スポンサーリンク

チャイナタウン周辺×観光

このカテゴリーをバンコク全域で見る

特集

bangkok

【タイ】バンコクのお勧め定番観光スポット10選

初めてバンコクに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

チャイナタウン周辺×観光

11件

Wat Trimit

1

黄金仏寺院

黄金仏で有名 お城のような寺院

ワット・トライミットは、フアランポーン駅から程近い位置にある仏教寺院だ。 白い外壁と金色の尖塔とのコントラストが美しい外観は、まるで西洋の城を想像させる。

gate to chinatown in Yaowarat

2

牌楼(中華門)

チャイナタウンの入口の門

日本では横浜や神戸がそうであるように、チャイナタウンは世界中の都市に存在する。 バンコクにおいてもヤワラートというチャイナタウンが存在するが、やはり横浜や神戸と同じように、その入口には大きな中華様式の門が立てられている。

Democracy Monument

3

民主記念塔

民主化を記念したモニュメント

民主記念塔は、ラチャダムヌンクラン通りとディンソー通りが交差するロータリーに位置するモニュメントだ。 1932年、タイはクーデターによって絶対王政から立憲君主制へと移行したが、その民主化と平和とを祈念して1940年に建てられたのが、この民主記念塔だった。

スポンサーリンク

4

ワット・パトゥムコンカー

貴族の処刑場だった寺院

ワット・パトゥムコンカーは、チャオプラヤー川沿いにある寺院だ。 本堂に入ることはできないが、多くの金色の仏像がガラスケースに入って回廊を取り囲んでいるのが特徴だ。

Wat Mangkon

ワット・マンコーン

チャイナタウンにある中国式寺院

タイの寺院というと派手な金色の建造物だというイメージが強いかもしれない。 しかし、タイだからといってすべてがタイ式の寺院だというわけではない。

Wat Ratchaburana

ワット・ラーチャブラナ

朽ち果てた礼拝堂が人気 アユタヤ王朝時代の廃寺院

ワット・ラーチャブラナは、アユタヤ地区にある廃寺院だ。 アユタヤ王朝時代に建立されたものであり、すっかりと寂れた雰囲気を纏っているため、寺院ファンだけでなく廃墟ファンからも人気が高い。

拷問博物館(矯正博物館)

元刑務所を利用 拷問をフィーチャーした博物館

バンコクというと、死体博物館のように悪趣味な博物館が目立つが、こちらの拷問博物館(矯正博物館)も双璧をなすほどの変わり種博物館だといえるだろう。 チャイナタウンから程近いエリアに存在するこちらは、もともとは刑務所として利用されていた施設だった。

スポンサーリンク

7月22日ロータリー

チャイナタウンにある「世界で一番病んだ公園」

7月22日ロータリーは、バンコクのチャイナタウンに位置する広場だ。 7月22日というのは、タイが第一次世界大戦に参戦の表明をした日のことで、これを記念してこの広場と噴水が造られたという歴史をもっている。 かつては、バックパッカーに有名だった安宿「ジュライホテル」もすぐ近くにあり、この広場も「ジュライロータリー」と通称されていた。

イサラーヌパープ通り

食料品店の並ぶ小さな路地

イサラーヌパープ通りは、チャイナタウンのメインストリートであるヤオワラート通りから一本脇に入った、ごく小さな路地だ。 大人が3人横に並んだらもう一杯になってしまうようなこの通り沿いには、所狭しと食料品店が並んでいて、隠れた人気商店街となっている。

Mit Phan Road

ミットラパン

仏像やプラばかりの露店街

ミットラパンは、チャイナタウンであるヤオワラート通り近くの小さな通りだ。 「ミットパン通り」と呼ばれることもあり、日本語での表記はあまり安定していない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク