人民広場周辺(南京東路・西路)

特集

Shanghai food

上海で食べられる中国の名物料理10選!お勧めグルメ旅

国際都市とも呼ばれている上海。世界中から人が集まる場所でもある上海は、上海グルメでもよく知られている場所である。上海グルメの特徴は、「甘辛で濃いめの味付け」だ。周辺地域をで作られる米を原料のとした酒、醤油、酢が使用されている。料理の種類としては上海蟹を始めとしたカニやエビ、川魚が人気である。上海料理は周辺の中華の影響だけでなく、西洋料理の影響も受けている独特な中華料理ともいえる。上海のグルメを堪能しよう。

yuyuan

【中国】上海のお勧め定番観光スポット10選

初めて上海に訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

上海のホテル

【上海のホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

世界有数の観光地である上海だが、一つエリアが変わると危険地域などもあるため注意が必要だ。ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

Shanghai plan

上海旅行6泊7日の予算とモデルプラン

上海旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。上海で食事や歴史的建造物を楽しむなら、外灘(バンズ)。上海の鉄板スポットとも言える人気の観光地だ。このほか、ユニークな形の塔が目に引く東方明珠塔。世界最長クラスの海中トンネルで有名な上海海洋水族館も人気のスポットだ。上海は、歴史的建造物と近未来都市が融合した魅力的な都市であり、充実した時間が過ごせる旅となるだろう。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

shanghai

現地民で盛り上がる火鍋料理屋さんにチャレンジ!

上海の裏路地に多くある火鍋料理店ですが、現地民でいっぱいで少し入りにくい雰囲気があります。チャレンジしてみた感想をまとめました。

人民広場周辺(南京東路・西路)

24件

Xintiandi

1

新天地

今なお進化する上海トレンド発信基地

新天地は、今なお進化する上海のトレンド発信基地だ。レンガ造りの建物が並んでいるのは租界時代そのままの風景だが、建物の中はリノベーションされており、中国とは思えない最先端のトレンドを取り入れたショップやバー、レストランが集まっている。 現在は北里と南里の2エリアで構成されているが、現在第3のエリアも開発中。今後新天地がどのように変化していくのかこれからも目が離せない。ただし、開発中という事もあってショップ移転が頻繁に行われており、訪れるたびに通りの店ががらりと一新していることも多い。旅行前には事前の下調べが重要だ。

Shanghai Museum

2

上海博物館

長い歴史の中で生まれた芸術品の宝庫

中国4000年の歴史を文物により総合的に展示する博物館。総延べ床面積は39600平方メートルで、北京の故宮博物館、南京博物館とともに中国三大博物館のひとつと言われている。青銅器、陶磁器、書、絵画、彫刻、玉器、家具、貨幣、少数民族の工芸品等コレクションの数は膨大で、11もの展示室がある。なかでも青銅器コレクションは世界的に有名だ。 館内は広く、展示物のボリュームはかなりのもの。また、青灰色の煉瓦でできた床や清時代様式の透かし彫りが施された木製の窓、明時代様式のテーブルやいす等、所々に中国の古典的な建築様式を見る事ができるのもポイントだ。日本語パンフレット、音声ガイド(40元)ので活用するのもお勧め。 展示物を見るのに疲れたら、2階にあるティールームで中国茶や軽食を楽しみつつ休憩してみるのも良いだろう。

Sinan Gongguan

3

思南公館

美しい洋館が立ち並ぶ上海屈指のお洒落スポット

旧フランス租界で高級住宅街だったエリアを再開発した一画。 思南路、復興中路、重慶南路に囲まれた7.9万平方メートルのエリアを指す。 7.9万平方メートルのうち3万平方メートルが歴史的建造物で占められており、残り2.2万平方メートルは地下エリア、2.7万平方メートルは新しく建てられた建築物で占められている。 保存建築は49棟、そのうち上海市の優秀建築物に指定されているのは39棟。

スポンサーリンク

Fuxing Park

4

復興公園

上海の中心街に位置するフランス風の公園

上海の町中にあるフランス風の公園。 かつてはフランス公園と呼ばれていた。 1900年、義和団事件の際にフランス軍が駐屯したことが始まり。 その後、フランス人の園芸家によってフランス風の公園が造られ、租界時代には毎年フランス人がここでパリ祭(フランス共和国の成立を祝う祭り)を行っていた。 1928年までは中国人の立ち入りが禁止されていたが、公園が開放されてからは上海市民の憩いの場となった。

Jing An Tranquility Temple

上海静安寺

灰の中から蘇った歴史ある仏教寺院

上海市静安区に位置する仏教寺院。 1800年近い歴史を持つ。 また、中国国内で最も重要な密教の真言宗道場である。

Children's Palace

少年宮

豪華絢爛な学び舎

正式名称は中国福利会少年宮。 子供たちが課外活動を行う施設として利用されている。 建物自体は、上海の3大ユダヤ人財閥のうちのひとつカドゥーリー家の私邸として1924年に落成された。 当時の当主・エリー・カドゥーリ―の友人であり建築家のグラハム・ブラウンが設計を担当。 イタリア製の大理石(マーブル)を贅沢に使用していることから、マーブル・ハウスとも呼ばれていた。

People Square

人民広場

上海市民の憩いの場所

上海の都市計画はこの人民広場を起点にして設計されているといっても過言ではない。 上海のまさに中央に位置する人民広場からすべての道路、鉄道はひろがってゆく。 この上海市民の心のよりどころ人民広場、総面積14万平方メートルの大広場が今の形になったのは1994年。

スポンサーリンク

Tianchan Wutai

逸夫舞台

歴史ある中国古典演劇の劇場

100年以上の歴史を誇る、上海を代表する京劇の劇場。 また、同じ系列の劇場に上海天蟾舞台がある。 上海で最も歴史が深く、最も規模が大きな京劇舞台を持つ劇場である。

Shanghai Centre

上海商城劇院

上海雑技を見ることのできる劇場

上海商城という複合ビルにある劇場。 ポートマン(波特曼)劇場とも呼ばれている。 アメリカの劇場を参考に設計された。 主に上海雑技の劇場として使用されているが、オペラ、歌劇、バレエ、オーケストラ等の公演も可能な造りとなっている。 舞台面積は153平方メートル。 2階建ての劇場で客席は991席。 小規模の劇場ではあるが、臨場感たっぷりに上海雑技を楽しむことができるとあって観光客にも人気のスポットとなっている。

Shanghai Exhibition Center

上海展覧中心

様々な展示会が開かれる会場

食品や繊維などのビジネスに関するの展示会や、アート、旅行などの展示会、ゲームやアニメなどカルチャー系の展示会が開かれる展示会場。 特別観光客向けに開放しているということはなく、展示会が開かれる時のみ入場することができる。