ブルーモスク (スルタンアフメット・ジャーミィ)の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ブルーモスク (スルタンアフメット・ジャーミィ)
Blue Mosque(Sultanahmet Camii)

2017/12/04 更新

基本情報

住所

At Meydanı No:7, 34122 Fatih/İstanbul

トラムSultanahmet駅

料金

-

営業時間

8:00-(時期によって細かな変動あり)

休業日

観光客は金曜午前のみ入場不可
礼拝時(1日5回)の入場も控える事

HP

スルタンアフメット・ジャーミィの外観
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

スルタンアフメット・ジャーミィの内観

ブルーモスクはイスタンブールを代表する歴史あるモスク。正式名称は「スルタンアフメット・ジャーミィ」で、イスタンブールの歴史的建築物群のひとつとして世界遺産に登録されている。

モスクは淡いブルーが印象的なイズミックタイルが敷き詰められ、260もの小窓から差し込むステンドグラスの輝きはえも言われぬ美しさ。「世界で一番美しいモスク」との呼び声も高い。向かいにはアヤソフィアも位置しており、薄ピンクの外観と並ぶとパステルの独特な色彩が目を引く。トルコを訪れたら必ず訪れたいスポットである。所要時間は30分-1時間程度。

歴史

スルタンアフメット・ジャーミィの丸天井

オスマン帝国の第14代皇帝スルタン・アフメト1世の名によって建築。7年の歳月をかけて1616年に完成した。他のモスクでは見られない6基の尖塔(ミナレット)と、27.5メートルもの巨大なドームが特徴だ。外観が薄く青みがかっていた為「ブルーモスク」の異名を持つが、現在では経年によって色落ちしているので分かりづらい。建物内のイズミックタイルははっきりとした青みがある。

チェック

①尖塔(ミナレット)

スルタンアフメット・ジャーミィの尖塔

ブルーモスクにだけそびえる6基の尖塔

通常、モスクの尖塔(ミナレット)はメッカ以外は4基までしか立てることできないにも関わらず、ブルーモスクには6基もの尖塔が立っている。これは世界中でもブルーモスクのみの異例であり、その理由については諸説ある。代表的なものとしては、スルタンが「アルトゥン(金)の塔を作れ」と命令したものが「アルトゥ(6)の塔を作れ」と聞き間違えられてしまったという伝説が挙げられる。

②イズミックタイル

スルタンアフメット・ジャーミィのイズミックタイル

観る人の目を奪う美しい装飾タイル

ブルーモスク内の壁には、青色のイズミックタイル(イズミク産の、青を主体とした装飾タイル)が所狭しと敷き詰められている。その数は約2万枚にも及び、草花が幾何学的に並んだ独創的な青いタイルは、訪れた人の目を惹き付けて放さない。

③ステンドグラス

スルタンアフメット・ジャーミィのステンドグラス

260の小窓からこぼれる色とりどりの光

ブルーモスクの天井は巨大なドーム状になっており、周囲には260もの小窓がある。小窓から差し込む光はステンドグラスを通り、モスク内を穏やかに照らし出す。モスクランプの明かりとあいまって荘厳な空気を作り出している。

④入場時の注意

スルタンアフメット・ジャーミィ拝観時の注意

信者への十分な配慮を忘れずに

ブルーモスクは土足原因。入場する歳は、モスクに用意されているビニール袋に靴を入れて、絨毯を汚さないように入場しよう。

また、ブルーモスクは有名な観光地であると共に、ムスリムにとっての重要な宗教施設。1日5回ある礼拝の時間はモスクに入場する事はできない。礼拝の時間は時期によって少しずつ変わるので、確実に内部を見学したい場合は朝早くから向かうのが無難だ。また、金曜の午前中は入場不可ので、金曜を避けて訪れるという手もある。

モスク内ではカーディガンやスカーフを使って過度な露出を抑え、祈りを捧げている人達の迷惑にならないように最大限配慮しよう。

旅のプロ直伝 ブルーモスク観光のポイント

執筆者の旅工房コンシェルジュ、大柿奈穂さん
旅工房トラベル・コンシェルジュ
トルコ担当
大柿 奈穂
提携パートナー
「ブルーモスク」の名で親しまれるスルタン・アフメット・ジャーミィは、オスマン建築の最高傑作とも謳われる、トルコを代表するモスクです。鉛筆型の6本のミナレットと大きなドームを持ち、ブルーグレーの外観は存在感抜群。厳かな雰囲気に包まれた内部を彩るのは、壁や天井を埋め尽くす数万枚もの青いタイルや色鮮やかなステンドグラス、美しい文様の絹の赤い絨毯など。一歩足を踏み入れれば、目の前に広がる神秘的な空間に思わず時を忘れてしまいそう。トルコ原産で、日本人にとっての桜のようにトルコの人々に親しまれている愛の花、チューリップもたくさん描かれています。「隠れチューリップ」を探すのも粋な楽しみ方ですね。

編集部一押しの観光プラン

主要スポット全網羅!イスタンブールを1日で大満喫

  • イスタンブールのお勧めツアー

    初めてのイスタンブールならコレ!日本語ガイドと巡るイスタンブール 1日ツアー

    イスタンブールにを効率的に散策するなら、主要スポットを1日で満喫できるこのプラン。トプカプ宮殿にアヤソフィア、ブルーモスクなどをしっかり網羅し、地元食堂でのランチ付き。日本語ガイドの解説で奥深い魅力を知ることができる。

    ➡ 詳細はこちら

  • イスタンブール旅行者の必読記事

    (Photo by dynamosquito dynamosquito Chadica Chadica)

    アクセス・入場

    ブルーモスク (スルタンアフメット ジャーミィ)へのアクセス


    トラムSultanahmet駅から徒歩約3分。アタチュルク空港からは40分程度。

    プラン相談

    どんなイスタンブール旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でトルコ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド