黄金仏寺院の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

黄金仏寺院
วัดไตรมิตรวิทยารามวรวิหาร (ワット・トライミット)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Thanon Mittaphap Thai-China, Talat Noi, Samphanthawong, Bangkok

MRT フアランポーン(Hua Lamphong)駅

料金

฿20

営業時間

8:00-17:00

休業日

年中無休

HP

-
-

データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

黄金仏で有名 お城のような寺院

Wat Trimit

ワット・トライミットは、フアランポーン駅から程近い位置にある仏教寺院だ。
白い外壁と金色の尖塔とのコントラストが美しい外観は、まるで西洋の城を想像させる。

しかし、1238年の建立以来、700年以上もこのワット・トライミットは無名の平凡な寺院でしかなかった。
地元の華僑の人々にとっては心の拠り所だったが、それ以外の人がわざわざ遠くから訪れるような場所ではなかった。
やがて参拝者も減り、そして20世紀半ばには、ついに取り壊しまで決定されたほどだった。

ところがそんな取り壊し工事のさなか、壁の奥から黄金の仏像が発見されたのだった。
そのビッグニュースはタイ全土に知れ渡り、一躍全国から参拝者が集う人気スポットとなったのだった。

見どころ

黄金仏をその目で見よう

Wat Trimit

ワット・トライミットの見どころは、なんといっても黄金仏だ。
実はこの仏像は、当初発見されたときには真っ黒な姿をしており、何の変哲もない仏像としか思われていなかった。
しかしそれは、略奪から守るために漆喰を塗ってカムフラージュした姿で、雨に濡れたことによって黄金の姿が顔を出したのだった。

全体の60%が金でできているというこの黄金仏は、現金にするとなんと120億円もの価値があるという。
数百年を仮の姿で生きのびたこのロマン溢れる仏像は、必見だ。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産散策に象乗り体験!バンコク大満喫の鉄板プラン

  • バンコクのお勧めツアー

    世界遺産アユタヤ遺跡+水上マーケット+象乗り体験ツアー

    世界遺産のアユタヤ遺跡を始め、雑貨や食品を販売する小舟が運河を行き交う水上マーケットも見学。象乗りを体験できるオプションもある、タイの魅力を1日にふんだんに詰め込んだ大評判のプランだ。丁寧な日本語ガイド同行もうれしい。
    ➡ 詳細はこちら
  • バンコク旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    黄金仏寺院へのアクセス

    Thanon Mittaphap Thai-China, Talat Noi, Samphanthawong, Bangkok

    MRT フアランポーン(Hua Lamphong)駅

    プラン相談

    どんなバンコク旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内でバンコク旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    バンコクのホテル
    海外での防犯対策グッズ