ワット・マンコーンの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ワット・マンコーン
วัดมังกรกมลาวาส (ワット・マンコーン)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Wat Mangkon Kamalawat, Bangkok

MRTフアランポーン(Hua Lamphong)駅からタクシーで約10分

料金

無料

営業時間

6:00-18:00

休業日

年中無休

HP

-

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

特徴


ヤオワラートにあるワット・マンコーンは、タイ国内で最も古い中国式寺院として知られている。タイの寺院と言うと派手な金色の建造物のイメージが強いかもしれない。しかし、タイにある寺院であっても、チャイナタウンにあるのは当然ながら中国式の寺院である。

見どころ

古風なアパートのような造りは一見するとあまり寺院らしく見えない為、事前に知らないと通り過ぎてしまうかもしれない。しかし、こちらは58体ものご神体が鎮座する由緒正しき寺院であり、敷地内は常に中華系の人で溢れている。

中国式寺院では仏教も道教も神道も一緒になっているのが特徴だ。観音様も大黒様も関羽将軍も祀られている様子は日本人には不思議に見えるかもしれない。とは言えすべてが神聖な仏様なので、分け隔てなく祈りを捧げよう。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産散策に象乗り体験!バンコク大満喫の鉄板プラン

バンコク旅行者の必読記事

アクセス・入場

ワット・マンコーンへのアクセス

MRTフアランポーン(Hua Lamphong)駅からタクシーで約10分。

人気記事

バンコクのホテル
海外での防犯対策グッズ