スポンサーリンク

Country

中国

Population

19,612,368

Language

中国語(北京語)

Exchange

CNY 1 = JPY 16.53
JPY 100 = CNY 6.05
※ 2016/12/3 2:03 更新

北京観光スポット・旅行の無料データガイドブック

北京の観光スポットガイド

HowTravelは中国北京の観光スポット情報を無料でお届け!北京の情報をまとめて解説!旅程の計画準備から当日のガイドまで、旅行のことならHowTravelにお任せ!

City Summary

3000年を超える街づくりの歴史を持つ中国七大古都の一つ、北京。 壮大で美しい世界最大の城壁「万里の長城」や、天安門広場北側にある600年もの歴史を持つ荘厳な宮殿「故宮」、中国四大庭園の一つ「頤和園」を含む世界遺産はぜひとも巡りたい。 北京最古の石造りの橋「盧溝橋」や、清王朝が築き上げ東洋のヴェルサイユ宮殿と呼ばれた「円明園」など、歴史を今に伝える観光スポットも見逃せない。 トレンドの発信地「三里屯」などの新しいエリアや、伝統家屋が残るレトロモダンな「南鑼鼓巷」、清時代の街並みを再現した「瑠璃廠」と、北京の今と昔が感じられる街歩きもおすすめ。 見どころが多いだけに、絶対に見逃したくないスポットだけでも旅行前に確実にピックアップしておこう。

特集

観光

673

見逃せない!北京の代表的な観光スポット!

10位:雍和宮


  • Lama Temple

    "雍和宮

    北京最大のチベット仏教寺院

    元々は雍親王府という、1694年(清代康熙33年)に建立された清の雍正帝の即位以前の宮邸であった。のちの乾隆帝が1711年に雍王府内で誕生している。即位後、1725年(雍正3年)に半分がラマ教寺院に、残り半分が行宮として残され「雍和宮」と改称された。

    この記事を詳しくみる>>

9位:王府井大街


  • Wangfujing Street

    "王府井大街

    北京一の繁華街

    東長安街から中国美術館まで南北に伸びる全長1600メートルのエリア。王府井大街は、故宮博物院の東に位置しており、故宮を挟んだ西にある西単と並び北京を代表する繁華街だが、若者の流行の発信基地としての西単と比べ、王府井は長い歴史の元に、国内外の知名度も高く、北京最大の繁華街と称される。

    この記事を詳しくみる>>

8位:円明園


  • Yuan Ming Yuan Old Summer Palace Beijing

    "円明園

    清王朝が作り上げた、東洋一美しい庭園

    1636年に建国された清は、1912年まで栄えた中国最後の王朝である。その清の時代に150年かけて造園された円明園は、皇室のための庭園、つまり御苑であった。北京の北西部に位置する広大な敷地に、人工の池や橋、島、回廊、庭園、様々な趣の何十もの景観が配され、西洋楼という西洋風の建物も作られた。

    この記事を詳しくみる>>

7位:三里屯


  • Sanlitun

    "三里屯

    新しい北京を感じるエリア

    三里屯(サンリトン)は、主に欧米各国大使館が点在しているため外国人が多く、かつてはバーやパブなどが多いナイトスポットとして知られていたが、北京オリンピック開催以降、日々再開発が進み、高級ブランドショップやモダンでおしゃれなレストランが並ぶエリアへと変化を遂げ、勢いのある新しい街並みを感じることができるエリアとなった。

    この記事を詳しくみる>>

6位:紅劇場


  • Red theater

    "紅劇場

    最近の少林寺カンフーミュージカル

    工人文化宮の中にある真っ赤な建物が印象的な紅劇場は、少林寺のミュージカルが見られるめずらしい劇場である。2004年の初演以来何千回も演じられている演目は「功夫傳奇・カンフー伝説」という題名の、1人の少年が成長し立派な僧になるまでを描いたストーリー。

    この記事を詳しくみる>>

5位:盧溝橋


  • Lugou Bridge

    "盧溝橋

    世界で最も美しいと絶賛された、北京では最古の石造りの橋

    中国華北地方を山頂から海に向かって流れる、永定河という大河がある。古くは澡水(そうすい)、金の時代には盧溝と呼ばれた。清の時代に、流れが定まるようにとの願いを込めて永定河となった。金の時代の1192年に、この河の北京の南西に位置する辺りに橋が架けられた。

    この記事を詳しくみる>>

4位:北京動物園


  • Beijing Zoo

    "北京動物園

    中国最古、最大規模の動物園

    この土地の歴史は古く、明(1368-1644)の時代には皇室の庄園であり、清(1644-1912)の初期には、楽善園という皇族のための公園であった。清の末期1906年に農業試験場となり、ドイツから輸入された200匹の動物が飼育された。これが北京動物園の始まりである。

    この記事を詳しくみる>>

3位:天安門広場


  • Tiananmen Square

    "天安門広場

    世界で一番大きい広場

    中国のシンボル的存在の天安門広場は、南北に880メートル、東西500にメートルあり、総面積44万平方メートルにもなる世界一広い広場である。北京随一の大通りである長安街をはさみ故宮の入り口の天安門がある。天安門より南側の前門まで広がるのが天安門広場だ。

    この記事を詳しくみる>>

2位:故宮(紫禁城)


  • The Palace Museum

    "故宮(紫禁城)

    世界最大の宮殿

    紫禁城とは明清朝の王宮で、世界最大の宮殿である。北京だけではなく中国全土に置いても最も荘厳な建物である。20世紀の清朝滅亡まで明清24代の皇帝が約500年に亘って起居し、政務を行なった場所だったため、紫禁城と呼ばれていた。

    この記事を詳しくみる>>

1位:万里の長城


  • 万里の長城の夕暮れ時の景色

    "万里の長城

    世界最大の建造物、万里の長城

    龍がはうような形の万里の長城は、6000キロメートルにも及ぶ世界最大の城壁で、東の遼寧省虎山から西の甘粛省嘉峪関までその総延長は20000キロメートルを超える。万里の長城に辿り着かなければ立派な男(人間)ではない、と毛沢東が言ったともされる、中華人民共和国で最も知名度の高い建造物のひとつであり、その壮大な姿を目にするために一度は訪れたい場所である。

    この記事を詳しくみる>>

ページトップへ戻る