サイパン観光・旅行の無料データガイドブック

サイパンの観光ガイドブック

HowTravelは北米サイパンの観光情報を無料でお届け!サイパンの情報をまとめて解説!旅程の計画準備から当日のガイドまで、旅行のことならHowTravelにお任せ!

City Summary

日本からたった3時間で行けてしまう旅行者に人気のリゾート観光地サイパン。「マニャガハ島」のエメラルドグリーン色をした美しい海、「タポチョ山」の豊な緑に囲まれて、日々の喧騒を忘れてのんびりした時間を過ごせるはず。「キングフィッシャー・ゴルフリンクス」、「サイパン・カントリークラブ」と言ったゴルフコースも充実しているので、ゴルフ三昧もいいだろう。また、ダイバーの憧れである「グロット」でスキューバダイビングをし、サイパンの海の透き通るほどの透明度を体感するのもいいだろう。観光・アクティビティ・ショッピングを丸ごと楽しめる常夏アイランドのサイパンを存分に楽しもう。

特集

海外旅行に必要なパスポートとお金

【本当に必要?】海外旅行保険選びのポイントをご紹介

「海外旅行保険はお金がかかるけど、とりあえず不安だから入っておこう」という人のために、保険会社が教えてくれない保険選びのポイントを徹底解説する。無駄を省いて旅先のホテルや食事をワンランクアップさせよう。

マイルを貯めて飛行機に乗る

【貯めなきゃ損】マイルを貯めてタダで旅行に行く方法を徹底解説

アメリカやヨーロッパへの一度の往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事では、マイルのお得な貯め方と使い方を徹底解説する。

海外旅行用クレジットカード

【Q&A】海外旅行×クレジットカードについての疑問を徹底解説!

海外キャッシングや旅行保険、マイルを貯める機能など、クレジットカードには海外旅行時に使える機能が多数ついている。一方で、実際どうやってその機能を使えば良いかわからなかったり、海外でクレジットカードを使うのが怖かったりと、うまく活用できていない人も多いのではないだろうか。そこで、この記事では海外旅行×クレジットカードの疑問点をQ&A方式でご紹介する。

観光

21件

Managaha Island

1

マニャガハ島

サイパン沖に浮かぶ離島で、オーシャンブルーに抱かれる

サイパン島の沖合にある、周囲約1.5キロメートルの小さな島であるマハニャガ島。現地語で「ちょっとゆっくりひと休み」という意味があるこの島は、著しく観光地化された本島とは違った自然体のリゾート地として近年注目されている。

The Grotto

2

グロット

神秘的な天然プールは、ダイバーたちの青き聖地

サイパンの北側に位置しているグロットは、世界的にも有名なサイパンを代表するダイビングスポットのひとつである。グロットは海食洞と呼ばれる洞窟であり、そのスケールの大きさと青く輝く水面の美しさは、ダイバーたちの心を捉えて離さない。

Forbidden Island

3

禁断の島

体力は必要だが、冒険・探検好きならば外せないポイント

サイパン島の東海岸から見える、ぽつんと浮かんだ孤島。この島は「禁断の島」と呼ばれており、周辺が海洋保護区となっていることからほとんど手つかずの自然を楽しむことが出来る場所として人気を集めている。美しい海を楽しむことが出来る場所の多いサイパン島の中でも、この島周辺の海は格別の美しさである。海洋保護区から少し離れた場所ではシュノーケリングも楽しむことが出来、美しい海を実際に入ることで堪能することが可能だ。

Suicide Cliff

4

スーサイド・クリフ

観光地の陰に隠れた悲しい歴史から、目を背けてはいけない

サイパン島の北部にある丘陵地に、スーサイド・クリフと呼ばれる崖がある。この場所は太平洋戦争末期、1944年に行われた「サイパンの戦い」で、追い詰められた日本兵がアメリカ軍からの投降勧告に従わず、集団で投身し自決した場所である。

もっと見る

スポンサーリンク

アクティビティ

16件

sai-snorkeling

1

シュノーケリング

サイパンの海を自由にのんびりと楽しもう!

