サン・セバスチャン教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

サン・セバスチャン教会
San Sebastian Church

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Plaza del Carmen, Quiapo
LTR2号線 レガーダ(Legarda)駅下車徒歩5分

料金

無料

営業時間

8:00-19:00
日曜は7:00-19:00

休業日

年中無休

HP

-

San Sebastian Church
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

世界でも珍しい鉄骨作りバロック様式の教会


世界でも珍しい鉄骨で作られた教会だが、アーチで描かれた曲線が美しい典型的なバロック様式の教会内部の荘厳な雰囲気は他の大教会に引けを取らない。
地震の多いフィリピンでは教会の倒壊も珍しいことではなく、本教会も度重なる地震の被害から鉄骨建築のアイデアが出たとのことだ。

現在の建物の竣工は1892年になり、鉄骨を使った教会としては世界でも2番目に古いとされている。
工事を請け負ったのがベルギーの会社だからか、鉄骨部分はベルギーで、ステンドグラスはフランスで作られたものを使用している。
地下鉄の駅近くに位置しているのも観光しやすく、教会の隣にサンセバスチャン大学があるので安い食べ物屋が近くに多いのも便利。

見どころ

壮麗なドーム天井


教会建築としては世界でも珍しい「プレハブ組立式鉄造」であることばかりが取り上げられがちなサン・セバスチャン教会だが、真っ白な外観、重厚感あふれるゴシック風礼拝堂が非常に美しい教会だ。
特に細い柱が支える壮麗なドーム天井はまるで万華鏡をのぞいたかのように美しく多面体を形づくり、教会を訪れる人々を迎えてくれる。
聖堂の中間ほどの天井からは聖人たちの絵が描かれた大きなゴンドラのような物があり、中に入って神父がミサを行ったといわれている。

編集部一押しの観光プラン

マニラ市内と避暑地タガイタイを効率的に巡るなら

  • マニラのお勧めツアー

    マニラで1日あったらコレ!タガイタイ&マニラ市内観光ツアー

    フィリピンを代表するマニラの避暑地タガイタイと、マニラ市内を日本語ガイドの案内で効率的に巡るプラン。世界最小の活火山や瑞々しいフルーツを堪能できるフルーツスタンドなど見どころ満載。1日でマニラを満喫できると評判が高い。

    ➡ 詳細はこちら

  • マニラ旅行者の必読記事

    (Photo by Marksy)

    アクセス・入場

    サン・セバスチャン教会へのアクセス

    Plaza del Carmen, Quiapo
    LTR2号線 レガーダ(Legarda)駅下車徒歩5分

    プラン相談

    どんなマニラ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内でマニラ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    マニラのホテルの夜景
    海外での防犯対策グッズ