【クアラルンプールのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル

クアラルンプールのホテル

2017/11/27 更新

世界有数の観光地であるクアラルンプールだが、一つエリアが変わると危険地域などもあるため注意が必要だ。ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

適当に人気のホテルを予約するでは危険かも

①後悔しないホテルの選び方

これまで70カ国以上を旅した経験を持つHowTravel編集部がお勧めする、ホテル選びにおける要チェックポイントは、「立地」「口コミ」「料金」の三つだ。

まず第一に検討すべきはホテルの立地だ。ホテル自体の評価が悪くない場合でも周辺の治安や観光地へのアクセスが良いとは限らない。特にクアラルンプールは観光スポットが点在している。特定の観光地の近くでも良いし、この記事で紹介しているような街歩きが楽しいエリアでも良いが、どのあたりに宿泊したいのかを決めよう。

次にチェックすべきなのは口コミと価格だ。観光の拠点に最適なエリアで、自分の予算に合った口コミ高評価ホテルを見つけられれば、最高のクアラルンプール旅行は半分約束されたようなものだ。

この記事では、これらステップに従って、危険エリアと観光拠点に最適なエリアの紹介、そして口コミ高評価のお勧めホテルを料金別に紹介する。

なお、数あるホテル予約サイトの中でも、エリアにこだわるのであればBooking.comが圧倒的に探しやすい。地図上からホテルを探すことができるため、是非活用して欲しい。またBooking.comは世界最大のホテル予約サイトでもあるので、取扱件数・口コミ・信頼性どれもこれ以上はない。

➡Booking.comの公式ページはこちら
※PCの場合はリンク先ページ中ほど左の地図をクリック。スマホであれば「検索」ボタンをタップしてから「地図」ボタンをタップ

②できれば避けたいクアラルンプールの危険エリア

  • Chow Kit(チョー キット)周辺

    治安のいいイメージのクアラルンプールだが、テロ関連の逮捕者が多数でるなど近年状況は少しずつ変化してきた。市内全体の犯罪件数は減っているものの、ひったくりなどは急増。凶悪事件は、プタリンジャヤやクラン、ブルーモスクもあるシャーアラムなど郊外の方が多いが、中心部でもひったくりやスリが頻発している。

    中でも、市内一治安が悪いエリアとして知られているのは、地元の人の暮らしが垣間見えるチョー キット市場周辺。低所得者も多い地域で、昔から売春やドラッグ関連のトラブルも多い。外国人は目立ってひったくりやスリに狙われやすく、とくに暗くなってからは危険とされるエリアなので拠点とするには不向き。

    観光で訪れる場合も、昼間の明るいうちになるべく複数で出かけよう。夜間はもちろん、日中でも人気のない路地裏などには近づかないこと。渡航前には、外務省や日本大使館の治安に関するページを読んでおこう。
  • Chinatown(チャイナタウン)周辺

    チャイナタウン周辺では、一瞬の隙をつかれる置き引きに始まり、様々な手口のスリやぼったくり、単独旅行者が狙われやすい賭博詐欺など、観光客狙いの犯罪が後を絶たない。

    とくに2人乗りバイクでのひったくりは増加の一途。車道側にバッグを持たず、荷物から片時も目を離さない、見知らぬ人を簡単に信用しないなど、ターゲットにされない対策が必要。身軽な散策中でも被害が多いので、大きな荷物を持っての移動は避けるべき。

    なお、ひったくりはエリアに関わらず全域で多い。時間帯を問わずとくに狙われやすい、女性の一人歩きは極力避けること。また、流しのタクシーはぼったくりが多く、まれに強盗などもあり総じて評判は良くない。タクシーはホテルに呼んでもらうか、相互評価システムもあるUberなどの配車アプリを使った方が安心。
  • ➡地図を見ながらホテルを探す
    ※PCの場合はリンク先ページ中ほど左の地図をクリック。スマホであれば「検索」ボタンをタップしてから「地図」ボタンをタップ

    ③観光の拠点にするのに最適なエリア

  • Petronas Twin Tower(ペトロナス・ツイン・タワー)周辺

    宿泊料金が安く、豪華な五つ星ホテルでも日本と比べるとかなりリーズナブルなクアラルンプールの中で、この辺りはゴールデントライアングルとも呼ばれる高級ホテルが集まるエリア。繁華街へも好アクセスながら、周りにKL公園があり環境も良い。