シュノーケリング(英: snorkeling)とは、水中マスク、シュノーケル、フィンの3点セットを使用し、水面に浮かびながら水中を観察するマリンアクティビティである。装備や技術の面から見て最も手軽なアクティビティであるのみならず、環境に対してローインパクトな自然海中観察の手段であると言える。

sai-skydiving

2

スカイダイビング

人生で一回は体験してみたいスカイダイビング

人生で一回は体験してみたいアクティビティ上位に挙がるのがスカイダイビング。タンデムマスターと呼ばれるインストラクターと一緒にパラシュートを背負い、高度数千メートルの上空にあるセスナからジャンプする。数分間のフリーフォールは間違いなく息を呑む体験と言えよう。

Kingfisher Golf Links

3

キングフィッシャー・ゴルフリンクス

海に面した世界でも類を見ないゴルフコース

サイパン島北東部に位置するキングフィッシャー・ゴルフリンクスは、海岸線に沿って設計されたゴルフコースである。海岸線に沿って作られているだけあって、一部のコースは海に間近の位置にあり、ロケーションも抜群となっている。景観の良さは、ゴルフ好きの観光客はもちろん、ゴルフにさして興味のない観光客からの支持も集めている。

Saipan Country Club

4

サイパン・カントリークラブ

サイパンの青空の下、リーズナブルに楽しめるゴルフコース

サイパン島のほぼ中央部に位置するサイパン・カントリークラブは、ガラパンエリア、サンホセ・ススペエリアのどちらからでもアクセス抜群なゴルフコースである。ホール自体は9ホールしかなくやや小ぢんまりとした印象のコースだが、アクセスの良さもあって人気を集めているスポットである。

もっと見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

エンタメ

9件

Pacific Islands Club

1

パシフィック・アイランド・クラブ

人気ウォーターパークで、家族、恋人同士で最高の思い出を

サイパン島の南部にあるパシフィック・アイランド・クラブは、PICサイパンホテルに隣接する大型ウォーターパークであり、サイパンでも随一の人気を誇るスポットとなっている。サイパンの常夏の日差しの中で、家族で、恋人同士で楽しく過ごすにはうってつけの場所だと言えるだろう。

Wave Jungle

2

ウェーブ・ジャングル

雨の日でも十分に楽しめる、大満足の巨大ウォーターパーク

ススペエリアの中心部にほど近いところにあるウェーブ・ジャングルは、サイパンでも著名なホテルのひとつであるワールド・リゾート・サイパンの目玉エンターテインメント施設だ。様々な趣向を凝らしたプールが所狭しと設定されており、子供はもちろん大人でも十分に楽しめるウォーターパークとなっている。

saipan-zoo

3

サイパン動物園

小さな動物園だからこその、リアルな動物たちとの距離感

海を楽しんだり、プールで遊んだりして過ごすサイパンでの休日も素晴らしいものだが、特に家族連れの方ならばぜひとも足を運んでみるべきなのが、このサイパン動物園である。規模はそれほど大きくない動物園ではあるが、ライオン、トラなどの大型の動物たちもおり、さらに固有種であるマリアナオオコウモリなどの珍しい動物も展示されている。

sand castle

4

サンドキャッスル

イリュージョンの本場ラスベガスのショーを南国サイパンでも

サイパン島を代表するビーチのひとつ、マイクロ・ビーチのすぐ近くに、サンドキャッスルが見られる「キャピタル・ホール」がある。このサンドキャッスルとは、エンターテインメントの本場ラスベガスで好評を博しているショーを、サイパンに移入したものとなっている。

もっと見る

ショッピング

5件

1

ABCストア

日用品調達にもお土産購入にも使えるストア

ABCストアは、ハワイ州内で展開するコンビニエンスストアチェーンであるが、ここサイパンにも支店があり、地元住民はもちろん、観光客からも親しまれている場所となっている。

2

ひまわりストア

日本人向けに特化したショップで、食料品や日用品を

ガラパンエリアにある日本人経営のホテル「ひまわりホテル」に併設されているひまわりストアは、宿泊客でも利用することが出来る日本人向けに特化したスーパーマーケットとして、現地を訪れる日本人には欠かせない存在となっている。

no-image

3

パセオデマリアナス通り

no-image

4

クロウズネスツ

もっと見る

グルメ

27件

no-image

1

ヒマワリ

ホテルの一階にある日本人が経営する日本料理屋さん

ホテルの宿泊客の他に地元日本人も来店する。毎晩混み合っているので、できれば予約していきたい。

no-image

2

アグライア

ローカルフードをベースにした創作料理が食べられるレストラン

ローカルフードであるチャモロ料理と、これをベースにした創作料理が食べることのできるレストラン。

no-image

3

ボカボカ・チャモロフードレストラン

ローカル経営のチャモロ料理レストラン

サイパンでは数少ないローカル経営によるチャモロ料理のレストラン。地元の人達で賑わっている。せっかくなので本格的なチャモロ料理にチャレンジしてみてもイイかもしれない。

no-image

4

Capricciosa

もっと見る

サイパンの基本情報


  • 晴れ、曇りなどの天気アイコン

    気候

    サイパンは常夏の都市であり、年間を通じて暖かい。日中はどの時期でも30度近くまで上昇する。いつでも海水浴ができる気候だ。短時間で大量の雨が降るいわゆる「スコール」が起きるときもあるので注意が必要。スコールは、雨具では防ぎきれないので、屋内に避難しよう。

