スポンサーリンク

Country

オーストリア

Population

1,800,000

Language

ドイツ語

Exchange

EUR 1 = JPY 118.76
JPY 100 = EUR 0.84
※ 2017/2/28 2:07 更新

ウィーン観光スポット・旅行の無料データガイドブック

ウィーンの観光スポットガイド

HowTravelはオーストリアウィーンの観光スポット情報を無料でお届け!ウィーンの情報をまとめて解説!旅程の計画準備から当日のガイドまで、旅行のことならHowTravelにお任せ!

City Summary

ドナウ川の畔で中世から栄え、歴史ある美しい街並みが世界中からの旅行者を魅了する「音楽の都」ウィーン。ウィーン歴史地区と、ハプスブルグ家の離宮「シェーンブルン宮殿」、世界初の山岳鉄道「ゼメリング鉄道」はオーストリアが誇る世界遺産。 旧市街には世界三大歌劇場の1つ「ウィーン国立歌劇場」や豪華なバロック建築の「ベルヴェデーレ宮殿」、ウィーン・フィルの本拠地「ウィーン楽友協会」、絶景も望める荘厳な「シュテファン寺院」など数々の見逃せない観光スポットが。「ホーフブルク宮殿」の王宮礼拝堂では、ウィーン少年合唱団の歌声が響くミサも行われる。

特集

観光

283件

Schloss Schonbrunn

1

スポンサーリンク

エンタメ

215件

Wiener Staatsoper

1

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ショッピング

101件

Manner Stephansplatz

1

グルメ

2409件

Hill Restaurant

1

ウィーンの基本情報


  • 晴れ、曇りなどの天気のアイコン

    "気候

    ウィーンは日本と比べて過ごしやすい気候だ。真夏でも25度程度までしか気温が上がらない。冬場は東京よりも冷え込みが厳しく、まれに氷点下まで下がることもある。冬場に訪れる際はしっかりとした防寒対策を整えておきたい。

    >>詳細を知る

  • 時計のアイコン

    "時差・サマータイム

    ウィーンと日本との時差は-8時間。日本が正午の時はウィーンでは午前4:00となる。3月の最終日曜午前2:00から10月の最終日曜午前3:00までサマータイムが適用され、この期間は通常より時間が1時間進み、ウィーンと日本の時差は-7時間となる。

    >>詳細を知る

  • 飛行機のアイコン

    "フライト時間

    1都市経由する便で13時間40分ほど

  • 通貨のアイコン

    "通貨

    オーストリアの通貨はユーロ(€)で、コインはセント(¢)。

    紙幣は、€500、€200、€100、€50、€20、€10、€5の7種類。硬貨は、1¢、2¢、5¢、10¢、20¢、50¢、€1、€2の8種類。

    >>詳細を知る

  • 税金のアイコン

    "税金

    ウィーンの付加価値税(VAT)は10%-20%で、基本的には商品価格に含まれている。還付制度があるので、ショッピングしたら免税手続きをとりたい。

    >>詳細を知る

  • コインのアイコン

    "チップ

    レストランの会計にサービス料が含まれていない時は料金の10%ほど。
    タクシーは、料金の10-15%ほど。

    >>詳細を知る

  • 手錠のアイコン

    "治安

    ウィーンはヨーロッパの諸都市に比べると安全という認識があったが、シリア難民問題以降、治安の悪化が懸念されている。観光客に紛れたスリなどの軽犯罪に特に注意しよう。

    消防署は122、警察は133、救急車は144

  • 天秤のアイコン

    "規則

    日本と同じ感覚でいて問題ない

  • 祝祭日のアイコン

    "祝祭日

    1/1、1/6
    3/27-3/28
    5/1、5/5、5/15-5/16、5/26
    8/15
    10/26
    11/1
    12/8、12/25、12/26

  • 営業中、を示すアイコン

    "営業時間

    ・銀行
    月曜-水曜、金曜は9:00-15:00ごろ
    木曜は9:00-17:30
    土曜、日曜、祝日は休業

    ・ショップ
    月曜-金曜は10:00-18:00ごろ
    土曜は9:00-13:00ごろ
    日曜、祝日は休業が多い

    ・レストラン
    11:30-14:00、17:30-22:00ごろ

  • パスポートのアイコン

    "パスポート

    滞在日数に加えて3ヶ月以上の有効残存期間が必要。

    シェンゲン協定国入国から滞在期間が3ヶ月以内であればビザは不要。

    >>詳細を知る

  • 電話のアイコン

    "電話

    ・ウィーンに日本から電話する場合
    国際電話のオーストリアの識別番号は43。001(国際電話識別番号) + 43 + XXX + XXX + XXXX

    ・日本にオーストリアから電話する場合
    日本の国番号は81。001(国際電話識別番号) + 81 + XX + XXX + XXXX (市外局番の最初の0を除く)
    ※東京の場合(0081-3-XXXX-XXXX)

    >>詳細を知る

  • 電圧のアイコン

    "電圧・プラグ

    オーストリアの電圧は230Vで周波数は50Hzとなっており、日本の100Vの電化製品を使うためには変圧器が必要。

    電源プラグの形状はプラグが先の丸い2つのピンがついているCタイプが主流。一部SEタイプのプラグもあるが、Cタイプの変換機で対応可能だ。

    >>詳細を知る

  • 水道水のアイコン

    "飲料水

    水道水は日本と同じように問題なく飲める。オーストリアの水はとても清潔で美味しいことで有名。アルプスからひかれたおいしい水を楽しむことができる。

  • アクセス・交通のアイコン

    "交通機関

    ウィーンの市内には、メトロとトラムが張り巡らされており、観光の足として便利に利用することができる。また、メーター性の理解し易いタクシーも走っているので、短い距離の移動に便利だ。

    >>詳細を知る

  • 見逃せない!ウィーンの代表的な観光スポット!