    LRTやモノレールのほか、無料巡回バスも利用しやすく、買い物にも観光にも便利。伊勢丹も入るスリアKLCCや周辺には、飲食店も充実。

    KLCCエリアのコンベンションセンターからブキッ ビンタン地区のパビリオンへは、雨の日や暑い中の移動も快適な、エアコン完備の歩道橋を通って約15分(6時-23時)。ひったくり被害の多い周辺道路を通らずに済み、各所に警備員もいてセキュリティ面も安心。KLCC駅へもコンベンションセンターとスリアKLCCを抜け地下通路がつながる。

    駅から10分程度歩くので、大きな荷物がある場合は空港またはKLセントラル駅からクーポンタクシーが無難。

    ➡ ペトロナス・ツイン・タワー周辺のホテル一覧はこちら

  • ペトロナス・ツイン・タワー周辺のお勧め格安ホテル①: Impiana KLCC Hotel(インピアナ KLCC ホテル)

    KLCC歩道橋の中間地点に位置し、ペトロナス ツインタワーへもブキッ ビンタン地区へも、外を歩かずに徒歩10分ほどで行くことができる抜群のロケーション。無料で循環するGOKLバスのグランドハイアットホテル停留所も目の前で、市内の移動にも便利な四つ星ビジネスホテル。

    落ち着いた雰囲気の木製家具を使用した居心地の良いインテリアの客室は、リーズナブルな宿泊料金ながら全室バスタブ付きなのも日本人には嬉しいポイント。クアラルンプールらしい眺望を楽しむことができる高層階の部屋がおすすめ。

    街の喧騒に疲れたら、ツインタワーの一部も見える屋外プールでリフレッシュし、国際的な受賞歴もある人気のスパで優雅にリラックスするのもいいだろう。プールからはライトアップされたきれいな夜景も眺められる。

    Tonka Bean Caféは24時間営業。館内にはワインバーやシガーバーがあり、上質な大人の時間を過ごすことができる。

    ■価格帯: 7000円-
    ■ホテルランク: 四つ星
    ■アクセス: LRT(Rapid KL)のKelana Jaya線KLCC駅から徒歩15分、モノレールのRaja Chulan駅から徒歩10分
    ■その他: レストラン有り、バー有り、バスアメニティ有り、ヘアドライヤー有り、Wi-Fiあり(無料)、送迎あり(有料)

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: Expediaで予約するBooking.comで予約する

    ペトロナス・ツイン・タワー周辺のお勧め中級ホテル②: Traders Hotel Kuala Lumpur(トレーダース ホテル クアラルンプール)
    <


    トレーダースホテル クアラルンプールは、緑がいっぱいのKL公園越しにツインタワーを臨む絶好のロケーション。高い天井のスタイリッシュな空間が印象的で、プールも併設する33階のスカイバーでは、カクテルを片手に目の前にクアラルンプールのランドマークを眺めることができる。

    ツインタワー直結で、スリアKLCCへは無料のシャトルサービスも運行。KLCC歩道橋を使えば、ブキッ ビンタン地区へも10分ほど。

    客室は、安らぎと快適さを追求したモダンなデザイン。シティビューやガーデンビューもあるが、上層階のタワービューが一番おすすめ。足元から天井までの大きな窓からツインタワーを眺めながら眠りにつく、最高の贅沢が叶う。

    クラブフロア宿泊者が利用できる32階のラウンジからも息をのむような絶景が一望でき、軽食や17時-19時のカクテルタイムの内容も充実。スカイバーは数々の受賞歴がある地元でも人気のスポットで、とくに週末は混み合い音楽もかかってディスコのようになるので、ゆったりと景色を楽しみたい場合は早めの時間帯に行くか、32階のラウンジを利用するのがいいだろう。

    ■価格帯: 1万3000円-
    ■ホテルランク: 五つ星
    ■アクセス: LRTのKelana Jaya線KLCC駅、モノレールのRaja Chulan駅から徒歩15分ほど
    ■その他: レストラン有り、バー有り、バスアメニティ有り、ヘアドライヤー有り、Wi-Fiあり(無料)、送迎あり(有料)

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: Expediaで予約するBooking.comで予約する

    ペトロナス・ツイン・タワー周辺のお勧め高級ホテル③: Mandarin Oriental, Kuala Lumpur(マンダリン オリエンタル クアラルンプール)

