ドイツの電圧・電源プラグ・度量衡

ドイツの電圧・電源プラグ・度量衡

2017/05/05 更新

データガイド
データガイド

チェック

ドイツの電圧・電源プラグ

電源の変換プラグは必須

ドイツの電圧は230Vで周波数は50Hzとなっており、日本の100Vの電化製品をそのまま使うと故障や事故の原因になる。ただし最近のノートパソコンやスマートフォン(iphone等)、カメラのプラグや充電器には「電圧100V-240V」、「50Hz-60Hz」等と記載されているものもあるので、必ずしも変圧器が必要とは限らない。普段使用している電化製品が230Vの電圧に対応しているのかどうか、事前に仕様をチェックしておこう。

電源プラグの形状も日本とは異なっており、先が丸くなっているCタイプが一般的。変換プラグは必ず持って行こう。一部SEタイプのプラグもあるが、Cタイプの変換機で対応可能だ。

ドイツの度量衡

日本とほぼ同じ単位を使用!

ドイツの度量衡は日本とほとんど同じで、メートル、ヘクタール、リットル、グラム等が常用されている。ただし、服や靴は海外から輸入されている物が含まれていたり、メーカーによってサイズが異なっていたりするので、試着をしてから購入する事をお勧めする。

編集部一押しの観光プラン

ベルリン満喫! お得な「ベルリンウェルカムカード」付き3泊6日弾丸ツアー

ベルリン旅行者の必読記事

人気記事

WiFiを現地で使用して徹底比較!
【6ヶ国で実際に比較!】本当にオススメの海外WiFiレンタルはこれ!
ベルリンのホテル
【ベルリンのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選