マラカニアン宮殿の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

マラカニアン宮殿
Palasyo ng Malacanang (パラサイング マラカナン)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

1000 Jose P Laurel Sr, San Miguel, Manila, Metro Manila

リサール公園(Rezal Park)から車で30分

料金

PHP20

営業時間

9:30-15:00

休業日

土曜、日曜、祝日

HP

Malacanang Palace
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

移り変わるフィリピンの歴史を刻んできた宮殿

マラカニアン宮殿は、マニラにある大統領官邸である。

起源は1750年にさかのぼる。
当時スペインがまだフィリピンを占領していた頃、スペイン人貴族の夏の別荘地として建設された。
その後、フィリピン初代大統領が入所し、大統領官邸としての歴史が始まった。
人民革命(エドゥサ革命)によって退陣したフェルディナンド・マルコスもここに滞在していた。
マルコスの妻は、かなりの浪費家だったようで、部屋には多くの洋服や靴があり、当時どのくらい裕福な生活をおくっていたのか見ることができる。

マラカニアン宮殿の見学は、一時期中止されていたが、現在はツアーが用意されており、一人PHP20で見学できる。

編集部一押しの観光プラン

マニラ市内と避暑地タガイタイを効率的に巡るなら

マニラ旅行者の必読記事

(Photo by Author LordAntagonist)

アクセス・入場

マラカニアン宮殿へのアクセス

1000 Jose P Laurel Sr, San Miguel, Manila, Metro Manila

リサール公園(Rezal Park)から車で30分

プラン相談

どんなマニラ旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「4万円以内でマニラ旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

マニラのホテルの夜景
海外での防犯対策グッズ