【北京のホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

北京のホテル

2017/10/10 更新

世界有数の観光地である北京だが、一つエリアが変わると危険地域などもあるため注意が必要だ。ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

適当に人気のホテルを予約するでは危険かも

①後悔しないホテルの選び方

これまで70カ国以上を旅した経験を持つHowTravel編集部がお勧めする、ホテル選びにおける要チェックポイントは、「立地」「口コミ」「料金」の三つだ。

まず第一に検討すべきはホテルの立地だ。ホテル自体の評価が悪くない場合でも周辺の治安や観光地へのアクセスが良いとは限らない。特に北京は観光スポットが点在している。特定の観光地の近くでも良いし、この記事で紹介しているような街歩きが楽しいエリアでも良いが、どのあたりに宿泊したいのかを決めよう。

次にチェックすべきなのは口コミと価格だ。観光の拠点に最適なエリアで、自分の予算に合った口コミ高評価ホテルを見つけられれば、最高の北京旅行は半分約束されたようなものだ。

この記事では、これらステップに従って、危険エリアと観光拠点に最適なエリアの紹介、そして口コミ高評価のお勧めホテルを料金別に紹介する。

なお、数あるホテル予約サイトの中でも、エリアにこだわるのであればBooking.comが圧倒的に探しやすい。地図上からホテルを探すことができるため、是非活用して欲しい。またBooking.comは世界最大のホテル予約サイトでもあるので、取扱件数・口コミ・信頼性どれもこれ以上はない。

➡Booking.comの公式ページはこちら
※PCの場合はリンク先ページ中ほど左の地図をクリック。スマホであれば「検索」ボタンをタップしてから「地図」ボタンをタップ

②できれば避けたい北京の危険エリア

  • 大興区周辺

    北京市は北側の方が発展しており、南側より比較的治安が良い。低所得の出稼ぎ労働者が多い南側でも、とくに市内最南端の大興区は、地元の人たちも口をそろえる治安が悪い地域なので、条件が良さそうな宿泊施設が見つかったとしても周辺での宿泊は避けよう。

    また、大興区を含めた北京五環路の外側(旧城区と新城区よりも外側)は郊外との位置付けで、とくに暗くなってからは交通アクセスも悪く、中心部に比べて街灯も少ないため地元の人でも注意するエリアに入るので、土地勘のない観光客が拠点にするのには向いていない。

    宿泊先を探す際には五環路の内側を前提に、市内は故宮(紫禁城)を中心と考え、南へ行くほど治安の良くない地域が多くなることを覚えておこう。

    なお、宿泊エリアに関わらず、渡航前に日中関係の動向を注視しておくことと、軍の施設や大使館周辺では立ち止まったり、写真を撮ったりしてはいけないと頭に入れておくことも重要。
  • 北京西駅周辺

    アジア最大の鉄道駅の1つで常に人でごった返す北京西駅の構内は、スリや置き引きも多いほか、周辺には白タクの運転手や無認可のツアー業者、怪しげなマッサージ店などの客引きが多くうろつき、旅行者や地方出身者を狙って声をかける。

    鉄道で他省まで足を延ばす場合に便利な立地ではあるが、移動時は大きな荷物を持って駅周辺を行き来することになるので、旅程が許せば地下鉄で1駅でも離れた方が良い。

    ここでは最も利用者数の多い西駅を取り上げたが、北京駅や長距離バスターミナルなどでも、正規のタクシーを使う、荷物から絶対に目を離さない、急に日本語で話しかけられても信用しないなど、同様に注意が必要。

    なお、繫華街でも強盗被害の報告もあるので、人気のない所には絶対に近づかないこと。また、わざわざ客引きをしているバーやマッサージ店、カラオケスナックなどは利用しない方が無難。客引き=ぼったくりと思ってほぼ間違いない。
  • ➡地図を見ながらホテルを探す
    ※PCの場合はリンク先ページ中ほど左の地図をクリック。スマホであれば「検索」ボタンをタップしてから「地図」ボタンをタップ

    ③観光の拠点にするのに最適なエリア

  • 東城区の東単(トンタン)周辺

    市内中心部の東城区の中でも、旧崇文区統合前から東城区と呼ばれていた地区にある東単エリア。北京随一の繁華街王府井などもあるエリアで、紫禁城や天安門広場などの主要スポットにもアクセスが良く、観光はもちろん、ショッピングにも食事をするにもこれ以上ない便利な立地。言わずと知れた北京飯店をはじめ、周辺には数多くのホテルが集まる。

    よりディープな中国らしさを体験したい場合には、北京の伝統家屋「四合院」を改築した四合院ホテルに泊まってみるのもおもしろい。水回りなど設備面で通常のホテルと比べると快適とは言い難いところも多く、誰にでもおすすめできるわけではないためここでは紹介していないが、タイムスリップしたような貴重な体験をすることができると一定の人気がある。

    ➡ 東単周辺のホテル一覧はこちら

  • 東単周辺のお勧め格安ホテル①: 内蒙古大厦(インナー モンゴリア グランド ホテル)

    民族衣装や馬の鞍など、モンゴルらしさあふれる装飾が独特の魅力を放つインナー モンゴリア グランド ホテル。馬頭琴のアンサンブルやホーミーといった、内モンゴル地方伝統の民族音楽の生演奏や、モンゴル料理が味わえる種類豊富な朝食ブッフェなど、名前の通りモンゴル文化が体験できるめずらしいホテル。

    最寄りの地下鉄東単駅と崇文門駅はそれぞれ2路線が使えるほか、近くにはファミリーマートも。王府井エリアの散策も徒歩で気軽に楽しめる距離にあり、どこへ行くにも大変便利。時間があれば徒歩20-30分の天安門広場や紫禁城まで、北京の今と昔の街並みを見比べながら歩いてみると、地下鉄移動では見逃してしまう景色も楽しめる。

    客室はシンプルながら温かみのあるデザインになっており、高層階には遠目に天安門が望める部屋もある。バスタブがなくシャワーのみの客室が多いが、この立地と価格を考慮すれば、かなりコストパフォーマンスが高いホテルと言えるだろう。

    ■価格帯: 1万円-
    ■ホテルランク: 四つ星
    ■アクセス: 地下鉄1号線・5号線東単駅から徒歩5分、地下鉄2号線・5号線崇文門駅から徒歩8分
    ■その他: レストラン有り、バー有り、バスアメニティ有り、ヘアドライヤー有り、Wi-Fiあり(無料)

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: Expediaで予約するBooking.comで予約する

    東単周辺のお勧め中級ホテル②: 北京飯店諾金(北京ホテル ヌオ 王府井)

    古代中国からの伝統が感じられる魅力的な調度品と、西洋はフランスの優美さが見事に調和した重厚で豪華な装飾が印象的な北京ホテル ヌオ 王府井。かつて北京飯店の一部として利用されていたこの洋館は、1900年代初めに建てられた歴史ある建物。

    アーチが美しいロビーの天井にはシャンデリアがきらきらと輝き、絨毯が敷かれた大理石の階段が上階へと優雅に続いている。格式高い雰囲気が漂うバーでジャズピアノの生演奏を聴きながら、この場所が刻んできた歴史に思いを馳せてみよう。 

    こだわりの貴重なアンティーク家具がそろうクラシックな内装の客室は、北京中心部にあるにもかかわらず広々としていて静かで快適。バスタブも深めで、ゆっくりとくつろぐことができる。

    目の前には地下鉄の王府井駅があり、王府井大街もすぐそば。紫禁城や天安門広場まで歩いても15分程度の立地なので、スケジュールがタイトで短い日程で有名どころを見て回りたいときにもおすすめ。

    ■価格帯: 1万5000円-
    ■ホテルランク: 五つ星
    ■アクセス: 地下鉄1号線王府井駅から徒歩1分
    ■その他: レストラン有り、バー有り、バスアメニティ有り、ヘアドライヤー有り、Wi-Fiあり(無料)、送迎あり(有料)

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: Expediaで予約するBooking.comで予約する

    東単周辺のお勧め高級ホテル③: 北京華爾道夫酒店(ウォルドーフ アストリア 北京)

    ヒルトンブランドの中でも最上級のウォルドーフ アストリア 北京は、中国伝統の趣とモダンでラグジュアリーなデザインが調和した、王府井エリアにある高級ホテル。中国屈指の芸術家によるコンテンポラリーアート作品や、国際的にも有名なアーティストによる作品が、ロビーや客室内など館内各所に飾られている。

    王府井歩行街まで徒歩5分、紫禁城や天安門広場までも徒歩20分程度で、地下鉄灯市口の駅も近いので市内の移動にも便利。王府井エリアで買い物や食事をしてからホテルへ戻る場合には、地下鉄1号線の王府井駅を利用することもできる。散策を兼ねてホテルまで歩いても15分ほど。

    スタイリッシュで洗練された広い客室には、深めのバスタブやウォシュレットつきのトイレもあり快適。金魚胡同を行き交う人々やホテルの中庭を臨むテラスつきの部屋も人気で、中には紫禁城や景山公園を眺められる客室も。ホテル裏手にある超高級四合院タイプのコートヤード ヴィラでは、これ以上ない贅沢な時間を堪能することができる。

    ■価格帯: 3万円-
    ■ホテルランク: 五つ星
    ■アクセス: 地下鉄5号線灯市口駅から徒歩5分
    ■その他: レストラン有り、バー有り、バスアメニティ(フェラガモ製)有り、ヘアドライヤー有り、Wi-Fiあり(無料)、送迎あり(有料)

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: Expediaで予約するBooking.comで予約する

    ➡ その他の東単周辺のホテルはこちら

  • 朝陽区の国貿(グォマオ)周辺

    金融とビジネスの中心で、高層ビルが立ち並ぶ朝陽区の国貿周辺は、外資系企業で働く外国人や出張で訪れるビジネスマンが多い国際的なエリア。

    高級ショッピングモールがあり、豪華な高級ホテルが多く集まるエリアで、最新スポット三里屯も近くショッピングやナイトアウトにも便利。国貿駅から地下鉄1号線を使えば、王府井や天安門までも乗り換えなしで10-15分ほどなので、歴史を感じる観光スポットへの好アクセスを叶えつつ、新しいエリアに宿泊したい人におすすめ。 

    朝陽区以外では、海淀区も外国人が多い地区で、各国のVIPをもてなしてきた釣魚臺国賓館や、世界遺産「頤和園」に隣接するアマンサマーパレス北京、日系の北京新世紀日航飯店もこのエリアにある。

    ➡ 国貿周辺のホテル一覧はこちら

  • 国貿周辺のお勧め格安ホテル①: 建国飯店(ジャングオ ホテル)

    ロケーションと価格重視の人におすすめなのが、地下鉄永安里駅から徒歩数分の抜群の立地と、低価格の宿泊料金が魅力のジャングオ ホテル。秀水街もほど近く、15分ほど歩いたところには都会のオアシス日壇公園がある。タクシーはつかまりにくいこともあるため、地下鉄と徒歩での移動をメインにする人の方が使いやすい。

    木製の家具を使った重厚でエレガントな内装の飲茶レストランや、光が差し込むロビーラウンジの大きな窓から、草木のグリーンと季節の花々が水辺に映える庭園を眺めれば、自然と心が癒され、外の世界の喧騒を忘れさせてくれる。

    客室はシンプルなインテリアで落ち着いた雰囲気。眺望は、シティビューはあまり景観が良いとは言えないため、中庭を眺められるガーデンビューをおすすめするが、観光スポットとは違った北京の表情を見てみたい人には、ホテル裏手の住宅地が見えるシティビューの部屋も、地元の人の日常が垣間見えておもしろいかもしれない。

    ■価格帯: 1万円-
    ■ホテルランク: 四つ星
    ■アクセス: 地下鉄1号線永安里駅から徒歩2分
    ■その他: レストラン有り、バー有り、バスアメニティ有り、ヘアドライヤー有り、Wi-Fiあり(無料)、送迎あり(有料)

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: Expediaで予約するBooking.comで予約する

    国貿周辺のお勧め中級ホテル②: 長富宮飯店(ホテルニューオータニ長富宮)

