ミュンヘン旅行5泊7日の予算とモデルプラン

2018/08/09 更新

ここでは5泊7日のミュンヘン旅行の予算の目安を、費用重視の「最低予算」と、時間や利便性重視の「平均的予算」の2タイプに分けてご紹介。同じ5泊7日でも、GWや年末年始など混み合う時期かオフシーズンかで、飛行機代やホテル代が大きく変わってくる。 滞在期間がイースター休暇やクリスマスなどドイツ/バイエルン州の祝祭日に重なる場合は、ショップやレストラン、観光地などの休業情報や、交通機関の運行状況も確認しておこう。もちろん、訪れる時期ならではのイベントや期間限定スポットなどのチェックも忘れずに。

最低予算約120,000円のモデルプラン

  • 飛行機代70,000円-100,000円

    できる限り費用を抑えたい場合、フライトはウィーン、モスクワ、アブダビなどを経由する乗継便になる。安さが魅力の乗継便だが、直前になると高額になる場合もあるので、日程が決まったら早めに予約をしておきたい。時期により60,000円台のフライトが見つかることも。通常行きは同日着だが、出発時間や乗継時間の関係で到着が翌日になる場合は、ホテルのチェックイン日に注意しよう。
    ※長期休暇シーズンには、飛行機代はオフシーズンの2倍程度になる。

    ホテル代20,000円-40,000円

    ミュンヘンには中心部に近いところにも1泊4,000円台-7,000円台の低価格ホテルがある。少し離れるところでも、トラムやUバーンの駅から遠くなければそれほど不便は感じない。
    ※長期休暇シーズンには、低価格ホテルの宿泊費はオフシーズンより多少高めの設定になる。

    飲食代25,000円-40,000円

    飲食代を節約したい場合はカフェやマーケット、「レバーケーゼ(Leberkäse)」やホットドッグのスタンドが強い味方。3食外食となると1日5,000円は見ておきたい。ミュンヘン伝統の朝食「ヴァイスヴルスト (Weißwurst)」とプレッツェルに白ビールを試してみるのもいいだろう。
    「ズィクル」はリーズナブルに伝統的なドイツ料理が楽しめると人気。ディナータイムより価格設定もお手頃なランチタイムにレストランで食事をして、夜は軽めにするのも1つのアイディア。

  • 平均的予算約240,000円のモデルプラン

  • 飛行機代100,000円-130,000円

    到着した初日からめいっぱいミュンヘンを満喫したいなら、フライトは直行便(羽田空港から)または出発/到着時間に無理がなく乗継時間が短い乗継便を利用したい。料金は高めになるが、時間を有効に使えるのが魅力。直前になるとオフシーズンでも高額になることがあるので、2-3か月前には予約を済ませておこう。※長期休暇シーズンには、飛行機代はオフシーズンの2倍程度になる。

    ホテル代45,000円-70,000円

    主要観光地へのアクセスが良い中心部の三つ星/四つ星ホテルは、1泊9,000円-14,000円前後のところが多い。
    ※長期休暇シーズンには、中/高級ホテルの宿泊費はオフシーズンより多少高めの設定になる。

    飲食代50,000円-80,000円

    美しく盛り付けられた話題のバイエルン料理が味わえる「シュワッツレイター タゲスバー&レストラン」は、食事と飲み物で1人15,000円-30,000円ほど。「ブローディング」では、1人10,000円-20,000円でこだわりのドイツ料理とオーストリアワインが楽しめる。
    高級レストランへ行く場合は、予約が必要かどうかに加え、ドレスコードのチェックも忘れずに。イースターやクリスマスなどは休業や特別メニューのみの提供となる店舗もあるので、事前に確認しておくようにしよう。

  • とりあえずホテルを予約してみては?

    後悔しないホテルの選び方

    少しでも旅行の可能性があるのであれば、とりあえずホテルを予約しておこう。飛行機は直前でも予約できる場合があるが、人気ホテルは半年前には埋まり始める。一部の例外を除いて、基本的に直前までキャンセルは無料なので仮押さえしておいて損はない。

    これまで70カ国以上を旅した経験を持つHowTravel編集部がお勧めする、ホテル選びにおける要チェックポイントは、「立地」と「口コミ」と「料金」の三つだ。

    まず第一に検討すべきはホテルの立地だ。ホテル自体の評価が悪くない場合でも周辺の治安や観光地へのアクセスが良いとは限らない。

    次にチェックすべきなのは口コミと価格だ。観光の拠点に最適なエリアで、自分の予算に合った口コミ高評価ホテルを見つけられれば、最高の旅行は半分約束されたようなものだ。

    なお、数あるホテル予約サイトの中でも、エリアにこだわるのであればBooking.comが圧倒的に探しやすい。地図上からホテルを探すことができるため、是非活用して欲しい。またBooking.comは世界最大のホテル予約サイトでもあるので、取扱件数・口コミ・信頼性どれもこれ以上はない。

    ➡Booking.comの公式ページはこちら
    ※PCの場合はリンク先ページ中ほど左の地図をクリック。スマホであれば「検索」ボタンをタップしてから「地図」ボタンをタップ

    必見情報 -ホテル代16%割引-
    Booking.comカード」という超お得なクレジットカードがある。

    普段の買い物で1%、Booking.comのホテル宿泊で5%のポイントが貯まるのに加えて、カード入会先着5万人限定でGenius会員にアップグレードされ、宿泊施設が10%オフになるなどの特典を受けることができる。合計すると驚きの16%割引を受けることができる。既にホテルを予約済みの場合でも、一度キャンセルして予約し直すというのも十分アリな割引率だ。

    ➡Booking.comカードの詳細はこちら

    (Photo by Marco Wiedmannsanfamedia.comjay.tong)

    人気記事

    フィヤー・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキーの客室
    【ミュンヘンのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集