ワット・ラーチャブラナの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ワット・ラーチャブラナ
วัดราชบูรณะ (ワット・ラーチャブラナ)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

T. Tha Wasukri (Head Corner of Nareisuan and chikun Rd.) Phra Nakhon Si Ayutthaya

鉄道Ayutthaya Railway駅

料金

外国人は฿50
タイ人は฿10

営業時間

8:00~18:00

休業日

無休

HP

-

データガイド
アクセス・入場

データガイド

概要

特徴


ワット・ラーチャブラナは、アユタヤ地区にある廃寺院だ。建物はアユタヤ王朝時代に建立されたもの。寂れた雰囲気が漂い、寺院ファンだけでなく廃墟ファンからも人気が高い。クメール様式の礼拝堂は、長年にわたり風雪に晒されることで、却って神秘的な外観を手にしたと言っても過言でないかもしれない。

歴史

こちらが廃寺となったのは「王が訪れると死ぬ」という伝説があった為。アユタヤ王朝時代には、ついに一人として王が参拝する機会は訪れなかった。「ワット・ラーチャブラナ」と言う名前には「王の修復の寺」との意味があり、ひとつの時代に必ずひとつ建てられる風習があった。したがって同名の寺院はタイ国内に他にも存在している。まだ現役の寺院もあるので混同しないよう注意したい。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産散策に象乗り体験!バンコク大満喫の鉄板プラン

バンコク旅行者の必読記事

アクセス・入場

ワット・ラーチャブラナへのアクセス

鉄道Ayutthaya Railway駅からタクシー等を利用。

人気記事

バンコクのホテル
【バンコクのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
海外での防犯対策グッズ
海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集