スポンサーリンク

Country

マレーシア

Population

1,589,000人

Language

マレーシア語 英語

Exchange

MYR 1 = JPY 25.54
JPY 100 = MYR 3.91
※ 2016/12/4 2:04 更新

クアラルンプール観光スポット・旅行の無料データガイドブック

クアラルンプール観光スポットガイド

HowTravelはマレーシアクアラルンプールの観光スポット情報を無料でお届け!クアラルンプールの情報をまとめて解説!旅程の計画準備から当日のガイドまで、旅行のことならHowTravelにお任せ!

City Summary

イスラム建築と近代建築が調和し、自然があふれる都市クアラルンプール。プトラジャヤへの連邦政府機能移行が進行中だが、首都はクアラルンプールのまま変わらない。 マレーシア独立の象徴「ムルデカ・スクエア」やヒンドゥー教聖地の鍾乳洞「バトゥ洞窟」、マレーシア最古のヒンドゥー教寺院「スリ マハ マリアマン寺院」や、幻想的な美しさが旅行者を魅了するマレーシア最大のモスク「ブルーモスク」などの観光スポットも見逃せない。 巨大ショッピングモール「スリアKLCC」も入るクアラルンプールのランドマーク「ペトロナス・ツイン・タワー」や、東南アジアで最も高い通信塔「KLタワー」から、そんなクアラルンプール市内を一望してみよう。

特集

クアラルンプールの基本情報


  • 晴れ、曇りなどの天気のアイコン

    "気候

    クアラルンプールでは、一年を通して30度を超える猛暑日が続く。また、湿度が高いことでも知られており、蒸し暑い。短時間に大量の雨が降るいわゆる「スコール」といった、東南アジアらしい天気も体験できる。日本の真夏の服装を準備するほか、汗をかいた際に着替えられるように余分な服を持って行ったり、帽子を被るなど、熱中症対策をしておきたい。

    >>詳細を知る

  • 時計のアイコン

    "時差・サマータイム

    クアラルンプールと日本との時差は-1時間。つまり、日本が正午の時はクアラルンプールでは午前11:00となる。サマータイムはない。

    >>詳細を知る

  • 飛行機のアイコン

    "フライト時間

    直行便で7時間45分ほど

  • 通貨のアイコン

    "通貨

    マレーシアの通貨単位はリンギット(MYR)で、補助単位はセン(¢)。MYR1=¢100である。

    紙幣は「MYR100」、「MYR50」、「MYR20」、「MYR10」、「MYR5」、「MYR1」の6種類。コインは「¢50」、「¢20」、「¢10」、「¢5」、「¢1」の5種類。

    >>詳細を知る

  • 税金のアイコン

    "税金

    マレーシアのGST(消費税)は6%。基本的には内税で、商品価格に含まれている。クアラルンプールで買い物をしたら免税手続きを忘れないようにしよう。

    >>詳細を知る

  • コインのアイコン

    "チップ

    チップの慣習はない

    >>詳細を知る

  • 手錠のアイコン

    "治安

    マレーシアは比較的治安のよい安全な国だ。中でもクアラルンプールは都会で、安心して滞在することができる。ただし、観光客を狙ったスリやぼったくりなどの犯罪は後を絶たないので、注意が必要だ。

    警察、消防、救急車両は999

  • 天秤のアイコン

    "規則

    ・モデルガンの所持は犯罪
    ・薬物関連の犯罪の最高刑は死刑
    ・ポルノおよびたばこの広告が載った雑誌の所持/持ち込みは禁止

  • 祝祭日のアイコン

    "祝祭日

    1/1、1/28-1/29
    2/1、2/9
    5/1、5/10
    6/3、6/25-6/26
    8/31
    9/1-9/2、9/16、9/21
    10/18
    12/1、12/25

  • 営業日を示すアイコン

    "営業時間

    ・銀行
    月曜-金曜は9:00-16:00ごろ
    土曜、日曜、祝日は休業

    ・ショップ
    9:00-19:00ごろ
    日曜は休業の店が多い

    ・レストラン
    10:30-22:00ごろ

  • パスポートのアイコン

    "パスポート

    入国時に6ヶ月以上の有効期間が必要。

    観光でクアラルンプールを訪れる日本人は滞在期間が90日以内であればビザは不要。

    >>詳細を知る

  • 電話のアイコン

    "電話

    ・クアラルンプールに日本から電話する場合
    国際電話のマレーシアの識別番号は60。001(国際電話識別番号) + 60 + XXX + XXX + XXXX

    ・日本にクアラルンプールから電話する場合
    日本の国番号は81。001(国際電話識別番号) + 81 + XX + XXX + XXXX (市外局番の最初の0を除く)
    ※東京の場合(0081-3-XXXX-XXXX)

    >>詳細を知る

  • 電圧のアイコン

    "電圧・プラグ

    マレーシアの電圧は240Vで周波数は50Hzとなっており、日本の100Vの電化製品を使うためには変圧器が必要。

    電源プラグの形状も日本と異なり、3つ穴のBF型の変換プラグが必要。

    >>詳細を知る

  • 水道水のアイコン

    "飲料水

    クアラルンプールの水道水は、水道管の劣化により衛生状態が悪いことがあるので、飲み水としての使用はさけること。市販のミネラルウォーターを購入しよう。

  • アクセス・交通のアイコン

    "交通機関

    クアラルンプールの市内には鉄道が走っており、観光の足として活躍する。また、東京のメトロほど市内を網羅しているわけではないので、必要に応じてタクシーを利用するとよいだろう。

    >>詳細を知る

  • 見逃せない!クアラルンプールの代表的な観光スポット!

