フラウエン教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

フラウエン教会
Frauenkirche

2017/11/26 更新

基本情報

住所

Frauenplatz 12, 80331 München

ミュンヘン中央駅から電車で2駅Marienplatz下車

料金

入場料は無料
南塔に上るには、一般は3€、学生は1.50€

毎週火曜、木曜、日曜にガイドツアー開催(2015年9月末まで)
14:00にパイプオルガンの下に集合すればガイドツアーに参加出来る。
参加費は6€

営業時間

7:00-19:00
木曜は7:00-20:30
金曜は7:00-18:00
ミサの時間は入り口までの入場

休業日

年中無休

HP

Frauenkirche
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

15世紀から変わらぬミュンヘンのシンボル

Frauenkirche

フラウエン教会は聖母教会を意味する。
13世紀に建築された古い教会に代わる形で、1468年にジギスムント公爵によって礎石が据えられた。
以前の教会の老朽化という理由だけではなく、ミュンヘンの人口の増加によってより大きなものが必要になったという理由があったようだ。
実際に建築が始められたのはその20年後の1468年、完成にはさらに20年を要した。

赤いレンガを用いた後期ゴシック様式の建物は、長さ190メートル、幅40メートル。
ミュンヘンのシンボルとしてそびえたつ2つの塔は、北塔が99メートル、南塔が100メートルという高さで、カメラに全体像を収めるどころか、見上げても最上部まで見えないほどの規模である。

内部の回廊には多くの礼拝室が作られ、バイエルンを長く統治したヴィッテルスバッハ家の王族たちの棺が置かれている。

第2次世界大戦中には屋根が落ちるなど大きな被害を受けたが、現在まで何度も修復を重ね、維持されている。

見どころ

①バイエルン中の教会がこぞって真似した、タマネギ型の屋根

Frauenkirche

この教会で目を引くのは何といっても空に向かってそびえたつ、タマネギ頭の2つの塔である。
フラウエン教会の建築された際には、資金面の問題で上部の丸屋根をつくることは予定されていなかった。
教会が完成した37年後の1525年に、塔を保護する目的で当時流行していたルネサンス様式の屋根を増築することが決定された。

4月-10月は南塔にエレベーターで上ることができ、天気がよければアルプスまで見渡すことができる。
ミュンヘン中心部に位置し、周囲には歴史的建造物が多くフラウエン教会が最も背が高い。
それゆえ、遮るものなくミュンヘン市街を一望できるフォトスポットでもある。
風が強いので防寒対策と、手荷物を飛ばされないように注意が必要だ。(2015年、南塔修繕工事のため閉鎖中)

②悪魔の足跡

Frauenkirche

教会に入るとすぐの床のタイルに、中央の祭壇に向かってひとつの足跡が付いているのを見つけることができるだろう。
これは悪魔の足跡と呼ばれ、フラウエン教会の完成の完成直後に悪魔がここを訪れたときに残したものという伝説がある。

建築家のイェルク・フォン・ハルスバッハはこの教会を建てるにあたって悪魔の協力を得たと言われる。その時に悪魔から出された条件が「教会に窓をつくらないこと」。
教会内は22本の白い柱が2列に並んで立っており、両側は側廊となっている。
この足跡の上に立つとわかるが、これらの柱が左右に並ぶ様が壁のように見え、この位置からは窓が全く見えないようになっているのだ。
「教会に窓がないなんて」と勝ち誇った悪魔は上機嫌で自分の足跡を残した。
しかしそこから1歩踏み入れた途端に両側の窓から光が差し込み、悪魔は逃げるように帰って行った。

塔の上に今でも強く吹き続ける風は、治まらない悪魔の怒りとも言われているので気を付けよう。

編集部一押しの観光プラン

宮殿観光から街歩き、食べ歩きまで網羅した贅沢な散策を

  • フラウエン教会や新市庁舎など、見どころ満載のミュンヘンの旧市街を歩いて散策

    レジデンツ入場&旧市街&市場で食べ歩き 半日ウォーキングツアー

    日本語ガイドとミュンヘン・レジデンツを見学、その後はフラウエン教会や新市庁舎など見どころいっぱいのミュンヘン旧市街を散策し、青空市場で食べ歩き。ミュンヘンの歴史から台所までカバーした、土地勘を掴むのにも丁度良いプランだ。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のミュンヘン現地ツアーはこちら

    旅のプロ直伝 フラウエン教会観光のポイント

    執筆者の旅工房コンシェルジュ、川畑志織さん
    旅工房トラベル・コンシェルジュ
    ドイツ担当
    川畑 志織
    提携パートナー
    フラウエン教会(聖母教会)は、イエス・キリストの母である聖母マリアへ捧げられた教会の名称で、他にはドレスデンやニュルンベルクにあるものが有名。ミュンヘンにある他の教会に比べると、少し控えめな装飾と明るい堂内が特徴的です。塔の上は風が強いので、帽子やサングラスなどは必ず鞄に入れてご観光ください。

    ミュンヘン旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    フラウエン教会へのアクセス

    Frauenplatz 12, 80331 München

    市の中心部に位置し、2つの塔は遠くからも見えるので迷わず行くことができる。
    ミュンヘン観光の際には必ず訪れるであろうカールス門マリエン広場の間にあるので、ミュンヘン中央駅を起点とする場合は歩いて行くことをおすすめする。

    カールス門からは徒歩で約5分、マリエン広場からは約3分。
    中央駅からは徒歩10分ほど。

    ミュンヘン空港から行く場合には中央駅に向かう電車(Sバーン)が最寄り駅(マリエン広場)を通るので、そこで下車すると良い。

    個人で訪れる場合

    ルート1
    ミュンヘン空港(Flughafen München)駅からSバーン1号、8号線-マリエン広場(Marienplatz)駅
    駅から徒歩約2分。

    ・乗車時間
    S1線は50分、S8線は40分。
    ・予算
    大人片道で10.80€
    ・電車時刻
    約10分間隔

    ルート2
    ミュンヘン中央駅(München Hauptbahnhof)からSバーン全線-マリエン広場(Marienplatz)駅
    駅から徒歩約2分。

    ・乗車時間
    3分
    ・予算
    大人片道で1.40€
    ・電車時刻
    約3分間隔

    ルート3
    ミュンヘン中央駅(München Hauptbahnhof)から路面電車Tram19号線-テアティーナーシュトラーセ(Thetinerstraße)駅
    停留所から徒歩約3分。

    ・乗車時間
    6分
    ・予算
    大人片道1で.40€
    ・電車時刻
    約10分間隔

    ツアーで訪れる場合

    ツアー例(ガイド付き半日プラン)
    マリエン広場に9:45集合、13:00解散など
    ・大人€69(ミュンヘン市街日本語ガイド、ミヒャエル教会地下霊廟入場券付き)ほど

    プラン相談

    どんなミュンヘン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でミュンヘン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
    海外での防犯対策グッズ