    10位:ウィーン市庁舎

    • Wiener Rathaus

      "ウィーン市庁舎

      ウィーン市の自治と自立を体現する美しい市庁舎

      ウィーン市庁舎は、フリードリヒ・シュミット広場に位置するウィーン市の市役所だ。かつてウィーン市を囲っていた城壁を取り壊し、環状道路を設置したリンクシュトラーゼの再開発時に建てられたものであり、リンク沿いの建物の多くがオーストリア帝国主導のもと建築された中、珍しいウィーン市主導の建築物だ。

      この記事を詳しくみる>>

    9位:ビラ

    • Billa

      "ビラ

      ウィーンの大手チェーンスーパー

      ウィーンを歩いていると至るところにお目見えする、大手スーパーチェーンのビラ。地元の客はもちろんのこと、夜遅くまで営業していてロケーションも良いことから観光客にも人気である。店内には生鮮食材からパン、チーズ、ハムなどの加工食品など品揃えも多い。

      この記事を詳しくみる>>

    8位:ウィーン楽友協会

    • Gesellschaft der Musikfreunde in Wien

      "ウィーン楽友協会

      200年の歴史を持つクラシック・ホール

      楽友協会は、ウィーンに存在するクラシック音楽関連団体の本部が置かれる建物だ。3つの音楽ホールと3つの多目的ホール、リハーサル用のホールを備え、クラシック音楽の演奏ホールとして非常に有名であり、「楽友協会」という言葉で、ホールの事を指す場合もある。

      この記事を詳しくみる>>

    7位:シュテファン寺院

    • Stephansdom

      "シュテファン寺院

      ウィーンのシンボル、ゴシック様式の大聖堂

      シュテファン寺院はウィーン旧市街の真ん中にそびえるゴシック様式の大聖堂。ユネスコの世界遺産にも登録され、古く美しい街並みを誇るウィーンのシンボルであり、観光スポットとして外せない教会と言える。

      この記事を詳しくみる>>

    6位:マンナーショップ

    • Manner Stephansplatz

      "マンナーショップ

      ウィーンといえばマンナーのウエハース

      ウィーンのお土産で絶対的人気を誇るマンナーのウエハース。ピンクのかわいいラッピングが目印で、ウィーンのスーパーなどでもよく見かける定番お菓子。シュテファン寺院のすぐ近くにあり、ピンクの看板とショーウィンドーがひときわ目を引く。店内の装飾もピンクに統一してあり、専門店とあって種類も量も豊富な品揃え。

      この記事を詳しくみる>>

    5位:アウガルテン

    • Augarten

      "アウガルテン

      ウィーン少年合唱団の本拠地がある美しい公園

      アウガルテンは、ウィーンの中心部から北に少し離れた位置にある、大きな公園だ。ウィーン・リンクとは、ドナウ運河を挟んだ反対側に位置する。公園内にはさまざまな施設が建設されており、その中でもアウガルテン宮殿が有名だ。広い庭園の緑が白い壁に映える、端正な印象の建物だ。

      この記事を詳しくみる>>

    4位:ベルヴェデーレ宮殿

    • Belvedere

      "ベルヴェデーレ宮殿

      英雄が住んだバロック宮殿と豪奢な庭園

      ベルヴェデーレ宮殿は、ウィーンのバロック建築を代表する豪奢なバロック宮殿だ。ここはもともと、オイゲン公というウィーンの英雄が住む宮殿だった。オイゲン公はオスマン・トルコのウィーン包囲の際に大活躍し、ウィーンの危機を救った。さらに、トルコに支配されていたブダペストやベオグラードの解放にも成功するなど、軍事の天才であったという。

      この記事を詳しくみる>>

    3位:ホーフブルク宮殿

    • Hofburg

      "ホーフブルク宮殿 (王宮)

      オーストリア皇帝が住んだ豪奢な宮殿

      ウィーン・リンクの中央部、まさにウィーンの中心にそびえるのがホーフブルク王宮だ。長い歴史とともに増改築が繰り返され、豪奢な建物と庭園とが広がる広大な建築物となっている。ハプスブルグ家の王宮として長く使われ、神聖ローマ帝国時代からオーストリア・ハンガリー帝国までの皇帝の居城となった。現在でも、オーストリア連邦大統領の公邸として使用されている。

      この記事を詳しくみる>>

    2位:ウィーン国立歌劇場

    • Wiener Staatsoper

      "ウィーン国立歌劇場

      ウィーンが世界に誇る歌劇場

      トラム・メトロの「Oper(オーパ)駅」を降りると、正面にそびえる大きな建物。これが、ウィーンが世界に誇る歌劇場、「ウィーン国立歌劇場」だ。世界的にも有名な歌劇場であり、全世界からオペラファンが集まる。古典の名作から近現代のオペラ、さらには初心者や子供も楽しめるプログラムなど、枠にとらわれない幅広いプログラム・ラインナップも魅力的と言える。

      この記事を詳しくみる>>

    1位:シェーンブルン宮殿

    • Schloss Schonbrunn

      "シェーンブルン宮殿

      明るい黄色がシンボル。ハプスブルグ家の夏の離宮

      シェーンブルン宮殿は、ウィーン・リンクから西に少し離れた場所に位置する広大な宮殿だ。もともとはハプスブルグ家の君主が離宮として使用していた場所であり、宮殿と庭園が世界遺産に登録されている。すべての部屋を合わせると1400室を超える大きな建物であり、ハプスブルグ家の盛栄を感じることができる。

      この記事を詳しくみる>>