    日系ホテルならではのきめ細やかな心配りや館内の日本語表示で、ほっとくつろぐことができるホテル ニューオータニ 長富宮。水回りやサービスなど、高級ホテルでも日本とは勝手が違い戸惑うことも多い中国だが、このホテルには日本人スタッフと日本語を話せるスタッフが多いので、中国語や英語が分からない人にも心強い。

    館内には広東料理と西洋料理のほか、本格日本料理と日本式鉄板焼きのレストランもあり、居心地のよい上品なデザインの客室には、深めのバスタブやウォシュレット付きのトイレがあるのも日本人には嬉しいポイント。

    ガラス張りのロビーラウンジや一部の客室からは、小川の流れと四季の花々が美しい江南風のチャイニーズガーデンが眺められ、朝は太極拳の実演、夜はメインバーで民族音楽の生演奏を楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごすことができる。

    地下鉄建国門の駅も近く北京駅からも1駅の立地で、ローソンもすぐそばに。便利な所にありながら、他の同程度のホテルと比べて価格はかなりリーズナブル。

    なお、近くの京倫飯店 (ジンルン ホテル)=旧ニッコーホテルは、運営が変わり現在はJAL系列ではなくなっているので、この近辺で日系のホテルに宿泊したい場合は、ニューオータニを選ぶのが良いだろう。

    ■価格帯: 1万5000円-
    ■ホテルランク: 五つ星
    ■アクセス: 地下鉄1号線・2号線建国門から徒歩5分
    ■その他: レストラン有り、バー有り、バスアメニティ有り、ヘアドライヤー有り、Wi-Fiあり(無料)、送迎あり(有料)

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: Expediaで予約するBooking.comで予約する

    国貿周辺のお勧め高級ホテル③: 北京国貿大酒店(シャングリラ チャイナワールド サミットウィング 北京)

    中国世界貿易センターやチャイナワールドショッピングモールが入る、北京一高いビルの64階から上の高層階に位置するこのホテル。地下鉄国貿駅直結で、観光地にも好アクセス。高い天井の広い空間を飾るアートが印象的なロビーは、洗練されたモダンなデザインの中に融合された中国らしさがアクセントになっており、一歩足を踏み入れた瞬間から優雅な気分にさせてくれる。

    クラシックで落ち着いた雰囲気の客室では、足元から天井まである窓から、刻々と移り変わる北京の風景を独り占め。最低55平米以上の広々とした客室は、こだわりの寝具やアメニティで極上のひとときを過ごせるようデザインされている。内蔵型空気洗浄システムで館内の空気が管理されているのも高ポイント。

    79-80階にはそれぞれ内装もスタイリッシュなレストランやバーがあり、場所によっては紫禁城まで見渡せる。夕暮れ時から暗くなるまで、カクテルを傾けながらこの絶景を堪能してみよう。4階にある日本料理「なだ万」は、日本食が恋しくなった時に訪れたい。眺望を満喫しながら78階のプールでリフレッシュし、77階にある北京最高峰のスパで癒しの時間を過ごすのもいいだろう。

    近くにある同系列の北京中国大飯店(チャイナワールド ホテル 北京)と混同しがちなので、タクシーを利用するときなどは、ホテル名を漢字で書いたものを見せて伝えた方が確実。

    ■価格帯: 3万円-
    ■ホテルランク: 五つ星
    ■アクセス: 地下鉄1号線・10号線国貿駅直結
    ■その他: レストラン有り、バー有り、バスアメニティ有り、ヘアドライヤー有り、Wi-Fiあり(無料)、送迎あり(有料)

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: Expediaで予約するBooking.comで予約する

    ➡ その他の国貿周辺のホテルはこちら

    最後に

    この記事内で紹介しているホテルは、口コミ高評価の中から、立地、設備、サービス、価格などを複合的に分析したもので、当然ながら各地区で最も人気があるホテルが多い。数か月も先だとしても予約でいっぱいということもあるので、旅行を予定している日付で空室があればとりあえず予約しておくことをお勧めする。とりあえずキャンセル無料のプランで予約しておき、ゆっくりと他のホテルと比較しながら検討を進めよう。

    どんな北京旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内で北京旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました。➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク