ベルリンのアクセス・交通情報

特集

マイルを貯めて飛行機に乗る

【貯めなきゃ損】マイルを貯めてタダで旅行に行く方法を徹底解説

アメリカやヨーロッパへの一度の往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事では、マイルのお得な貯め方と使い方を徹底解説する。

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選

「到着した日は疲れて眠たいのは当たり前」、「飛行機の中では2-3時間寝られれば良い方」というような、機内で安眠できない旅行者のために、一年の内かなりの日数を飛行機内で過ごすHowTravel編集部が、最強睡眠グッズをご紹介する。せっかくお金を出して、限られた休暇の中で旅行に行くのだから初日から最終日まで目一杯旅行を満喫しよう。

HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スーツケース お勧め人気ブランドランキング

スーツケースの人気ブランドのランキング!数あるスーツケースのブランドから、特にオススメ出来るブランドを厳選してランキング形式で紹介する。

アクセス・交通

8件

Flughafen Berlin-Tegel

1

ベルリンのテーゲル空港と市内へのアクセス

ベルリン・テーゲル空港は、ベルリンの中心から北西におよそ8キロメートルのところに位置する空港。ユダヤ系ドイツ人で航空工学の先駆者、のちにライト兄弟にも大きな影響を与えたオットー・リリエンタール(Otto Lilienthal)にちなんで、オットー・リリエンタール空港とも呼ばれている。規模はそれ程大きくないが、5つのターミナル(A-E)がある。2014年の総旅客数は2070万人を超え、ドイツ国内で4番目に忙しい空港であった。 テーゲル空港は、ベルリン・シェーネフェルト空港を拡張して工事中の新空港ベルリン・ブランデンブルク(Berlin Brandenburg)空港のオープンに伴って、シェーネフェルト空港の旧ターミナルとともに閉鎖されることになっている。もともと新空港の開港は2010年の予定だったが、度重なる工事などの遅れで2018年以降になる見通しだ。

Flughafen Berlin-Schonefeld

2

ベルリンのシェーネフェルト空港と市内へのアクセス

ベルリン・シェーネフェルト空港は、ベルリンの中心から南東におよそ18キロメートルのところに位置する空港。 2014年の総旅客数は729万人を超えた。4つのターミナル(A-D)があり、主に国内線やヨーロッパ圏内のフライトを就航している。 旧東ベルリンに唯一あった空港で、旧東ドイツの中心的な空港であった。 1990年に東西ドイツが再統一されると、騒音などの問題が少ないシェーネフェルト空港を拡張し、ベルリン最大の空港とする計画が持ち上がった。

berlin taxi

3

ベルリンのタクシー

ベルリンのタクシーは、ぼったくり等のトラブルがなく、安心して利用できることで知られているが、特に空港では必ず所定のタクシー乗り場から乗り、白タクに乗らないように気をつけたい。 ドイツ・ベルリンのタクシー料金はメーター制で、市内では交渉によって固定料金で走行することは禁じられている。

スポンサーリンク

metro

4

ベルリンのメトロ(Uバーン)

ベルリンのメトロは、Uバーンとも呼ばれ、ベルリン市交通局が運営しており、現在10路線が市内を走行している。 バスやトラムと同様に、メトロはベルリン市内の便利な交通網として発展を遂げてきた。 ベルリン市内を観光する上で、メトロの利用は欠かせない交通手段となるだろう。

s-bahn

ベルリンのSバーン

ベルリンのSバーン(都市高速鉄道)は、Sバーンベルリン社が運営しており、近郊列車として多くの人々に利用されている。 Sバーンは、全て各駅停車で走行している。 現在、Sバーンは、15路線が運行しており、東西南北に走る路線と環状線状に走る路線がある。

tramway

ベルリンのトラム

ベルリンのトラムはベルリン市交通局(BVG)が運営しており、現在22路線が走行している。 その中で9路線のトラムは、24時間運行している。 トラムの番号は、M1やM2などのように、Mの後に数字で表示される。

bus

ベルリンのバス

ベルリンのバスは、メトロやトラムと同様に、ベルリン市交通局(BVG)が運営している。 ベルリンのバスは遅くまで運行しており、電車の終電後も走行している路線もあり便利である。 路線バスは、メトロやSバーンが運行していない地域を走行しているため、市民の交通手段として栄えている。

スポンサーリンク

railway

ドイツの鉄道

ドイツ国内は鉄道の路線が充実していて大変便利。運営は主にドイツ鉄道(DB)が担っている。 乗車券には、観光に便利な鉄道パスがある。ドイツ国内のみで使用可能なパスから、ヨーロッパ各国で利用できるユーレイルパスなど種類は様々である。滞在期間や訪れる国に合わせて購入すると良いだろう。