ミュンヘン・レジデンツの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ミュンヘン・レジデンツ
Munich Residenz

2018/03/15 更新

基本情報

住所

Residenzstraße 1, 80333 München

地下鉄Uバーン4号、5号線Odeonsplatz駅下車徒歩5分

料金

・レジデンツ博物館
€7
学生は €6

・レジデンツ宝物館
€7
学生は €6

・両館コンビチケット
€11
学生は€9

※18歳以下は無料

営業時間

3月24日-10月21日は9:00-18:00
10月22日-3月23日は10:00-17:00
(入場は閉館1時間前まで)

休業日

1/1、カーニバルの火曜、12/24、12/25、12/31

HP

http://www.residenz-muenchen.de/index.htm
英語、ドイツ語、イタリア語

Munich Residenz
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Munich Residenz

ミュンヘン・レジデンツは、4つの博物館と劇場で構成されている。代表的なものが、「レジデンツ博物館」と「レジデンツ宝物館」だ。

「レジデンツ博物館」では、栄華を誇ったかつての王宮が見られるようになっている。金で装飾されたきらびやかな数々の部屋は、当時の王国の繁栄を物語る。

「レジデンツ宝物館」では、10世紀からの王家の宝物が見ることができる。宝石が散りばめられた王冠、金細工、金の装飾の剣などの宝物が展示されている。ウィーンのハプスブルク家にも劣らない、当時のバイエルン王国の栄華を垣間見ることができるスポットである。

ミュンヘン・レジデンツ内(入り口は博物館と別)にはプフェルツァー レジデンツ ワインシュトゥーベというワインレストランがあり、連日大賑わいとなっている。歴史ある場所でドイツワインとチーズやソーセージ等の郷土料理を楽しむことができる人気レストランなので、ミュンヘン・レジデンツ観光前後にタイミングがあえば立ち寄りたい。

歴史

旧バイエルン王国の王家ヴィッテルスバッハの本宮殿として使用されていたのが、「ミュンヘン・レジデンツ」だ。1385年シュテファン3世の命で建設が始まり、その後ヴィッテルスバッハ家により増改築され、400年の歳月をかけて現在の姿になった。建設に長い時間がかかった影響で、ルネサンス、ロココ、バロック、新古典主義の各様式が混在する建物となっている。ドイツ革命により王国が廃止された後、博物館や劇場として一般公開され、現在に至る。

チェック

①アンティクヴァリウム

Munich Residenz

レジデンツを訪れた多くの観光客の目をくぎ付けにするのが、緻密な装飾が施された奥行き69メートルもある大ホール「アンティクヴァリウム」だ。アンティクヴァリウム部分は、16世紀のアルプレヒト5世の時代に建造され、現存するレジデンツの中では最も古い部分だ。

美しい曲線のルネサンス様式の円天井には、色鮮やかで美しいフレスコ画が幾つも描かれている。さらにアンティクヴァリウムの側面には、アルプレヒト5世のコレクションだった古代の彫像が並んでいる。ひとつひとつ見るだけでも、かなりのボリューム。時間には気をつけよう。また、時間帯によっては見学できない場合もあるので、HPで事前にチェックはするとよい。

②祖先画ギャラリー

Munich Residenz

アンティクヴァリウムと並ぶ、レジデンツの見どころのひとつは王家の「祖先画ギャラリー」だ。ヴィッテルスバッハ家の子孫たちの肖像画が、飾られている回廊である。その数なんと約120枚にも上り、代表的なマクシミリアン2世や、ルートヴィヒ2世の肖像画ももちろん飾られている。また、回廊の至るところに美しい金の装飾が施されているので注目だ。

③宝物館

Munich Residenz

レジデンツ博物館と同じ入り口から、レジデンツ宝物館に入場することが出来る。宝物庫には、ヴィッテルスバッハ家が10世紀頃から集めていた1250点ほどの金銀財宝が展示されている。

輝く宝石が散りばめられた王冠にはじまり、きらめく金細工、宝剣、金の笏、クリスタルガラス、象牙細工など数ある宝物に目もくらむ。数ある宝物の中でも、「王妃ギーゼラの十字架」、「騎士聖ゲオルグの彫像」、「バイエルンの王冠」は必見だ。6世紀にミラノで作られた壺や、モスクワで作られたイコンなどの、世界中から集められたコレクションも目立つ。バイエルン王国に君臨し続けた、ヴィッテルスバッハ家の権力のほどを物語る宝物館である。

