マラテ教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

マラテ教会
Malate Church

2017/05/05 更新

基本情報

住所

2000 M.H. Del Pilar St. Malate

LRT1号線 キリノ(Quirino Avenue)駅下車徒歩15分

料金

無料

営業時間

-

休業日

年中無休

HP

Malate Church
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

マニラの母親たたちを見守る聖母マリア

Malate Church

1762年のイギリスとスペインのマニラを巡る攻防では、イギリス軍の本拠地となった教会。
スペインに受け継がれるイスラム様式とバロック建築の影響を受け設計された教会のファサード(表玄関)は、実に荘厳で、マニラの敬虔なキリスト教徒たちの信仰の対象になっている。
現存の建物は修復されてから1世紀経ち、第二次世界大戦時の爆撃にも持ちこたえた。

本教会では「聖母マリア:ヌエストラセニョーラ・デ・ロス・レメディオス(Nuestra Señora de los Remedios)」が祀られ、主祭壇の中央に象が鎮座しており、病気に苦しむ子供の回復を願う母親達にご利益があるといわれている。
マニラ湾をのぞむ遊歩道や広場が近くにあり気持ちのよい場所だが、繫華街が近く物乞いの姿も多いので、暗くなってから訪れることは避けたほうが無難だ。

見どころ

マラテ教会の母子像

苦しむわが子を抱きしめ慰める母子像がシンボルとなっているマラテ教会には、今日も難病に苦しむわが子への祈りのために母親たちが訪れる。
喧騒あふれる繫華街マラテ地区の中にあって、緑豊かで静かなこの教会は女性達のみならず敬虔なカトリック教徒たちが集まり、特に毎日夕方行われるミサの時間帯には女性の姿が目立つ。
病気に苦しむわが子のためにフィリピン全国から人が集まる教会であることを考慮して、彼らの祈りを邪魔することのないように気をつけて見学したい。

編集部一押しの観光プラン

マニラ市内と避暑地タガイタイを効率的に巡るなら

  • マニラのお勧めツアー

    マニラで1日あったらコレ!タガイタイ&マニラ市内観光ツアー

    フィリピンを代表するマニラの避暑地タガイタイと、マニラ市内を日本語ガイドの案内で効率的に巡るプラン。世界最小の活火山や瑞々しいフルーツを堪能できるフルーツスタンドなど見どころ満載。1日でマニラを満喫できると評判が高い。

    ➡ 詳細はこちら

  • マニラ旅行者の必読記事

    (Photo by Ramon Fvelasquez)

    アクセス・入場

    マラテ教会へのアクセス

    2000 M.H. Del Pilar St. Malate

    LRT1号線 キリノ(Quirino Avenue)駅下車徒歩15分

    プラン相談

    どんなマニラ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内でマニラ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    マニラのホテルの夜景
    海外での防犯対策グッズ