中国の通貨・両替・免税、チップの慣習、両替所の場所や営業時間

中国の通貨・両替・免税

2017/10/19 更新

Shanghai currency
データガイド
プラン相談

データガイド

チェック

中国の通貨

通貨の種類

中国の通貨は人民元(表記はCNYあるいはRMB)。補助単位は角と分で、1元=10角=100分である(ただし、分が使われる事はほとんどない)。紙幣は「100元」、「50元」、「20元」、「10元」、「5元」、「1元」、「5角」、「2角」、「1角」の9種類。2角紙幣は一般的ではなく、ほぼ見かけない。コインは「1元」、「5角」、「1角」の3種類だ。また、金額の前には円記号(¥)を用いている。

なお、香港とマカオにはそれぞれ香港ドル(HKD)とマカオ・パタカ(MOP)といった独自の法定通貨単位がある。

チップの習慣

日本と同様チップの習慣はない。個人的なお願いをしたときやサービスが非常に良かった場合には、チップとして20元-50元払っても良いだろう。タクシーなどで急いでもらった時には、端数を切り上げて渡すのも手だ。

中国の物価

1元は約15円。中国で買い物する時には値段表記に15を掛ける事で簡単に換算できる。

両替

両替の場所、営業時間、注意点

空港、両替所、銀行、一部デパートで両替できる。銀行は平日は17:00時ごろには閉まるので注意。また、支店によっては土日でも営業しているので、急ぎの場合はチェックしてみよう。

両替レートは、空港、両替所、デパートより市内の銀行がよい。中国元を日本円に再両替する際、両替するときにもらえる「両替証明書」が必要なので取っておくことが必要だ。両替時には身分証明としてパスポートを見せる必要があるので、携帯しておくこと。

為替レート

CNY1=15.43円
100円=CNY6.48
(2016/09/02現在)

免税

中国にはサービス税は存在するが、日本の消費税のような商品に課せられる税金はない。その為、外国人観光客への税金還付制度などはない。

編集部一押しの観光プラン

大迫力の上海雑伎は老若男女問わず目が釘付けに!

  • 上海のお勧めツアー

    上海雑技団 上海商城劇院(ポートマン劇場) 電子チケット

    雑技団のなかでも最も有名な上海雑技団によるショータイム。手に汗握るものからコミカルなものまで演目はさまざま、迫力満点だと評判だ。人間離れした上海ならではのエンターテイメントを心ゆくまで堪能しよう。

    ➡ 詳細はこちら

  • 上海旅行者の必読記事

    プラン相談

    どんな上海旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「3万円以内で上海旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    上海のホテル
    海外での防犯対策グッズ