アザム教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

アザム教会
Chiesa di Asam

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Sendlinger Str. 32, 80331 München

Sバーン1号-4号線、6号-8号線
地下鉄Uバーン3号、6号線マリエン広場(Marienpl.)駅から徒歩5分

料金

無料

営業時間

月曜-木曜は7:30-18:00
金曜は12:00-18:00
土曜は8:00-19:00
日曜は8:00-15:00

休業日

年中無休
教会礼拝堂は、宗教行事中、入場不可

HP

Chiesa di Asam
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

バロック様式とロココ様式の小さな教会

アザム兄弟によって作られた、ミュンヘンの小さな教会が「アザム教会」だ。
正式名称は聖ヨハン・ネポムク教会だが、建てた二人の兄弟の名を取ったアザム教会で知られている。

18世紀初頭に設計、建築されたこの教会は、もともとは自分たちのための教会としてアザム兄弟が建てたもの。
荘厳で豪華な内装、数多くの壁画や彫刻、しっくい装飾が特徴的な建築物だ。
内部の天井には、コスマス・ダミアン・アザムが描いたフラスコ画も見ることができる。
内部は3つの階に分かれていて、色合い、装飾、照明それぞれに違いがあり、こだわりをもって建てられた教会である。

ミュンヘンで最もおしゃれなショッピングエリアの、センドリンガー通りに位置する場所にある。

見どころ

バロック様式の内部装飾

アザム教会を建築したアザム兄弟は、バイエルンで建築、絵画、彫刻、スタッコ装飾を共同で取り組んでいた兄弟だ。
そんな兄弟が手掛けた教会は、後期バロック様式で建てられたことで知られている。

バロック建築とは、1590年頃から盛んになった建築様式のことである。
彫刻や絵画を含めて、複雑さや多様性を示すことを特徴としている。
このアザム教会の内部も、装飾と多くの曲線で埋め尽くされ、複雑なバロック様式を見ることができる。

編集部一押しの観光プラン

ノイシュバンシュタイン城にスムーズにアクセス

  • ミュンヘンのお勧めツアー

    ノイシュバンシュタイン城&世界遺産ヴィース教会日帰り観光ツアー

    個人でのアクセスが不便なノイシュバンシュタイン城と、世界遺産ヴィース教会を1日で巡る効率的な日帰りプラン。料金はチケット代込みでスムーズに入城でき、散策時間がたっぷりあるのも嬉しい。日本語ガイドもわかりやすいと評判だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • ミュンヘン旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    アザム教会へのアクセス

    Sendlinger Str. 32, 80331 München
    Sバーン1号-4号線、6号-8号線
    Uバーン3号、6号線マリエン広場(Marienpl.)駅から徒歩5分

    プラン相談

    どんなミュンヘン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でミュンヘン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
    海外での防犯対策グッズ