市内中心部(故宮周辺)

特集

北京のホテル

【北京のホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地である北京だが、一つエリアが変わると危険地域などもあるため注意が必要だ。ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

The-Palace-Museum

北京のお勧め定番観光スポット10選

初めて北京に訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

beijing food

北京の名物料理10選!お勧めグルメ旅

中国の歴史は非常に長く、国土も広い。そんな中国の中でも、北部の料理の総称が北京料理だ。中国の首都でもあるこの街は、都が置かれて以来ずっと栄えてきた。宮廷があったことから貴族が食べてきた料理や、寒い中でも活発に生活する市民が食べてきた身も心もホッとするような温かい家庭料理が多くみられるのも特徴だ。宮廷料理は、非常に繊細で手の込んだものだ。そして、活気ある北京では多くの屋台も見られる。そんな街中で、美食探索も良い思い出になるだろう。

Beijing plan

北京旅行6泊7日の予算とモデルプラン

北京旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。北京には世界遺産である歴史的建造物や遺跡がたくさん存在し、見どころは満載である。明清時代に建てられた、現存する最大級の祭祀建造物である天壇。かつては宮殿だった故宮博物院は、世界でも最大級クラスの木造建築物であり、現在は一部が博物館として公開されている。グルメにおいても、お手頃な料金で北京料理を楽しむことができるのも魅力のひとつだ。繁忙期に北京を訪れる場合、飛行機代は通常より割増しとなるが、ホテル代などは通常料金で利用が可能である。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

市内中心部(故宮周辺)

30件

The Palace Museum

1

故宮(紫禁城)

世界最大の宮殿

紫禁城とは明清朝の王宮で、世界最大の宮殿である。北京だけではなく中国全土に置いても最も荘厳な建物である。 20世紀の清朝滅亡まで明清24代の皇帝が約500年に亘って起居し、政務を行なった場所だったため、紫禁城と呼ばれていた。

Tiananmen Square

2

天安門広場

世界で一番大きい広場

中国のシンボル的存在である天安門広場。南北に880メートル、東西500にメートルあり、総面積44万平方メートルにもなる世界一広い広場である。北京随一の大通りである長安街を挟んで、故宮の入り口に天安門があり、天安門より南側の前門まで広がるのが天安門広場だ。広場の中央には人民英雄記念碑があり、南に毛主席記念堂、北に故宮(紫禁城)、東に中国革命歴史博物館、西には人民大会堂が建っている。広場には花崗岩が敷き詰められ、足を踏み入れるととにかくその広さに驚く。広場にある建物もそれぞれ巨大だが、広場に立って眺めると小さく見えてしまう程だ。 国内外でももっとも有名なスポットのため、国内外からの観光客が訪れる。広場に入るにはセキュリティチェックを受ける必要があり、特に土日は長い行列になる。

Zhongshan Park

3

中山公園

人ごみに疲れたら立ち寄ってみよう

中山公園は、正面には天安門広場、後方に故宮があり、緑が生い茂る静かな公園である。 毎年春にはチューリップ展が開かれ、園内はヒヤシンスやパンジーなど様々な花が咲き誇る。 元は1421年に土地の神と五穀の神を祭った国家安泰と五穀豊饒を祈る社稷壇で、1914年に公園として整備され中央公園と名付けられた北京で最初の公園。 1928年に孫文(孫中山)の遺体が一時ここに安置されたことから中山公園と呼ばれるようになった。

スポンサーリンク

The Great Hall of the People

4

人民大会堂

中国の国会議事堂

天安門広場西側に位置する、日本でいう国会議事堂にあたる人民大会堂。 中華人民共和国の建国10周年を記念して1959年に落成した大会堂は、建築面積合計約17万平方メートルで、中央に1万4000人のキャパをもつ万人大会堂、北側にレセプションホール、南に人民代表大会常務委員会事務室から構成され、300室以上の会議場・休憩室・事務室がある。

Lama Temple

雍和宮

北京最大のチベット仏教寺院

元々は雍親王府という、1694年(清代康熙33年)に建立された清の雍正帝の即位以前の宮邸であった。 のちの乾隆帝が1711年に雍王府内で誕生している。 即位後、1725年(雍正3年)に半分がラマ教寺院に、残り半分が行宮として残され「雍和宮」と改称された。 雍正帝の没後、1744年(乾隆9年)に全体をラマ教寺院として再建した。 1961年に全国重要文物保護団体として指定され、1981年に一般開放された。

Jingshan Park

景山公園

故宮博物院を一望できるスポット

故宮博物院の北側にある人口の山を整備した公園。標高43メートル、総面積は23万平方メートル。1928年に一般開放された。 元代に御苑だったところを、明代永楽帝が「玄武(北)には山があるべき(邪気から城を守る)」という風水により、紫禁城を作る際に出た残土で5つの峰を持つ人工の山を築いた。当初は万寿山と呼ばれていたが、のちの1655年(清の順治12年)に景山と改名された。清代には北京市内の中で最も高い地点であった。

Beihai Park

北海公園

世界で最も古い宮廷庭園

遼・金・元・明・清代を通じ「皇家園林」と呼ばれる皇室庭園で、1925年に一般公開が始まった。 景山公園の西側にあり、総面積が70万平方メートルにも及ぶ広大な公園で、古代神話の海上仙山をイメージして造られた。 人工の湖である北海をメインに、瓊華島、団城と北部湖畔地区からなる。 世界で一番古い皇室庭園。

スポンサーリンク

Chairman Mao Memorial Hall

毛主席紀念堂

どこよりも長い行列が出来る

1976年9月9日に中国建国の父・毛沢東逝去した翌年、1977年5月24日に後継者となった華国峰が建てさせた毛沢東を祀る廟。 敷地面積は57,000平方メートル、高さ33.6メートルの地上2階地下1階の巨大な建築物である。 大理石や御影石などが使われており、棺は水晶でできている。

Nanluoguxiang

南鑼鼓巷

レトロモダンなエリア

南鑼鼓巷の周辺は中国で唯一元の時代に「里坊制」という碁盤の目の区画整備をされた場所である。 今も街並みがそのまま残っており、伝統的家屋建築の四合院を改築してカフェやレストラン、雑貨やなどが連なる。

Shicha Lake

什刹海

北京発祥の地とも呼ばれるエリア

前海、後海、西海の3つの湖の総称で、「先有什刹海、後有北京城(先に什刹海あり、後に都市北京あり)」という言葉があるように、北京が出来る前から什刹海はあった。 800年ほど前の元代に皇帝フビライの命をうけ、大規模な水利工事が行われ物資を運ぶ大運河の終点として栄えた。