    >>詳細を知る

  • 時計のアイコン

    時差・サマータイム

    サイパンと日本の時差は+1時間。つまり、日本が正午の時はサイパンでは13:00となる。サマータイムはない。

    >>詳細を知る

  • 飛行機のアイコン

    フライト時間

    直行便で3時間30分ほど

  • 通貨記号のアイコン

    通貨

    アメリカの通貨はUSドル(USD)。補助通貨としてセント(¢)が利用されている。

    紙幣は$100、$50、$20、$10、$5、$1の6種類。コインは100¢、50¢、25¢、10¢、5¢、1¢の6種類。$1=100¢。

    >>詳細を知る

  • 税金のアイコン

    税金

    消費税の制度はとっていない

    >>詳細を知る

  • コインのアイコン

    チップ

    ・レストランで合計金額の15-20%。チップがサービス料として含まれている場合は不要
    ・タクシーは料金の10-15%程度
    ・荷物の積み下ろしは、荷物1つにつき$1
    ・ベルマンに対し荷物1個につき$2-3
    ・ベッドメイキングは枕元などに$1

    >>詳細を知る

  • 手錠のアイコン

    治安

    サイパンの治安は外国としては安全な部類。日本人も多く、安心して滞在することができる。殺人などの重大な犯罪はあまり起きないが、スリや置き引きは珍しくない。荷物に注意しよう。

    警察、消防、救急車両は「911」で統一番号

  • 天秤のアイコン

    規則

    ・ビーチで未成年の写真を撮ることは犯罪
    ・喫煙所以外での喫煙は犯罪
    ・21歳未満の飲酒は犯罪
    ・社内に蓋の空いたアルコール類があると犯罪
    ・売買春は犯罪
    ・サンゴの採取、持ち出しは犯罪
    ・未成年の成人を伴わない22:00以降の外出は禁止
    ・子供を一人で放置すると犯罪

  • 祝祭日のアイコン

    祝祭日

    1/1、 1月第3月曜
    2月第3月曜
    3/24-3/25
    5月最終月曜
    7/4
    9月第1月曜
    10月第2月曜
    11/4、11/11、11月第4木曜
    12/8、12/25

  • 「オープン」のアイコン

    営業時間

    ・銀行
    月曜-木曜は10:00-15:00ごろ
    金曜は10:00-18:00
    土曜、日曜、祝日は休業

    ・ショップ
    10:00-22:00ごろ

    ・レストラン
    7:00-10:00、11:00-14:00、17:30-22:00ごろ

  • パスポートのアイコン

    パスポート

    滞在日数まで有効なパスポートが必要。

    滞在が45日以下の場合は、電子渡航認証ESTAの事前申請は必要ない。45日以上90日以内の場合はESTAを要申請。

    >>詳細を知る

  • 電話のアイコン

    電話

    ・サイパンに日本から電話する場合
    国際電話のアメリカの識別番号は1。サイパンのエリアコードは670。001(国際電話識別番号) + 1 + 670 + XXX + XXXX

    ・日本にサイパンから電話する場合
    日本の国番号は81。001(国際電話識別番号) + 81 + XX + XXX + XXXX (市外局番の最初の0を除く)
    ※東京の場合(0081-3-XXXX-XXXX)

    >>詳細を知る

  • 電圧のアイコン

    電圧・プラグ

    アメリカの電圧は110V-120Vで周波数は60Hzとなっており、日本の100Vの電化製品をそのまま使える。

    電源プラグの形状も日本と同様。

    >>詳細を知る

  • 水道水のアイコン

    飲料水

    ロタ島以外の水道水は飲めない。市販のミネラルウォーターを購入すること。

  • アクセス・交通のアイコン

    交通機関

    サイパンには鉄道やバスなどの公共交通機関は発達しておらず、移動はもっぱらタクシーもしくはレンタカーを利用する。主要ホテルとガラパン地区にあるTギャラリアサイパンby DFSを結ぶ無料のシャトルバスが走っており、街中へのアクセスに利用できる。

    >>詳細を知る

  • 見逃せない!サイパンの代表的な観光スポット!

    10位:テニアン・ダイナスティー・ホテル&カジノ

    9位:禁断の島

    8位:アメリカ記念公園

    7位:ウイング・ビーチ

    6位:マイクロ・ビーチ

    5位:ウェーブ・ジャングル

    4位:タポチョ山

    3位:スーサイド・クリフ

    2位:グロット

    1位:マニャガハ島