情報

住所

Max-Joseph-Platz 2, D-80539 Munich

路面電車19線ナチィオナールテアーター(Nationaltheater)駅 下車すぐ

料金

場内ツアーは€10
観劇チケットはプログラムによって異る
予約はこちら

営業時間

チケット売り場:
マールシュタル広場(Marstallplatz 5)
10:00-19:00

休業日

チケット売り場は日曜休業

HP

https://www.staatsoper.de/
ドイツ語、英語

Bayerische Staatsoper
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Bayerische Staatsoper

伝統と継承、そして印象的なレパートリーを柱に今日まで繁栄を続けるバイエルン国立歌劇場。ミュンヘンの文化都市としての地位を押し上げてきた立役者と言える世界有数のオペラハウスだ。ミラノのスカラ座、ウィーン歌劇場と並んで、ヨーロッパ3大歌劇場と称されている。

席数は2101席。1シーズンで30以上のオペラが上演され、人々を魅了し続けている。

歴史

1653年の創立以降、4世紀にわたって世界最高レベルのオペラを上演し続けてきている。歴代の国王が権威をかけて守り続けてきており、時代の異なる様々な偉大な作曲家たちに愛され、優秀な音楽家たちを輩出してきた。特にルートヴィヒ2世の時代には、彼がこよなく愛したワーグナーがこの歌劇場から数々の名作を世に出したことで有名だ。

歌劇場の建物は第2次世界大戦で崩壊したため、現在の歌劇場は1963年に再建されたものだ。

チェック

①マクシミリアン1世の銅像

Bayerische Staatsoper

バイエルン国立歌劇場がある広場の名前「マックス・ヨーゼフ広場」は、歌劇場を設立したマクシミリアン1世にちなんだもの。彼の銅像が広場の中央に鎮座しており、玉座から市民に手を振る姿を見ることができる。

マクシミリアン1世は、ナポレオンと同盟を組むことでバイエルンを守り、発展に貢献した王として、ルートヴィヒ2世と並んで現在でもミュンヘン市民に愛され続けている人物。1823年1月に歌劇場で火災が発生した際には、水路が凍結して消火活動が行えなかったため、ビールで火を消すように指示したというミュンヘンらしい逸話も残されている。

バイエルン国立歌劇場は王宮レジデンツに隣接するように建てられている。かつてヴィッテルスバッハ一族がここに住み、オペラを楽しんだ時代に思いを馳せてみよう。

②歌劇場内部

ギリシア神殿を模した白を基調とした建物は、外から見るだけでもその迫力に圧倒されるが、せっかくなら内部も見てほしい。一歩足を踏み入れると、ロビーから劇場まで続く豪華絢爛な佇まいに息を飲むはずだ。

場内ツアーもほぼ毎日開催されている。マールシュタル広場側、歌劇場の北エントランスから14:00に出発し、所要時間は約1時間。料金はひとり€10だ。チケットは隣接するオペラショップで購入するか、週末はガイドから直接買うことができるので、余裕があれば挑戦してみよう。

③オペラ観劇

バイエルン国立歌劇場では、オペラやクラシック音楽のコンサートなどを楽しむことが出来る。特に、レベルの高いバイエルン州立(国立)管弦楽団の演奏が聞けることが大きな特徴だ。ほぼ全てのプログラムで100%近い動員率を誇っていて、世界中で多くのオペラハウスが経済的に苦しむ中、バイエルン国立歌劇場は安定した利益を出し維持され続けている。ぜひ自身の目と耳で、受け継がれてきた伝統を感じてほしい。

観劇チケットは日本のチケットセンターでも買うことができるので、出発前に予約することをおすすめする。

座席表は以下のサイトから確認することができる。
座席表はこちら

公演スケジュールは以下のサイトから確認することができる。予約も以下のサイトから行える。
公演スケジュール・予約はこちら

旅のプロ直伝 バイエルン国立歌劇場観光のポイント

執筆者の旅工房コンシェルジュ、川畑志織さん
旅工房トラベル・コンシェルジュ
ドイツ担当
川畑 志織
提携パートナー
7月に開催されるオペラフェスティバルは、チケットが大変取りにくいため、早目のご予約がおすすめです。

オペラやバレエ鑑賞に際し、服装の決まりは特にありませんが、おしゃれに着飾った人や、女性はドレスを着ている人も見受けられます。せっかく豪華な劇場で非日常の世界を体験する機会。おしゃれな格好で臨んでみてはいかがでしょうか。

編集部一押しの観光プラン

ノイシュバンシュタイン城にスムーズにアクセス

  • ミュンヘンのお勧めツアー

    ノイシュバンシュタイン城&世界遺産ヴィース教会日帰り観光ツアー

    個人でのアクセスが不便なノイシュバンシュタイン城と、世界遺産ヴィース教会を1日で巡る効率的な日帰りプラン。料金はチケット代込みでスムーズに入城でき、散策時間がたっぷりあるのも嬉しい。日本語ガイドもわかりやすいと評判だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • ミュンヘン旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    バイエルン国立歌劇場へのアクセス

    Max-Joseph-Platz 2, D-80539 Munich

    ミュンヘンの中心部に位置し、周囲に主要な観光名所が集まっているため徒歩で散策できる。新市庁舎があるマリエン広場から徒歩5分ほど。ミュンヘン中央駅から直接アクセスする場合には、路面電車の停留所が歌劇場の目の前にあり便利だ。

    個人で訪れる場合

    ルート1:Tram(路面電車)
    ミュンヘン中央駅(Hauptbahnhof München)から19号線-ナチィオナールテアーター(Nationaltheater)
    停留所からすぐ

    ・乗車時間
    約8分
    ・予算
    大人片道€1.40
    ・電車時刻
    約10分間隔

    ルート2:地下鉄(Uバーン)利用
    ミュンヘン中央駅(Hauptbahnhof München)から地下鉄Uバーン4号、5号線-オデオン広場駅(Odeonsplatz)
    駅から徒歩約10分

    ・乗車時間
    約3分
    ・予算
    大人片道€1.40
    ・電車時刻
    約20分間隔

    ルート3:市内電車(Sバーン)利用
    (全線利用可)ミュンヘン中央(Hauptbahnhof München)-マリエン広場(Marienplatz)駅
    駅から徒歩約8分

    ・乗車時間
    約3分
    ・予算
    大人片道€1.40
    ・電車時刻
    約8分間隔

    ツアーで訪れる場合

    ツアー例:ミュンヘン旧市街半日ウォーキングツアーで€64-
    (日本語ガイド、レジデンツ入場券含む)

    プラン相談

    どんなミュンヘン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でミュンヘン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
    海外での防犯対策グッズ