    都会のオアシスKLCC公園と圧倒的な存在感を誇るツインタワーに挟まれるように建つ、ラグジュアリーな気品漂うマンダリン オリエンタル クアラルンプール。スリアKLCCもすぐ隣の便利な立地。

    40平米以上の広々とした客室は、全体の落ち着いた色合に映えるゴールドのアクセントと、高級感のあるクラシックな家具がエレガント。優美な雰囲気の中で、ゲストが快適にくつろげるようデザインされている。シャワーと独立した深めのバスタブがあるのも高ポイント。隣接するツインタワーが間近に迫る、タワービューの部屋からの景観は圧巻の一言。 

    公園の緑を眺める開放感たっぷりのインフィニティプールのほか、テニスコートやインドアゴルフに、優雅な気分に浸れるスパなど、非日常の空間で贅沢にリフレッシュできる施設がそろう。朝のさわやかな空気のなか、ホテル目の前の公園を散歩やジョギングするのもおすすめ。 

    10店舗あるレストラン、バーの中で、カリフォルニアスタイルのモダンな日本料理が味わえる「ワサビ ビストロ」は、日本食が恋しくなった時に訪れたい。

    ■価格帯: 2万円-
    ■ホテルランク: 五つ星
    ■アクセス: LRTのKelana Jaya線KLCC駅から徒歩5分
    ■その他: レストラン有り、バー有り、バスアメニティ有り、ヘアドライヤー有り、Wi-Fiあり(無料)、送迎あり(有料)

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: Expediaで予約するBooking.comで予約する

    ➡ その他のペトロナス・ツイン・タワー周辺のホテルはこちら

  • KL Sentral(KLセントラル駅)周辺

    KLセントラル駅は、様々な交通機関が交差するクアラルンプールの交通の中心で、市内はもちろん郊外への列車も発着。空港からのアクセスも抜群なので、早朝や深夜の便を利用するスケジュールでの宿泊にもおすすめ。KLIAエクスプレスでは空港から約30分、空港バスでは60分ほど。クーポンタクシーの乗り場も駅構内にある。

    LRTやモノレールも各線利用でき、GOKLバスの停留所もあるので、市内の移動にも大変便利。ムルデカ・スクエアなどがあるMasjid Jamek駅までもLRTで2駅と、観光スポットへもアクセスしやすい。KLCC駅まではLRT、ブキッ ビンタン駅まではモノレールでそれぞれ5駅、乗車時間は10-15分程度。

    ➡ KLセントラル駅周辺のホテル一覧はこちら

  • KLセントラル駅周辺のお勧め格安ホテル①: Aloft Kuala Lumpur Sentral(アロフト クアラルンプール セントラル)

    KLセントラル駅直結で、NU Sentralショッピングモールにも隣接するアロフト クアラルンプール セントラルは、スターウッド・ホテル&リゾートの四つ星ホテル。雨が降っていても、大きな荷物があっても移動が苦にならない抜群の立地。

    パブリックスペース、客室とも、アロフトブランドらしいモダンでスタイリッシュなデザインに統一され、カラフルでポップな色使いがアクセントになっている。

    高い天井のロフト風の客室は、デザイン性のある家具から照明まで、内装も一貫して都会的な雰囲気。こだわりのプラットフォームベッドは、キングまたはクイーンサイズでゆったりとくつろげる。固定式のレインシャワーのみではあるが、バスルームも広々。 

    最上階の30階にあるインフィニティプールは23時までオープンしており、夜景を楽しむのもおすすめ。高層階には眺望のいい部屋もあるが、バーの音楽などが聞こえることもあるので、静かに休みたい場合は避けた方が無難。

    ■価格帯: 8000円-
    ■ホテルランク: 四つ星
    ■アクセス: KLIAエクスプレスとLRTのKLセントラル駅直結、モノレールのKLセントラル駅から徒歩2-3分
    ■その他: レストラン有り、バー有り、バスアメニティ(Bliss® Spa製)有り、ヘアドライヤー有り、Wi-Fiあり(無料)、送迎あり(有料)

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: Expediaで予約するBooking.comで予約する

    KLセントラル駅周辺のお勧め中級ホテル②: Hilton Kuala Lumpur(ヒルトン クアラルンプール)

    アーティスティックなロビーやエレガントかつ居心地の良いラウンジ、斬新なデザインの明るい吹き抜けのレストランエリアが印象的なヒルトン クアラルンプール。KLセントラル駅の目の前で、GOKLバスの乗り場もすぐ、バード・パークも徒歩圏内という好立地で、日本人スタッフがいることも。