編集部一押しの観光プラン

モーツァルトも演奏した礼拝堂で生演奏を鑑賞

  • 礼拝堂でコンサートを満喫できるプラン

    レジデンツ宮殿礼拝堂コンサート&ディナー

    モーツァルトも演奏したレジデンツ内の礼拝堂でクラシックコンサートを鑑賞、本格的なドイツ料理のディナーも味えるロマンチックなプランだ。純粋な見学よりはるかに貴重な経験ができる。宮殿博物館の入場チケット付き。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のミュンヘン・レジデンツ現地ツアーはこちら

    旅のプロ直伝 ミュンヘン・レジデンツ観光のポイント

    執筆者の旅工房コンシェルジュ、藤田結香さん
    旅工房トラベル・コンシェルジュ
    ドイツ担当
    藤田 結香
    提携パートナー
    レジデンツは外観こそシンプルですが、中に入ってみるとその豪華さと広大さに驚かされます。

    中でも、かつての王宮の内部がそのまま見られるようになっている「レジデンツ博物館」は豪華絢爛です。あたり一面に施された黄金に輝く装飾は、バイエルン王の贅沢な暮らしを彷彿させ、優雅な気分に浸れます。館内は自由に写真撮影できるのも嬉しいポイントです。

    レジデンツは「バイエルン城巡りチケット」の対象ですので、お城巡りがお好きな方は、こちらのチケットを購入するとお得に観光できます。

    ミュンヘン旅行者の必読記事

    30%以上SALE情報のまとめ

    磐梯熱海温泉 離れの隠れ宿 オーベルジュ鈴鐘
    飛行機 【約30%お得】福島県磐梯熱海温泉の最高級宿が、今だけポイントバック!ゆったりとした部屋風呂付きの完全プライベート離れを2万1千円- キャンペーン期間: 5月18日 〜 10月31日
    ホテル浜比嘉島リゾートのテラス
    ホテル 【約30%お得】楽天トラベルにて、沖縄のリゾートホテル「ホテル浜比嘉島リゾート」が、実質大人一名6,300円~ キャンペーン期間: 3月16日 〜 9月30日
    アルモニーサンクホテルの画像
    ホテル 【約30%お得】福岡県小倉の高評価ホテルが今だけ高ポイント還元。実質大人一名4,600円~ キャンペーン期間: 12月21日 〜 9月30日

    アクセス・入場

    ミュンヘン・レジデンツへのアクセス

    Residenzstraße 1, 80333 München

    マリエン広場からわずか350メートルほどの場所にある。

    ミュンヘン中央駅から、SバーンUバーントラムと、多くの交通手段を使って行くことができ、時間もさほどかからない場所だ。半日ウォーキングツアーなども行なわれているが、ツアー料金にはレジデンツの入場料は含まれていないことがあるので要注意。

    レジデンツ宝物館では、英語のオーディオガイドを借りることもできるので、個人で行く場合は借りて楽しむことも良いかもしれない。

    個人で訪れる場合

    ルート1
    ミュンヘン中央(München Hauptbahnhof)駅からSバーン1-4号、6-8号線-マリエン(Marienplatz)駅
    ・時間は乗車時間8分、駅から徒歩約10分
    ・予算は大人片道€2.60(ゾーン1)

    ルート2
    ミュンヘン中央(München Hauptbahnhof)駅からUバーン3、4、5、6号線-オーデオンシュ(Odeonsplatz)駅
    ・時間は乗車時間約13分、駅から徒歩約5分
    ・予算は大人片道€2.60 (ゾーン1)

    ルート3
    ミュンヘン中央(München Hauptbahnhof)駅からトラム19番-ナツィオナルテアター(Nationaltheater)駅
    ・時間は乗車時間15分、駅から徒歩約3分
    ・予算は大人片道€2.60 (ゾーン1)

    ツアーで訪れる場合

    日本語ガイドと回るミュンヘン半日ウォーキングンツアー(送迎なし)など
    ・時間はマリエン広場9:45集合、13:00解散など
    ・予算は大人 €69(チップ、日本語ガイド、ルートヴィヒ2世の霊廟入場料付き)など

    プラン相談

    どんなミュンヘン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でミュンヘン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
    海外での防犯対策グッズ