ベルリンの気候と時差と気温と降水量

ベルリンの気候と時差

2017/05/05 更新

climate_image
データガイド
プラン相談

データガイド

概要

berlin climate

ベルリンの気候

ベルリンの気候の特徴はその温暖差だ。夏場は日中30度近くまで気温が上がる一方で、朝晩は10度前後まで気温が下がる事もあり、長袖が必要になってくる。羽織るものを忘れずに持って行こう。

また、冬は寒さが厳しく氷点下になる日が珍しくない。しっかりとした防寒対策をしていきたい。

ベルリンの時差

ドイツは中央ヨーロッパ時間(CET)に属しており、日本との時差は-8時間。つまり、日本が正午の時はドイツでは4:00となる。ただし、時差を計算する時にはドイツがサマータイムを導入していることにも注意したい。サマータイムとは、ヨーロッパを始め日照時間の長い国々で導入されている、明るい時間を有効に使う為の制度の事。サマータイム期間は時差が-7時間になり、日本が正午の時にベルリンは5:00となる。サマータイム適用期間は、3月の最終日曜2:00から10月の最終日曜3:00まで。

編集部一押しの観光プラン

観光地が大幅割引!公共交通機関も乗り放題の特盛りパス

ベルリン旅行者の必読記事

プラン相談

どんなベルリン旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「10万円以内でベルリン旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

ベルリンのホテル
海外での防犯対策グッズ