    10位:KLCC公園


    • KL City Park

      "KLCC公園

      大都会のオアシススポット

      ペトロナスツインタワーの麓に広がる緑と水の公園が「KLCC公園」である。
      タワーから見下ろしても良し、公園内を散歩するのも良しのいろんな楽しみ方がある公園だ。
      都会の真ん中とは思えない広い敷地には、1900種類にも上る熱帯の原生木が植えられていてマイナスイオンもたっぷり浴びることができる。

      この記事を詳しくみる>>

    9位:バード・パーク


    • Bird Park

      "バード・パーク

      自由に園内を歩き回る鳥たち

      セボタニカル・ガーデン内にある、鳥たちの楽園。
      国を越えて集められた200種類、3000羽にも上る鳥たちが見られるテーマパークだ。
      マレーシアのバード・パークの特徴は、檻がなく鳥たちが自由に飛び回っている点だ。
      パーク内の代表的な鳥はクジャクに始まり、オシドリやサイチョウ、クマタカ、ダチョウなど。

      この記事を詳しくみる>>

    8位:パビリオン


    • Pavilion

      "パビリオン

      ブキビンタンの名所ショッピングセンター

      ショッピングモールが集まっているブキビンタン地区の中でも、一際賑わっているのが「パビリオン」である。
      流行を積極的に発信している。
      正面入り口から右側は、有名なブランド品のお店がずらりと並んでいる高級品エリアだ。
      ジューシークチュールや、ビクトリアシークレットなど女性が喜ぶ品々が揃えられている。

      この記事を詳しくみる>>

    7位:バタフライ・パーク


    • Butterfly Park

      "バタフライ・パーク

      約6000匹の蝶の楽園

      蝶をメインに飼育している昆虫園だ。
      蝶のコレクションは120種類、約6000匹にも上る。
      園内も美しく作られており、マレーシアの熱帯雨林をイメージして構成されている。
      南国特有の花の上を、色鮮やかな蝶が舞う様子はとても美しい。

      この記事を詳しくみる>>

    6位:アロー通り


    • Alor street

      "アロー通り

      グルメがたくさん屋台街

      クアラルンプール随一の繁華街ブキッ・ビンタンの中でも、特に賑わっているのが「アロー通り」である。
      200メートル以上の通りには、屋台や飲食店がずらりと立ち並ぶ屋台街だ。
      中華系料理から、伝統マレー料理まで味わうことができるのが特徴。

      この記事を詳しくみる>>

    5位:ブキッ・ビンタン通り



    • "ブキッ・ビンタン通り

      クアラルンプールのショッピング通り

      クアラルンプールのメインストリートも言うべき場所が、「ブキッ・ビンタン通り」である。
      モノレール駅ブキッ・ビンタンから約1キロメートル伸びるショッピング通りだ。
      観光客や地元の人で賑わう通りで、昼夜問わず多くの人が集まる場所でもある。

      この記事を詳しくみる>>

    4位:ブルーモスク(スルタンアフメト・モスク)


    • Sultan Salahuddin Abdul Aziz Mosque

      "ブルーモスク(スルタンアフメト・モスク)

      マレーシアが誇る最大のモスク

      イスラム国家のマレーシアにあるモスクの中でも、一際目立っているのが「ブルーモスク」だ。
      正式な名称は「スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスク」。
      青と白の格子模様が印象的な、マレーシア最大のモスクだ。
      外から眺めると、ドームを囲む4つの尖塔の堂々とした姿を見ることができる。

      この記事を詳しくみる>>

    3位:バトゥ洞窟


    • Batu Caves

      "バトゥ洞窟

      大きな鍾乳洞・ヒンドゥーの聖地

      クアラルンプール中心部から13キロほど離れたところにある大きな鍾乳洞。
      ヒンドゥー教の聖地としてもよく知られている場所だ。
      バトゥ洞窟のエリアに到着して目に付くのが、高さが42メートルもあるヒンドゥー教の神ムルガンの像だ。
      世界最大のムルガンの像で、金で覆われている様子を見ることができる。

      この記事を詳しくみる>>

    2位:KLタワー


    • KL Tower

      "KLタワー

      東南アジア一の高さを誇る通信塔

      東南アジアで最も高い通信塔で知られているのが、「KLタワー」だ。
      国内のペトロナスツインタワーより少し低い421メートルの高さだが、丘の上に建てられているので周辺では一番高く見える。
      1階-6階までのフロアで構成されていて、放送施設、展望台、展望回転レストランなどが各フロアに入っている。

      この記事を詳しくみる>>

    1位:ペトロナス・ツイン・タワー


    • Petronas Twin Tower

      "ペトロナス・ツイン・タワー

      クアラルンプールのランドマーク

      クアラルンプールの超高層ビルで、マレーシアのランドマークとなっているのが「ペトロナス・ツイン・タワー」である。
      ペトロナスという国立石油会社によって建設され、ショッピングセンターや水族館が入っている人気の観光スポットだ。
      対の超高層タワーとしては、世界一を誇る建物でもある。

      この記事を詳しくみる>>

    ページトップへ戻る