上海動物園の観光情報(料金・行き方・営業時間)

上海動物園 (シャンハイドウブツエン)
上海动物园 (シャンハイ ドンウーユェン)

2017/10/17 更新

基本情報

住所

上海市虹桥路2381号
メトロ10号線上海動物園駅1号出口より徒歩1分

料金

大人は40元
子供(6歳-18歳※但し学生証の提示が必要)は20元

営業時間

3月-10月は7:30-17:00
11月-2月は7:30-16:30

休業日

年中無休

HP

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

上海の動物園


中国国内でも有数の規模を誇る動物園。
かつてはゴルフ場であったが、廃業後の1954年に公園化。
西郊公園と呼ばれていた。
1959年より動物を飼育し始め、1980年に現在の名称となる。

敷地面積は74.3万平方メートル、そのうち飼育設備の面積は、47,237平方メートルを占める。
定番の動物から珍しい動物まで620種類、7000頭以上を飼育。
上海でパンダを見ることのできる動物園のひとつ。
園内には多くの樹木が植えられているが、これらは飼育動物の飼料として利用されている。

見どころ

中国ならではの動物に会える


上海動物園には、ゾウ、キリン、ライオンなど、定番の動物も飼育されているが、注目したいのは中国ならではの動物たち。
ジャイアントパンダをはじめとして、レッサーパンダ、長江に棲息する揚子江ワニ、華南トラ・東北トラ、チベット出身のヤク、孫悟空のモデルになったといわれている金絲猴など、中国ならではの珍しい動物に会うことができる。

ジャイアントパンダはパンダエリア、レッサーパンダはその周辺にあるクマエリア、揚子江ワニは爬虫類ゾーン、華南トラ・東北トラは肉食動物のいるエリア、ヤクは草食動物のいるエリア、金絲猴は猿エリアでそれぞれ飼育されている。

編集部一押しの観光プラン

人気のジャイアントパンダを並ばずじっくり眺めたいなら

  • 家族にもオススメ!上海動物園&水郷の街・七宝散策

    午前の人が少ない時間帯に上海動物園を見学。ジャイアントパンダなどの動物を間近で見た後は、ゆったりした時間が流れる七宝を散策し、小籠包付き点心料理を存分に味わおう。日本語ガイドの案内で移動もスムーズだ。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他の上海現地ツアーはこちら

    上海旅行者の必読記事

    (Photo by Marc van der Chijs)

    アクセス・入場

    上海動物園へのアクセス


    上海市虹桥路2381号
    メトロ10号線上海動物園駅1号出口より徒歩1分

    人気記事

    上海のホテル
    【上海のホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集