スポンサーリンク

Country

ドイツ

Population

3,450,889

Language

ドイツ語

Exchange

EUR 1 = JPY 122.51
JPY 100 = EUR 0.82
※ 2016/12/8 2:09 更新

ベルリン観光スポット・旅行の無料データガイドブック

ベルリンの観光スポットガイド

HowTravelはドイツベルリンの観光スポット情報を無料でお届け!ベルリンの情報をまとめて解説!旅程の計画準備から当日のガイドまで、旅行のことならHowTravelにお任せ!

City Summary

世界中からアーティストが集まるデザインの街ベルリン。アートや音楽、ナイトライフと様々な魅力を持つ。 東西ドイツ再統一の象徴「ブランデンブルク門」やベルリンの壁一面にアートが描かれた「イーストサイドギャラリー」、残酷な過去を持つ「ザクセンハウゼン強制収容所」など歴史を今に伝えるスポットも多く残る。 貴重な芸術品を所蔵する「ペルガモン博物館」や「新博物館」がある世界遺産「博物館島」、世界一のホールとも評される「ベルリン・フィルハーモニー」や300年の歴史を持つ「シャルロッテンブルク宮殿」などの観光スポットも見逃せない。 荘厳な建築美が旅行者を魅了する「ベルリン大聖堂」やランドマークの「テレビ塔」は絶景スポットとしても人気。

見逃せない!ベルリンの代表的な観光スポット!

10位:テロのトポグラフィー


  • Topographie des Terrors

    "テロのトポグラフィー

    ベルリンの二つの傷に出会う、労働者蜂起の現場

    国家秘密警察ゲシュタポの本部が置かれていたこの場所は東ベルリン労働者が蜂起した6月17日事件の舞台でもある。現在も残っている数少ないベルリンの壁の断片から分かる通り、東西ベルリンを分断していた場所だ。第二次世界大戦の空爆で破壊された建物の壁を使って張り出された写真の展示では、第三帝国の恐怖政治の様子がありありと描かれている。

    この記事を詳しくみる>>

9位:ザクセンハウゼン強制収容所


  • Gedenkstatte und Museum Sachsenhausen

    "ザクセンハウゼン強制収容所

    全強制収容所のフラッグシップに残された陰惨な過去

    1933年に設立された「オラニエンブルク収容所」は、1936年に整備され「ザクセンハウゼン強制収容所」と改名された。ここはナチス・ドイツの勢力下にある全収容所の本部だ。
    ザクセンハウゼン強制収容所を手本にして各地の収容所のオペレーションが構築されていった。

    この記事を詳しくみる>>

8位:ホロコースト記念碑


  • Denkmal fur die ermordeten Juden Europas

    "ホロコースト記念碑

    2711本の無機質な石碑群に、21世紀の平和を考える

    厚み95センチ、横幅23.8メートル、高さ4.5メートルの石碑が一面に広がる無機質な広場。その広さ、1万9073平方メートル、石碑の数は2711本。ニューヨークの作家ピーター、アイゼマンによって作られたこのモニュメントは、触ると不思議な弾力がある。

    この記事を詳しくみる>>

7位:カーデーヴェー


  • KaDeWe

    "カーデーヴェー

    ベルリンを見守る老舗デパート

    ベルリンでショッピングを楽しみたいなら、こちらがオススメ。カーデーヴェーは1905年に竣工された歴史を誇る大型デパートだ。ヨーロッパ大陸最大とも言われる大きさで、品ぞろえは抜群。お土産に使えそうなチョコレートから、見ているだけで楽しそうな鉄道模型の専門店まで、ありとあらゆる店舗が並んでいる。

    この記事を詳しくみる>>

6位:シャルロッテンブルク宮殿


  • Schloss Charlottenburg

    "シャルロッテンブルク宮殿

    ヨーロッパ随一の美しさを誇る、ゾフィー妃のための夏の館

    もはや説明のいらないほどの美しさと規模のこのシャルロッテンブルク宮殿の名前は、プロイセン王国初代王妃のゾフィー・シャルロッテにちなんで付けられた。国王が彼女のための夏の館として建設したもので、当初はリーツェンブルク宮殿=夏の館と呼ばれていた。彼女に死後、現在の宮殿の名前になり、この地名にも名付けられた。

    この記事を詳しくみる>>

5位:ベルリン大聖堂


  • Berliner Dom

    "ベルリン大聖堂

    シュプレー川に寄り添う、水色が鮮やかな荘厳なドーム

    世界遺産に登録される博物館島の一角にそびえるのは、新古典主義とバロック調を併せ持つ、プロテスタントの教会。遠くから見ても鮮やかなその水色のドームは、巨大な砂岩の壁によって支えられている。中を入って仰げば、聖書の「山上の説教」をモチーフにしたモザイク画で飾られおり、50万枚ものタイルでつくられており、身廊に出ればキリストの誕生、受難、復活を描くステンドグラスを我々の目を奪う。

    この記事を詳しくみる>>

4位:ペルガモン博物館


  • Pergamon Museum

    "ペルガモン博物館

    世界遺産、博物館島を代表する歴史の貯蔵庫

    世界遺産に登録されている博物館島において最も人気があるのがペルガモン博物館だ。この地域は19世紀にプロイセン王フリードリッヒ・ヴィルヘルム3世の「芸術と科学のための地域」をつくる、という号令のもと、次々と巨大な博物館がつくられていった。

    この記事を詳しくみる>>

3位:ベルリン・フィルハーモニー


  • Berliner Philharmoniker

    "ベルリン・フィルハーモニー

    ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の本拠地で、ハンス・シャロウン設計のもと、1963年に竣工したこのホールはヴィンヤード型の大ホールの収容人数は2440席。室内楽ホールは1180席。世界一のホールと評されることも多い。

    ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の本拠地で、ハンス・シャロウン設計のもと、1963年に竣工したこのホールはヴィンヤード型の大ホールの収容人数は2440席。
    室内楽ホールは1180席。
    世界一のホールと評されることも多い。

    この記事を詳しくみる>>

2位:イーストサイドギャラリー(ベルリンの壁)


  • East Side Gallery

    "イーストサイドギャラリー(ベルリンの壁)

    118名のアーティストによって壁に映し出された、「自由」の渇望

    博物館島からシュプレー川を東に行くとミューヘン通りに巨大なベルリンの壁が残っている。その長さは1.3キロメートルにも及び、21ヵ国、118名ものアーティストによって一面壁画が描かれている。数々の作品の中で最も目をひくのが「独裁者のキス」と呼ばれるキスシーンだ。

    この記事を詳しくみる>>

1位:ブランデンブルク門


  • Brandenburger Tor

    "ブランデンブルク門

    古代ギリシャを彷彿とさせる門で、勝利の女神が出迎える

    1791年に竣工したこの門は、カール・ゴットハルト・ラングハンスによって古代ギリシャ風に設計されている。モデルはアテネのアクロポリスの門であるプロピュライア。門の前と後ろには6本の巨大なドリス様式の円柱が支えており、5列の通路に分かれている。

    この記事を詳しくみる>>