    すっきりとしたモダンなデザインの客室は、大きな窓から光が差し込み、広々と快適。深めのバスタブ付きの贅沢な大理石のバスルームから、緑いっぱいのレイクガーデンを眺めて癒される、開放感あふれる部屋タイプも人気がある。

    エグゼクティブルームかスイートに宿泊のゲストが利用できる、33階のラウンジからも見事なパノラマビューが。隣のル メリディアンと共有する8階の屋外プールにはウォータースライダーがあるほか、プールサイドバーやリゾート風のサンデッキでリラックスすることもできる。

    ローカル食が味わえる種類豊富な朝食も好評。飲食店は、日本人シェフによる本格的な日本料理店を含む個性的な10件がそろう。

    ■価格帯: 1万円-
    ■ホテルランク: 五つ星
    ■アクセス: KLIAエクスプレスとLRTのKLセントラル駅徒歩1分、モノレールのKLセントラル駅から徒歩5分ほど
    ■その他: レストラン有り、バー有り、バスアメニティ有り、ヘアドライヤー有り、Wi-Fiあり(共用エリア:無料、客室内:有料)、送迎あり(有料)

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: Expediaで予約するBooking.comで予約する

    KLセントラル駅周辺のお勧め高級ホテル③: The St. Regis Kuala Lumpur(ザ セント レジス クアラルンプール)

    2016年5月にオープンしたザ セント レジス クアラルンプールは、100年を超える歴史を持つ専属バトラーサービスで特別な滞在を叶える、スターウッドグループ最高級ブランドのホテル。KLセントラル駅からは、無料のシャトルサービス(7時-23時45分)も利用可能。

    オーストラリアのクリスタルからイタリアのゴールドタイルまで、贅を尽くして細部まで施された装飾が見事。ポロにインスピレーションを受けた、洗練されたラグジュアリーなデザインの館内には、特別制作の貴重なアート作品が飾られる。

    63平米以上と市内で最も広い客室では、床から天井までの大きな窓から、レイクガーデンや市内の街並みを一望。インテリアは落ち着いた色使いで上品かつスタイリッシュにまとめられ、全室にウォークインクローゼットやドレッシングルームが。深めのバスタブと独立したレインフォレストシャワーのある豪華な大理石のバスルームには、16インチのLEDテレビが設置され、ウォシュレット付きのトイレも備える。

    6階の広々とした開放的なスペースにある屋上プールからは、ボタニカルガーデンやツインタワーを眺めながら優雅なひとときを過ごすことができる。最年少でミシュラン三つ星を獲得した日本人寿司職人の一皿もぜひ味わいたい。

    ■価格帯: 2万円-
    ■ホテルランク: 五つ星
    ■アクセス: KLIAエクスプレスとLRTのKLセントラル駅から徒歩7分、モノレールのKLセントラル駅から徒歩10分ほど
    ■その他: レストラン有り、バー有り、バスアメニティ(Remède製)有り、ヘアドライヤー有り、Wi-Fiあり(無料)、送迎あり(有料)

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: Expediaで予約するBooking.comで予約する

    ➡ その他のKLセントラル駅周辺のホテルはこちら

    最後に

    この記事内で紹介しているホテルは、口コミ高評価の中から、立地、設備、サービス、価格などを複合的に分析したもので、当然ながら各地区で最も人気があるホテルが多い。数か月も先だとしても予約でいっぱいということもあるので、旅行を予定している日付で空室があればとりあえず予約しておくことをお勧めする。とりあえずキャンセル無料のプランで予約しておき、ゆっくりと他のホテルと比較しながら検討を進めよう。

    必見情報 -ホテル代16%割引-
    Booking.comカード」という超お得なクレジットカードがある。

    普段の買い物で1%、Booking.comのホテル宿泊で5%のポイントが貯まるのに加えて、カード入会先着5万人限定でGenius会員にアップグレードされ、宿泊施設が10%オフになるなどの特典を受けることができる。合計すると驚きの16%割引を受けることができる。既にホテルを予約済みの場合でも、一度キャンセルして予約し直すというのも十分アリな割引率だ。

    年会費無料であるだけでなく、12月末まで5000円のキャッシュバックキャンペーン中だ。

    ➡Booking.comカードの詳細はこちら

    人気記事

    外貨両替窓口
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク